acpt.jp logomark
140x140

 第28回 はり師・きゅう師国家試験

医療概論

問題 1国民医療費に含まれないのはどれか。
1. 薬局調剤費
2. 医科診療費
3. 訪問看護療養費
4. 予防接種に要する費用

Back to Top

医療概論

問題 2介護保険制度について正しいのはどれか。
1. 保険者は国である。
2. 1号被保険者は75歳以上の者である。
3. 利用にあたっては要介護認定が行われる。
4. 認定結果は要介護1から要介護7で示される。

Back to Top

医療概論

問題 375歳以上の者における医療制度の根拠となる現行の法律はどれか。
1. 医療法
2. 健康増進法
3. 老人保健法
4. 高齢者の医療の確保に関する法律

Back to Top

衛生学

問題 4作業環境管理に該当するのはどれか。
1. 労働者の適正配置
2. 保護具の点検・手入れ
3. 作業時間の制限
4. 空調設備の管理

Back to Top

衛生学

問題 5母子保健法を根拠とする公費負担医療はどれか。
1. 未熟児療養医療
2. 小児慢性特定疾病対策医療費助成
3. 結核児童に対する療養の給付
4. 育成医療

Back to Top

衛生学

問題 6芽胞を死滅させる消毒・滅菌法はどれか。
1. 高圧蒸気滅菌法
2. 低温殺菌法
3. 日光消毒法
4. 煮沸消毒法

Back to Top

衛生学

問題 7集団を追跡調査して要因と疾病発生の関係を調べる研究法はどれか。
1. 記述疫学
2. 横断研究
3. 症例対照研究
4. コホート研究

Back to Top

衛生学

問題 81986年にヘルスプロモーションを健康づくりの戦略に位置付けたのはどれか。
1. リスボン宣言
2. ジュネーブ宣言
3. アルマ・アタ宣言
4. オタワ憲章

Back to Top

衛生学

問題 9産生する毒素により食中毒を発症する病原体はどれか。
1. 黄色ブドウ球菌
2. 腸炎ビブリオ
3. ノロウイルス
4. A型肝炎ウイルス

Back to Top

衛生学

問題 10特定健康診査・特定保健指導について正しいのはどれか。
1. 健康増進法に基づいて実施される。
2. 実施主体は医療保険者である。
3. 20~64歳が対象となる。
4. 特定健康診査の結果により4つのグループに分ける。

Back to Top

衛生学

問題 11我が国の平均寿命について正しいのはどれか。
1. 死亡時年齢の平均値である。
2. 男女とも世界第1位である。
3. 男女とも80歳を超えている。
4. 近年の延びは40歳未満が寄与している。

Back to Top

関係法規

問題 12あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律(あはき法)で施術者が業務停止処分の対象となるのはどれか。
1. 運転免許の停止処分を受けた場合
2. アルコール依存症で入院した場合
3. 大麻中毒と診断された場合
4. 民事裁判で損害賠償を請求された場合

Back to Top

関係法規

問題 13あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律(あはき法)で衛生上害を生ずるおそれがあると認めるとき、施術者に対し、その業務に関して必要な指示をすることができるのはどれか。
1. 厚生労働大臣
2. 地方厚生局長
3. 都道府県知事
4. 保健所長

Back to Top

関係法規

問題 14あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律(あはき法)で広告できるのはどれか。
1. 認定マッサージ師の有無
2. 施術料金
3. 施術者の出身校
4. 療養費支給申請の可否

Back to Top

関係法規

問題 15あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律(あはき法)で30万円以下の罰金に処せられるのはどれか。
1. 施術所を開設したが必要な届出をしなかった。
2. あん摩マッサージ指圧師国家試験で不正行為をした。
3. 不正な事実に基づいてあん摩マッサージ指圧師免許を取得した。
4. あん摩マッサージ指圧師がはりの施術をした。

Back to Top

解剖学

問題 16細胞小器官とその働きの組合せで正しいのはどれか。
1. 粗面小胞体---加水分解酵素による分解
2. ゴルジ装置---カルシウムイオンの貯蔵
3. ミトコンドリア---エネルギーの産生
4. リソソーム---蛋白質の合成

Back to Top

解剖学

問題 17左右の頭頂骨間の縫合はどれか。
1. 冠状縫合
2. 矢状縫合
3. ラムダ縫合
4. 鱗状縫合

Back to Top

解剖学

問題 18背部の筋で脊髄神経後枝に支配されるのはどれか。
1. 広背筋
2. 僧帽筋
3. 上後鋸筋
4. 頭板状筋

Back to Top

解剖学

問題 19下肢帯の筋で下殿神経に支配されるのはどれか。
1. 大殿筋
2. 中殿筋
3. 梨状筋
4. 内閉鎖筋

Back to Top

解剖学

問題 20胸管について正しいのはどれか。
1. 弁がみられる。
2. 右の静脈角に注ぐ。
3. 食道裂孔を通過する。
4. 第4腰椎の高さで形成される。

Back to Top

解剖学

問題 21頸部の軟骨で声帯靱帯が付着するのはどれか。
1. 気管軟骨
2. 披裂軟骨
3. 輪状軟骨
4. 喉頭蓋軟骨

Back to Top

解剖学

問題 22消化管壁でアウエルバッハ神経叢がみられるのはどれか。
1. 粘膜固有層
2. 粘膜筋板
3. 粘膜下組織
4. 筋層

Back to Top

解剖学

問題 23腎臓内で腎盤(腎盂)と直接つながっているのはどれか。
1. 腎乳頭
2. 腎錐体
3. 腎杯
4. 腎柱

Back to Top

解剖学

問題 24中枢神経でオリーブがあるのはどれか。
1. 中脳
2. 
3. 延髄
4. 小脳

Back to Top

解剖学

問題 25脳神経で運動性の神経線維をもつのはどれか。
1. 嗅神経
2. 視神経
3. 内耳神経
4. 舌咽神経

Back to Top

解剖学

問題 26眼球で前眼房と後眼房を隔てているのはどれか。
1. 水晶体
2. 虹彩
3. 毛様体
4. 硝子体

Back to Top

生理学

問題 27血漿蛋白の働きとして誤っているのはどれか。
1. 血液凝固
2. 細胞への酸素供給
3. 膠質浸透圧の維持
4. 細胞へのアミノ酸供給

Back to Top

生理学

問題 28リンパ系について正しいのはどれか。
1. 毛細リンパ管の透過性は毛細血管より低い。
2. リンパ液には蛋白質が含まれる。
3. 歩行はリンパ液の輸送を抑制する。
4. リンパ節は血液凝固に関与する。

Back to Top

生理学

問題 29膵液について正しいのはどれか。
1. 脂肪分解酵素を含む。
2. ガストリンを含む。
3. ランゲルハンス島から分泌される。
4. 弱酸性である。

Back to Top

生理学

問題 30栄養素のうちエネルギー源にならないのはどれか。
1. アミノ酸
2. グルコース
3. カルシウム
4. グリセロール

Back to Top

生理学

問題 31体温について正しい組合せはどれか。
1. ふるえ---放熱
2. 皮膚血管の収縮---放熱
3. 発汗---産熱
4. カテコールアミ---産熱

Back to Top

生理学

問題 32腎臓について正しいのはどれか。
1. 白血球の新生を促すホルモンを分泌する。
2. 水素イオンの排泄により体液を酸性に傾かせる。
3. 蛋白質を尿中に排泄する。
4. 薬物の代謝物を尿中に排泄する。

Back to Top

生理学

問題 33性周期において排卵後に起こるのはどれか。
1. 基礎体温が低下する。
2. 子宮内膜が脱落する。
3. プロゲステロンの分泌が亢進する。
4. 卵胞が成熟する。

Back to Top

生理学

問題 34大脳で運動性言語中枢がある部位はどれか。
1. 前頭葉
2. 頭頂葉
3. 側頭葉
4. 後頭葉

Back to Top

生理学

問題 35脊髄反射について正しいのはどれか。
1. 伸張反射は多シナプス反射である。
2. 屈曲反射は痛み刺激により起こる。
3. 皮膚反射は単シナプス反射である。
4. 拮抗抑制は相反性のIb抑制である。

Back to Top

生理学

問題 36発痛増強物質として正しいのはどれか。
1. セロトニン
2. ヒスタミン
3. ロイコトリエン
4. ブラジキニン

Back to Top

生理学

問題 37細胞外液のpH調節に重要な器官はどれか。
1. 心臓
2. 肝臓
3. 
4. 甲状腺

Back to Top

病理学

問題 38潜函病の病因として適切なのはどれか。
1. 酸素
2. 窒素
3. 一酸化炭素
4. 二酸化炭素

Back to Top

病理学

問題 39出血性梗塞を最も起こしやすいのはどれか。
1. 
2. 心臓
3. 腎臓
4. 脾臓

Back to Top

病理学

問題 40心臓死の判定項目でないのはどれか。
1. 瞳孔反射の消失
2. 脈拍の停止
3. 呼吸運動の途絶
4. 体温の低下

Back to Top

病理学

問題 41再生能力が最も高いのはどれか。
1. 神経細胞
2. 内皮細胞
3. 平滑筋細胞
4. 横紋筋細胞

Back to Top

病理学

問題 42異物型巨細胞に変化する細胞はどれか。
1. 組織球
2. 好中球
3. T細胞
4. B細胞

Back to Top

病理学

問題 43炎症の5大徴候でないのはどれか。
1. 発熱
2. 出血
3. 腫脹
4. 疼痛

Back to Top

病理学

問題 44放射線被曝が関与する悪性腫瘍はどれか。
1. 成人T細胞白血病
2. 甲状腺癌
3. 肝細胞癌
4. 子宮頸癌

Back to Top

臨床医学総論

問題 45クローヌスについて正しいのはどれか。
1. 強い痛みを伴う。
2. 錐体外路徴候の一種である。
3. 不規則な筋収縮である。
4. 著明な腱反射亢進でみられる。

Back to Top

臨床医学総論

問題 46小脳失調の特徴でないのはどれか。
1. 測定障害
2. 企図振戦
3. 洗面現象
4. 筋緊張低下

Back to Top

臨床医学総論

問題 47次の文で示す症例で最も適切な疾患はどれか。「7歳の男児。外傷などの誘因はなく、右大腿から膝関節の痛みを訴えて来院した。」
1. ペルテス病
2. 発育性股関節形成不全
3. 先天性内反足
4. モートン病

Back to Top

臨床医学総論

問題 48慢性腎不全の血液検査所見で上昇するのはどれか。
1. コレステロール
2. クレアチニン
3. γ-GTP
4. CRP

Back to Top

臨床医学総論

問題 49血管雑音を聴取するのはどれか。
1. 高血圧
2. 狭心症
3. 心筋梗塞
4. 腹部大動脈瘤

Back to Top

臨床医学総論

問題 50右季肋部痛をきたすのはどれか。
1. 急性膵炎
2. 心筋梗塞
3. 急性虫垂炎
4. 総胆管結石

Back to Top

臨床医学総論

問題 51膝前十字靱帯損傷の検査法はどれか。
1. トーマステスト
2. パトリックテスト
3. マクマレーテスト
4. ラックマンテスト

Back to Top

臨床医学総論

問題 52体温について正しいのはどれか。
1. 夜間は日中より高い。
2. 月経前は月経後より低い。
3. 腋窩温は直腸温より低い。
4. 甲状腺機能低下症で上昇する。

Back to Top

臨床医学総論

問題 53浮腫が最もみられやすいのはどれか。
1. 慢性肝炎
2. ネフローゼ症候群
3. 気管支喘息
4. 関節リウマチ

Back to Top

臨床医学総論

問題 54高熱が持続し、日内変動が1℃以内なのはどれか。
1. 間欠熱
2. 弛張熱
3. 稽留熱
4. 周期熱

Back to Top

臨床医学各論

問題 55ベル麻痺に伴うのはどれか。
1. 複視
2. 味覚障害
3. 鼻閉
4. 舌痛

Back to Top

臨床医学各論

問題 56重症筋無力症について正しいのはどれか。
1. 呼吸筋は障害されない。
2. 症状は運動を反復すると悪化する。
3. 四肢では遠位筋優位に筋力が低下する。
4. 筋力低下は午前中に強く午後には軽快する。

Back to Top

臨床医学各論

問題 57骨粗鬆症患者に好発する骨折部位はどれか。
1. 上腕骨骨幹部
2. 橈骨頸部
3. 大腿骨転子部
4. 踵骨体部

Back to Top

臨床医学各論

問題 58上肢の骨折で偽関節になりやすい部位はどれか。
1. 鎖骨骨幹部
2. 上腕骨近位部
3. 橈骨遠位部
4. 舟状骨体部

Back to Top

臨床医学各論

問題 59腰部脊柱管狭窄症の治療で最も適切なのはどれか。
1. 膀胱直腸障害は観血的治療の適応である。
2. 片側性の下肢痛は保存的治療では改善しにくい。
3. 会陰部の異常感覚は保存的治療で改善しやすい。
4. 手術は脊椎固定術を要することが多い。

Back to Top

臨床医学各論

問題 60尿管結石の疼痛部位で誤っているのはどれか。
1. 背部
2. 心窩部
3. 腰部
4. 鼠径部

Back to Top

臨床医学各論

問題 61更年期障害の症状でないのはどれか。
1. 頭痛
2. 動悸
3. 咳嗽
4. ホットフラッシュ

Back to Top

臨床医学各論

問題 62肘部管症候群を疑う所見はどれか。
1. フローマン徴候陽性
2. ファレンテスト陽性
3. 母指球筋の萎縮
4. 下垂手

Back to Top

臨床医学各論

問題 63過活動膀胱で最もみられるのはどれか。
1. 夜間頻尿
2. 蛋白尿
3. 血尿
4. 排尿後の下腹部痛

Back to Top

臨床医学各論

問題 64気管支喘息について正しいのはどれか。
1. 死亡率は若年者で高い。
2. 日中に症状が出やすい。
3. 成人では完治しない。
4. 吸気時に喘鳴を聴取する。

Back to Top

臨床医学各論

問題 65白内障について正しいのはどれか。
1. 眼圧の上昇に伴う変化である。
2. 水晶体の混濁である。
3. 網膜神経線維の圧迫萎縮である。
4. 後天性失明の原因で最も多い。

Back to Top

臨床医学各論

問題 66メニエール病の症状でないのはどれか。
1. 耳痛
2. めまい
3. 耳鳴り
4. 難聴

Back to Top

臨床医学各論

問題 67狭心症について正しいのはどれか。
1. 安静時には発症しない。
2. 心筋梗塞には移行しない。
3. 喫煙は危険因子である。
4. ニトログリセリンは無効である。

Back to Top

臨床医学各論

問題 68主に皮下結合組織に起こる急性化膿性炎症はどれか。
1. アトピー性皮膚炎
2. 脂漏性皮膚炎
3. じんま疹
4. 蜂窩織炎

Back to Top

臨床医学各論

問題 69細菌感染症はどれか。
1. 帯状庖疹
2. 百日咳
3. ポリオ
4. 日本脳炎

Back to Top

総合問題(基礎科目)

問題 70「63歳の女性。30年前に関節リウマチと診断された。両手の示指、中指にPIP関節屈曲、DIP関節過伸展の変形を認める。」この手指変形はどれか。
1. Z変形
2. ボタン穴変形
3. 槌指変形
4. 尺側偏位

Back to Top

総合問題(基礎科目)

問題 71「63歳の女性。30年前に関節リウマチと診断された。両手の示指、中指にPIP関節屈曲、DIP関節過伸展の変形を認める。」本症例で、食事の際にスプーンが使いにくいと訴えた場合、最も適切な対応はどれか。
1. スプーンの柄を太くする。
2. 手指の筋力強化訓練を行う。
3. 手関節の固定装具を作製する。
4. 手指の関節可動域訓練を行う。

Back to Top

総合問題(基礎科目)

問題 72「58歳の男性。1か月前に転倒し、右肩を打撲して以来、夜間痛がある。左手で支えれば右肩は側方挙上できるが、支えなければ90度以上の挙上が困難である。」本症例でみられるのはどれか。
1. アリス徴候
2. ガワーズ徴候
3. ティネル徴候
4. インピンジメント徴候

Back to Top

総合問題(基礎科目)

問題 73「58歳の男性。1か月前に転倒し、右肩を打撲して以来、夜間痛がある。左手で支えれば右肩は側方挙上できるが、支えなければ90度以上の挙上が困難である。」本症例で損傷の可能性が高いのはどれか。
1. 棘上筋
2. 大円筋
3. 上腕二頭筋
4. 肩甲下筋

Back to Top

総合問題(基礎科目)

問題 74「12歳の女児。頭痛、発熱と発疹が出現したが3日ほどで消失した。口腔内に発疹はなかった。その後、頸部のリンパ節腫大が続くため来院した。」最も考えられる疾患はどれか。
1. 麻疹
2. 風疹
3. じんま疹
4. 手足口病

Back to Top

総合問題(基礎科目)

問題 75「12歳の女児。頭痛、発熱と発疹が出現したが3日ほどで消失した。口腔内に発疹はなかった。その後、頸部のリンパ節腫大が続くため来院した。」この患者が最も接触してはならないのはどれか。
1. 高齢者
2. 糖尿病患者
3. 妊娠初期の妊婦
4. 同じ疾患の既感染者

Back to Top

臨床医学各論

問題 76感染症について正しいのはどれか。
1. 猩紅熱はウイルス感染症である。
2. 結核は垂直感染する。
3. 破傷風では筋のけいれんが起こる。
4. エイズはワクチンにより予防可能である。

Back to Top

臨床医学各論

問題 77逆流性食道炎の症状はどれか。
1. 下腹部痛
2. 胸焼け
3. 便秘
4. 発熱

Back to Top

臨床医学各論

問題 78肝性脳症でみられるのはどれか。
1. 静止時振戦
2. 企図振戦
3. 動作時振戦
4. 羽ばたき振戦

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 79ノーマライゼーションの考え方として正しいのはどれか。
1. 障害者施設を増やす。
2. 障害者同士の交流を深める。
3. 障害者の機能回復を促進する。
4. 障害者と健常者が地域で共に生活する。

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 80回復期リハビリテーション病棟で医療チームの構成メンバーとなるのはどれか。
1. 柔道整復師
2. 義肢装具士
3. ジョブコーチ
4. ケアマネジャー

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 81運動性失語症の特徴で正しいのはどれか。
1. 劣位半球損傷で生じることが多い。
2. 障害言語野はウェルニッケ中枢である。
3. 頭に浮かんだ言葉が発語できない。
4. 正確な評価にはMMSEを用いる。

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 82温熱療法の分類で深部熱に属するのはどれか。
1. 渦流浴
2. 極超短波
3. ホットパック
4. パラフィン浴

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 83下肢の運動と筋の組合せで正しいのはどれか。
1. 股関節の伸展---半膜様筋
2. 股関節の内旋---外閉鎖筋
3. 膝関節の伸展---縫工筋
4. 母趾の背屈---長趾伸筋

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 84脳卒中に伴う運動障害で正しいのはどれか。
1. 小脳の障害では運動失調を伴う。
2. 痙性は上肢では伸筋群に出現しやすい。
3. 重度の錐体路障害では発症時に痙性麻痺となる。
4. 片麻痺の回復で最終段階では共同運動パターンとなる。

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 85脳卒中の維持期リハビリテーションについて正しいのはどれか。
1. 歩行能力の改善は期待できない。
2. 医療保険でのリハビリテーションが主体となる。
3. 通所リハビリテーションでは機能訓練を行わない。
4. 就労年齢では復職に向けたリハビリテーションを行う。

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 86脊髄損傷完全麻痺の損傷レベルとリハビリテーションで到達するADLとの組合せで正しいのはどれか。
1. 第3頸髄---人工呼吸器の使用
2. 第6頸髄---BFOによる食事動作
3. 第8胸髄---電動車椅子による移動
4. 第4腰髄---長下肢装具による歩行

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 87下肢切断で断端管理の目的として謝っているのはどれか。
1. 浮腫予防
2. 筋力強化
3. 断端成熟促進
4. 拘縮予防

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 88脳性麻痺に生じる拘縮のない内反尖足に対する治療で最も適切なのはどれか。
1. 抗てんかん薬投与
2. ボツリヌス療法
3. ハムストリングス腱延長術
4. 足関節固定術

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 89コッドマン体操で正しいのはどれか。
1. 直立位で行う。
2. おもりは5kgが適切である。
3. おもりを持ち上げる運動を行う。
4. 関節可動域を拡大する。

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 90脊髄小脳変性症の失調症状に対するリハビリテーションで正しいのはどれか。
1. 発症早期から車椅子操作訓練を行う。
2. 上肢に重錘を巻くと歩行が安定する。
3. 立位姿勢でのバランス訓練が有効である。
4. メトロノームを用いた歩行訓練が有効である。

Back to Top

東洋医学概論

問題 91人と自然が相応しているとする考えはどれか。
1. 陰陽論
2. 五行論
3. 心身一如
4. 天人合一説

Back to Top

東洋医学概論

問題 92五行色体における五主と五官の組合せで正しいのはどれか。
1. 肌肉---鼻
2. 皮毛---口
3. 筋---舌
4. 骨---耳

Back to Top

東洋医学概論

問題 93血の生理作用はどれか。
1. 臓腑を温める。
2. 外邪の侵入を防ぐ。
3. 組織を栄養する。
4. 体温を一定に維持する。

Back to Top

東洋医学概論

問題 94肺の生理作用はどれか。
1. 宣散
2. 運化
3. 統血
4. 疏泄

Back to Top

東洋医学概論

問題 95腎虚でみられる腹証はどれか。
1. 心下痞鞕
2. 胸脇苦満
3. 小腹不仁
4. 少腹急結

Back to Top

東洋医学概論

問題 96腐熟を主る臓腑と表裏関係にある臓腑の生理作用はどれか。
1. 全身の気機を調節する。
2. 水穀の精微を心に送る。
3. 津液を全身に散布する。
4. 精が漏れ出ることを防ぐ。

Back to Top

東洋医学概論

問題 97心が剋する臓の生理作用はどれか。
1. 発育を主る。
2. 神明を主る。
3. 治節を主る。
4. 統血を主る。

Back to Top

東洋医学概論

問題 98六淫とその特徴の組合せで正しいのはどれか。
1. 暑邪---症状が変化しやすい
2. 風邪---陽気を損傷しやすい
3. 寒邪---津液を損傷しやすい
4. 湿邪---気機を停滞しやすい

Back to Top

東洋医学概論

問題 99第3胸椎に付着する臓と表裏関係にある腑の生理作用はどれか。
1. 胆汁の貯蔵
2. 清濁の分別
3. 水穀の受納
4. 糟粕の伝化

Back to Top

東洋医学概論

問題 100陰虚証の症状はどれか。
1. 自汗
2. 潮熱
3. 下痢
4. 顔面蒼白

Back to Top

東洋医学概論

問題 101納気の失調で最も起こりやすい症状はどれか。
1. 噯気
2. 太息
3. 吃逆
4. 喘息

Back to Top

経絡経穴概論

問題 102十二経脈の連絡で正しいのはどれか。
1. 足の少陰経から手の厥陰経
2. 足の陽明経から手の太陰経
3. 足の太陽経から手の太陽経
4. 足の少陽経から手の少陽経

Back to Top

経絡経穴概論

問題 103足の陽明経の流注で正しいのはどれか。
1. 内眼角に起こる。
2. 胸部では前正中線の外方4寸を下る。
3. 腹部では前正中線の外方6寸を下る。
4. 腓骨の前縁に沿って下る。

Back to Top

経絡経穴概論

問題 104骨度で最も長いのはどれか。
1. 両額角髪際間
2. 胸骨体下端から臍中央
3. 両乳頭間
4. 中指尖から手関節横紋

Back to Top

経絡経穴概論

問題 105前正中線の外方6寸にある募穴はどれか。
1. 中府
2. 天枢
3. 日月
4. 期門

Back to Top

経絡経穴概論

問題 106五要穴で慢性症状に用いるのはどれか。
1. 飛揚
2. 地機
3. 小海
4. 孔最

Back to Top

経絡経穴概論

問題 107腎の募穴が所属する経脈はどれか。
1. 任脈
2. 足の少陰経
3. 足の少陽経
4. 足の厥陰経

Back to Top

経絡経穴概論

問題 108手関節横紋から経穴までの距離で正しいのはどれか。
1. 通里まで2寸
2. 支正まで4寸
3. 郄門まで5寸
4. 外関まで3寸

Back to Top

経絡経穴概論

問題 109陰陵泉の後方1寸にあるのはどれか。
1. 陰谷
2. 膝関
3. 地機
4. 犢鼻

Back to Top

経絡経穴概論

問題 110肩甲骨上角の上方陥凹部にある経穴はどれか。
1. 天髎
2. 天宗
3. 臑兪
4. 肩外兪

Back to Top

経絡経穴概論

問題 111取穴法で正しいのはどれか。
1. 温溜は偏歴の上3寸に取る。
2. 承筋は飛揚の上3寸に取る。
3. 孔最は太淵の上7寸に取る。
4. 陰谷は太渓の上14寸に取る。

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 112代謝が悪く、汗や尿が出にくい患者に対して補う気の生理作用はどれか。
1. 固摂作用
2. 温煦作用
3. 防御作用
4. 気化作用

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 113次の文で示す患者の経脈病証に対して原穴に施術する際に正しいのはどれか。「52歳の女性。2か月前から難聴とともに耳鳴りを感じるようになった。右の目尻から頬にかけての痛みもあり、汗をよくかくようになった。」
1. 腕骨
2. 陽池
3. 丘墟
4. 太渓

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 114次の文で示す患者の病証に対して圧迫法を行う経穴で最も適切なのはどれか。「23歳の女性。食事の時に涎が出にくい。雨降り前になると気分がすぐれず、食欲がない。上下肢に内出血ができやすい。」
1. 内関
2. 内庭
3. 陰谷
4. 陰陵泉

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 115腹痛の病因と痛み所見の組合せで正しいのはどれか。
1. 食滞---排便すると軽くなる
2. 血瘀---冷やすと緩和する
3. 陽虚---脇腹まで広がる
4. 気滞---圧迫すると軽減する

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 116次の文で示す患者の病証で最も適切な治療方針はどれか。「28歳の女性。3か月前から頭痛がある。保育士をしているが、保護者とのトラブルなどストレスが絶えない。めまいや顔が熱くなるなどの随伴症状があり、口が苦くなる。舌質紅、脈弦。」
1. 風邪を除く。
2. 陽気の上昇を抑える。
3. 痰飲を除く。
4. 瘀血をとる。

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 117次の文で示す患者の病証で治療対象となる臓腑として最も適切なのはどれか。「75歳の男性。主訴は安静時の手のふるえ。歩行時に第一歩が出にくい。頭痛や耳鳴り、便秘もみられる。舌質紅、脈弦数。」
1. 
2. 
3. 
4. 

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 118次の文で示す患者の病証の治療方針として適切でないのはどれか。「71歳の男性。1か月前に窓を開けたまま寝てしまい、寒さで目が覚めたところ、右の眉と口角が下がっていた。脳のMRI検査で異常はなかった。」
1. 風を追い出す。
2. 寒を散じる。
3. 痰飲を除く。
4. 気血の滞りを除く。

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 119次の文で示す患者の病証の治療方針として最も適切なのはどれか。「67歳の男性。最近、血圧が高くなってきた。普段から頭がぼんやりして、不眠で熟睡感がない。痰が多く、口が粘る。便は泥状。舌質紅、胖大舌、脈は濡数。」
1. 湿熱を除く。
2. 肝鬱を抑える。
3. 心火を下げる。
4. 虚熱を除く。

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 120関節リウマチの診療においてSOAP形式で記録する場合、Oに該当するのはどれか。
1. パラフィン浴
2. スワンネック変形
3. 手指のこわばり感
4. 機能障害分類クラスⅢ

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 121痛みの評価法で、患者が想像できる最大の痛みを10とし、0から10の11段階で現在の痛みの程度を評価する方法はどれか。
1. カテゴリカルスケール
2. フェイススケール
3. ニューメリカルレイテイングスケール(NRS)
4. ビジュアルアナログスケール(VAS)

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 122目の疲労に対する頭板状筋への局所施術として最も適切な経穴はどれか。
1. 頭維
2. 風池
3. 肩井
4. 肩外兪

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 123虫垂炎を疑う患者に対して、マックバーネー点の圧痛を診るときに指標となる部位はどれか。
1. 関元穴の右外方約2寸
2. 右肓兪穴の下方約5分
3. 右天枢穴の内方約2寸
4. 右大横穴の下方約1寸5分

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 124徒手検査法の陽性所見と罹患部への施術部位との組合せで適切なのはどれか。
1. チェアテスト---円回内筋部
2. モーレイテスト---肩甲挙筋部
3. アイヒホッフテスト---長母指外転筋部
4. スピードテスト---上腕三頭筋部

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 125次の文で示す患者の罹患筋として最も適切なのはどれか。「52歳の女性・主訴は右肩痛。最近、エプロンの腰ひもを背中で結ぼうとすると右肩が痛む。リフトオフテスト時に主訴が再現する。」
1. 肩甲下筋
2. 棘上筋
3. 小円筋
4. 上腕筋

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 126変形性膝関節症で膝蓋大腿関節の疼痛とざらつきを診る徒手検査法として最も適切なのはどれか。
1. グラスピングテスト
2. マクマレーテスト
3. 膝蓋跳動
4. 膝蓋骨圧迫テスト

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 127次の文で示す症例について、身体診察でみられる可能性が最も高いのはどれか。「65歳の男性。3年ほど前から手のふるえが出現し、徐々に進行している。また動作が緩慢となり、すくみ足もみられ、顔の表情も乏しくなっている。便秘もある。」
1. 歯車現象
2. 足底部の知覚鈍麻
3. バビンスキー反射陽性
4. アキレス腱反射亢進

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 128脳血管障害で顔面神経麻痺となった患者の罹患筋に施術する場合、対象となる筋として最も適切なのはどれか。
1. 前頭筋
2. 側頭筋
3. 頬筋
4. 咬筋

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 129尺骨神経麻痺で施術の対象となる麻痺筋はどれか。
1. 母指内転筋
2. 腕橈骨筋
3. 長掌筋
4. 上腕筋

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 130次の文で示す症例に対する徒手検査で陽性となる可能性が最も高いのはどれか。「55歳の女性。長期にわたり人工透析を受けている。早朝に手掌の橈側にしびれが生じ、最近では母指球筋の萎縮もみられる。」
1. フローマン徴候
2. ファレンテスト
3. 肘関節屈曲テスト
4. トムゼンテスト

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 131次の文で示す症例に対して最も考えられるのはどれか。「80歳の女性。200mの歩行で左下腿に痛みやしびれが生じ歩けなくなる。手押し車での歩行では症状は出ない。左膝蓋腱反射は減弱、両下肢動脈拍動の触知は良好である。」
1. 腰椎椎間板ヘルニア
2. 閉塞性動脈硬化症
3. 椎間関節性腰痛
4. 腰部脊柱管狭窄症

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 132次の文で示す患者に対して筋力の回復を図るのに最も適切なのはどれか。「70歳の女性。最近、歩行時に平坦な場所でもつま先が引っかかるようになった。室内でスリッパを履いていると脱げそうになり、階段を降りる時には怖くなる。」
1. 大腿四頭筋
2. 大腿二頭筋
3. 下腿三頭筋
4. 前脛骨筋

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 133次の文で示す症例について、罹患筋への局所施術として最も適切な経穴はどれか。「14歳の男子。野球の投手。オーバースローの投球動作でリリース期に肩の後方に痛みがある。」
1. 天宗
2. 臂臑
3. 臑会
4. 顴髎

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 134スポーツ障害と局所施術の対象となる筋との組合せで正しいのはどれか。
1. オスグッド病---大腿筋膜張筋
2. 鵞足炎---長内転筋
3. フォアハンドテニス肘---長橈側手根伸筋
4. シンスプリント---後脛骨筋

Back to Top

総合問題(専門科目)

問題 135次の文で示す症例について問いに答えよ。「41歳の男性。2か月前から大腿及び下腿後面、足底にかけて痛みが出現した。MRI検査で椎間板へルニアと診断されている。SLRテスト陽性。」身体診察で患側にみられる可能性が最も高いのはどれか。
1. アキレス腱反射亢進
2. ケンプ徴候陽性
3. 足関節底屈力の減弱
4. 足背部母趾側の触覚鈍麻

Back to Top

総合問題(専門科目)

問題 136次の文で示す症例について問いに答えよ。「41歳の男性。2か月前から大腿及び下腿後面、足底にかけて痛みが出現した。MRI検査で椎間板へルニアと診断されている。SLRテスト陽性。」本症例で経脈流注を考慮した施術を行う場合、最も適切なのはどれか。
1. 足の厥陰経
2. 足の太陰経
3. 足の陽明経
4. 足の太陽経

Back to Top

総合問題(専門科目)

問題 137次の文で示す症例について問いに答えよ。「65歳の男性。主訴は肥満。過食によって徐々に体重が増加し、リンゴ型の肥満症と診断された。肥満以外の症状はない。身長170cm、体重85kg。」本症例について正しいのはどれか。
1. BMI24
2. 褐色脂肪細胞の増加
3. ウエストとヒップの比は0.8
4. 内臓脂肪の蓄積

Back to Top

総合問題(専門科目)

問題 138次の文で示す症例について問いに答えよ。「65歳の男性。主訴は肥満。過食によって徐々に体重が増加し、リンゴ型の肥満症と診断された。肥満以外の症状はない。身長170cm、体重85kg。」本症例の肥満に対する日常の指導として最も適切なのはどれか。
1. 座浴で発汗を促す入浴
2. 糖質を制限した食事
3. 食事回数を減らす
4. 階段昇降による運動

Back to Top

総合問題(専門科目)

問題 139次の文で示す症例について、問いに答えよ。「71歳の女性。主訴は慢性の便秘。最近は硬い便で4日に1回となった。便意がなく、食欲も減退し口が渇く。腹力もない。病院では機能性便秘と言われた。」本症例の発生要因を明らかにするために必要な情報はどれか。
1. 食事時間
2. 入浴状況
3. 水分摂取量
4. 残便感の状態

Back to Top

総合問題(専門科目)

問題 140次の文で示す症例について、問いに答えよ。「71歳の女性。主訴は慢性の便秘。最近は硬い便で4日に1回となった。便意がなく、食欲も減退し口が渇く。腹力もない。病院では機能性便秘と言われた。」本症例にみられる病証で最も適切なのはどれか。
1. 実熱証
2. 実寒証
3. 虚寒証
4. 虚熱証

Back to Top

按摩・マッサージ・指圧理論

問題 141あん摩施術で正しいのはどれか。
1. 滑剤を用いる。
2. 求心性に行う。
3. 皮膚に直接行う。
4. 運動法が含まれる。

Back to Top

按摩・マッサージ・指圧理論

問題 142マッサージの軽擦法で主に関節横紋上に沿って行うのはどれか。
1. 母指軽擦
2. 環状軽擦
3. 指顆軽擦
4. 四指軽擦

Back to Top

按摩・マッサージ・指圧理論

問題 143高齢女性への施術で最も注意が必要なのはどれか。
1. 殿部への手根揉揑
2. 大腿部への把握揉揑
3. 肩上部への宿気打
4. 背部への手掌圧迫

Back to Top

按摩・マッサージ・指圧理論

問題 144関節モビライゼーションの目的はどれか。
1. 関節包内運動の改善
2. 筋膜の伸張性の改善
3. 関節周囲筋の強化
4. 滑液の分泌抑制

Back to Top

按摩・マッサージ・指圧理論

問題 145徒手検査所見が陽性の病態で手技療法が最も適応となるのはどれか。
1. ドロップアームテスト
2. トーマステスト
3. ラックマンテスト
4. トンプソンテスト

Back to Top

按摩・マッサージ・指圧理論

問題 146Ib抑制を利用し、最も効果的に筋を弛緩させる刺激部位はどれか。
1. 筋腱移行部
2. 最大筋腹部
3. 関節裂隙部
4. 拮抗筋起始部

Back to Top

按摩・マッサージ・指圧理論

問題 147体性-自律神経反射を利用して月経痛の治療を行う場合、施術を行うデルマトームで最も適切なのはどれか。
1. Th5-Th9
2. Th10-L1
3. L3-L5
4. S2-S4

Back to Top

按摩・マッサージ・指圧理論

問題 148足関節捻挫による腫脹を下腿部への施術により改善させる作用はどれか。
1. 鎮静作用
2. 反射作用
3. 誘導作用
4. 転調作用

Back to Top

按摩・マッサージ・指圧理論

問題 149軽擦法によるオキシトシン放出で重要な部位はどれか。
1. 視床下部
2. 松果体
3. 甲状腺
4. 副腎皮質

Back to Top

按摩・マッサージ・指圧理論

問題 150生体に加えられた種々の刺激が、下垂体-副腎皮質系を賦活することを指摘しているのはどれか。
1. 圧自律神経反射
2. ストレス学説
3. ホメオスタシス
4. ゲートコントロール説

Back to Top

医療概論

問題 1要介護者に対して、住居、通所、短期間宿泊により、入浴、排泄、食事等の介護、その他の日常生活上の世話や機能訓練を行うのはどれか。
1. 小規模多機能型居宅介護
2. 認知症対応型共同生活介護
3. 定期巡回・随時対応型訪問介護看護
4. 地域密着型通所介護

Back to Top

医療概論

問題 2加入者と医療保険の組合せで正しいのはどれか。
1. 自営業者---共済組合
2. 国家公務員---協会けんぽ
3. 私立学校教員---健康保険組合
4. 無職者---国民健康保険

Back to Top

医療概論

問題 3ヒトを対象とした医学研究の理論について定めたのはどれか。
1. アルマ・アタ宣言
2. 患者の権利宣言
3. ジュネーブ宣言
4. ヘルシンキ宣言

Back to Top

衛生学

問題 4疾病の三次予防はどれか。
1. 健康教育
2. 予防接種
3. 健康診査
4. リハビリテーション

Back to Top

衛生学

問題 5精神保健について誤っているのはどれか。
1. 長期に社会的入院をしている患者に退院促進支援事業を行う。
2. 地域医療計画に精神疾患が加えられた。
3. ハローワークで就労支援を行う。
4. 精神保健福祉センターは各市町村に置かれる。

Back to Top

衛生学

問題 6白内障の原因になりにくいのはどれか。
1. 紫外線
2. 可視光線
3. 赤外線
4. マイクロ波

Back to Top

衛生学

問題 7高齢者の医療の確保に関する法律に基づいて実施されるのはどれか。
1. がん健診
2. 肝炎ウイルス検診
3. 特定健康診査
4. 骨粗鬆症検診

Back to Top

衛生学

問題 8日本人の食生活について過剰摂取となっている栄養素はどれか。
1. 食物繊維
2. カルシウム
3. 亜鉛
4. ナトリウム

Back to Top

衛生学

問題 91994年の国際人口開発会議(カイロ会議)で提唱された性と生殖に関する概念はどれか。
1. リプロダクティブ・ヘルス/ライツ
2. プライマリ・ヘルス・ケア
3. ヘルスプロモーション
4. ファミリー・プランニング

Back to Top

衛生学

問題 10感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)に定められた感染症で致命率が最も高いのはどれか。
1. エボラ出血熱
2. 中東呼吸器症候群(MERS)
3. 腸管出血性大腸菌感染症
4. デング熱

Back to Top

衛生学

問題 11曝露群が非曝露群に比べて何倍疾病に罹りやすいかを示す疫学指標はどれか。
1. 相対危険
2. 寄与危険
3. 寄与危険割合
4. 集団寄与危険

Back to Top

関係法規

問題 12施術所の名称を考えるときに遵守しなければならない法律はどれか。
1. 医師法
2. 医療法
3. 保健師助産師看護師法
4. 理学療法士及び作業療法士法

Back to Top

関係法規

問題 13あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律(あはき法)ではり師、きゅう師免許を受けようとするとき、申請書に添える必要がないのはどれか。
1. 麻薬、大麻もしくはあへんの中毒者であるかないかに関する医師の診断書
2. 戸籍の謄本または抄本
3. はり師、きゅう師の学校または養成施設の卒業(修了)証明書
4. はり師国家試験、きゅう師国家試験合格証書の写し

Back to Top

関係法規

問題 14あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律(あはき法)で施術者もしくは施術所の開設者から必要な報告を提出させることができるのはどれか。
1. 市町村長
2. 都道府県知事
3. 地方厚生局長
4. 厚生労働大臣

Back to Top

関係法規

問題 15あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律(あはき法)であらかじめ届出なければならないのはどれか。
1. 専ら出張による業務を始めるとき
2. 休止していた施術所を再開するとき
3. 届出区域外に滞在して業務を行おうとするとき
4. 施術所を廃止しようとするとき

Back to Top

解剖学

問題 16発生について正しいのはどれか。
1. 精子と卵子は腟内で受精する。
2. 着床は桑実胚の段階で起こる。
3. 真皮は中胚葉から分化する。
4. 胎盤では母体と胎児の血液が混ざり合う。

Back to Top

解剖学

問題 17椎骨で黄色靱帯が付着するのはどれか。
1. 椎体
2. 椎弓
3. 横突起
4. 棘突起

Back to Top

解剖学

問題 18背部の筋で正しいのはどれか。
1. 菱形筋は肩甲骨を上内方に引く。
2. 板状筋は脊柱起立筋の一つである。
3. 後頭下筋群は大後頭神経に支配される。
4. 横突棘筋で長さが最も短いのは多裂筋である。

Back to Top

解剖学

問題 19内腸骨動脈の枝はどれか。
1. 上直腸動脈
2. 上殿動脈
3. 内側大腿回旋動脈
4. 卵巣動脈

Back to Top

解剖学

問題 20胎児循環で酸素を最も多く含む血液が流れているのはどれか。
1. 臍静脈
2. 下大静脈
3. 上行大動脈
4. 臍動脈

Back to Top

解剖学

問題 21舌の分界溝前に一列に並ぶのはどれか。
1. 糸状乳頭
2. 茸状乳頭
3. 有郭乳頭
4. 葉状乳頭

Back to Top

解剖学

問題 22精巣で男性ホルモンを分泌するのはどれか。
1. 精祖細胞
2. 精母細胞
3. セルトリ細胞
4. ライディッヒ細胞(間細胞)

Back to Top

解剖学

問題 23下垂体について正しいのはどれか。
1. 前葉の働きは視床下部の支配を受ける。
2. 後葉は乳腺刺激ホルモンを分泌する。
3. 神経性下垂体では下垂体門脈系が形成される。
4. 腺性下垂体は胎生期に神経管から独立してできる。

Back to Top

解剖学

問題 24成人の脊髄円錐の高さはどれか。
1. 第11胸椎
2. 第2腰椎
3. 第4腰椎
4. 仙骨

Back to Top

解剖学

問題 25脛骨神経について正しいのはどれか。
1. 腰神経叢の枝である。
2. 梨状筋上孔を通る。
3. 大腿二頭筋短頭を支配する。
4. 膝窩中央を通る。

Back to Top

解剖学

問題 26内耳の前庭でみられるのはどれか。
1. ラセン器
2. 蝸牛管
3. 平衡斑
4. 膨大部稜

Back to Top

生理学

問題 27二酸化炭素運搬に関わる主要な血液成分はどれか。
1. アルブミン
2. ヘモグロビン
3. 重炭酸イオン
4. 

Back to Top

生理学

問題 28心周期で心室内圧が動脈圧より高い時期はどれか。
1. 等容性収縮期
2. 駆出期
3. 等容性弛緩期
4. 充満期

Back to Top

生理学

問題 29呼吸運動を促進するのはどれか。
1. 体温の低下
2. 血中水素イオン濃度の減少
3. 血中酸素分圧の増加
4. 大動脈小体の興奮

Back to Top

生理学

問題 30嚥下について正しいのはどれか。
1. 嚥下中枢は脊髄にある。
2. 口腔相では舌を使って食塊を喉頭に送る。
3. 咽頭相では咽頭から鼻腔への出口は閉鎖される。
4. 食道相では随意運動によって食塊が輸送される。

Back to Top

生理学

問題 31蛋白質について正しいのはどれか。
1. 細胞膜には含まれない。
2. β酸化により代謝される。
3. 4種類のアミノ酸からなる。
4. 細胞の主要な構成成分である。

Back to Top

生理学

問題 32体温について正しいのはどれか。
1. 口腔温は直腸温より高い。
2. 体幹の皮膚温は四肢の皮膚温より低い。
3. 摂食により体温は上昇する。
4. 基礎代謝亢進により体温は低下する。

Back to Top

生理学

問題 33腎糸球体でろ過されるのはどれか。
1. グルコース
2. アルブミン
3. 赤血球
4. 白血球

Back to Top

生理学

問題 34遠心路が自律神経の反射はどれか。
1. 膝蓋腱反射
2. 腹壁反射
3. 対光反射
4. へーリング・ブロイエル反射

Back to Top

生理学

問題 35熟練した運動の学習に重要なのはどれか。
1. 小脳
2. 視床
3. 一次運動野
4. 補足運動野

Back to Top

生理学

問題 36心肺部圧受容器が関わる臓器感覚はどれか。
1. 渇き
2. 空腹
3. 尿意
4. 便意

Back to Top

生理学

問題 37免疫系の細胞について正しいのはどれか。
1. ヘルパーT細胞は異物を貧食する。
2. キラーT細胞はB細胞の分裂を助ける。
3. B細胞は形質細胞に分化する。
4. NK細胞はヒスタミンを分泌する。

Back to Top

病理学

問題 38感染症はどれか。
1. 白内障
2. 心筋梗塞
3. ラムゼイハント症候群
4. 痛風

Back to Top

病理学

問題 39慢性肺うっ血の原因はどれか。
1. 左心不全
2. 肝硬変
3. 消化管出血
4. 広範な熱傷

Back to Top

病理学

問題 40創傷の治癒過程で最も遅い時期にみられるのはどれか。
1. 水腫
2. 好中球浸潤
3. 毛細血管の増生
4. 膠原線維の増生

Back to Top

病理学

問題 41化膿性炎症の起炎菌として最も適切なのはどれか。
1. 結核菌
2. ブドウ球菌
3. ジフテリア菌
4. コレラ菌

Back to Top

病理学

問題 42抗体を産生する細胞はどれか。
1. 形質細胞
2. 樹状細胞
3. T細胞
4. マクロファージ

Back to Top

病理学

問題 43自己免疫疾患と自己抗体の組合せで正しいのはどれか。
1. 全身性エリテマトーデス---抗核抗体
2. 橋本病---抗基底膜抗体
3. 糸球体腎炎---抗マイクロゾーム抗体
4. 関節リウマチ---抗ミトコンドリア抗体

Back to Top

病理学

問題 44腺癌の発生頻度が最も高いのはどれか。
1. 皮膚
2. 
3. 子宮頸部
4. 膵臓

Back to Top

臨床医学総論

問題 45脳血管障害により片側顔面と反対側半身の温痛覚障害をきたす部位はどれか。
1. 大脳
2. 小脳
3. 
4. 延髄

Back to Top

臨床医学総論

問題 46改訂長谷川式簡易知能評価スケールの質問で、アルツハイマー病では病初期から答えられないのはどれか。
1. お歳はいくつですか。
2. 100から7を順番に引いてください。
3. これから言う3つの言葉を言ってみてください。
4. 先ほど覚えてもらった言葉をもう一度、言ってみてください。

Back to Top

臨床医学総論

問題 47排尿障害の検査で初めに行うのはどれか。
1. 神経伝導検査
2. 膀胱内視鏡検査
3. 腹部超音波検査
4. 腹部エックス線検査

Back to Top

臨床医学総論

問題 48右股関節に屈曲拘縮がある患者の歩行時の特徴で正しいのはどれか。
1. 左の歩幅の減少
2. 右立脚相後期の腰椎前弯減少
3. はさみ脚歩行
4. 左トレンデレンブルグ徴候

Back to Top

臨床医学総論

問題 49疾患と視診所見の組み合わせで誤っているのはどれか。
1. アジソン病---恥毛脱落
2. バセドウ病---眉弓部突出
3. クッシング病---水牛様脂質沈着
4. 甲状腺機能低下症---眉毛外側1/3脱落

Back to Top

臨床医学総論

問題 50咳嗽について正しいのはどれか。
1. 誤嚥では生じない。
2. 生体防御反応の一つである。
3. 心不全では生じない。
4. 長期間持続するときは鎮咳薬で経過をみる。

Back to Top

臨床医学総論

問題 51頸椎を後側屈して頭部を圧迫する理学検査はどれか。
1. アドソンテスト
2. スパーリングテスト
3. ペインフルアークサイン
4. ヤーガソンテスト

Back to Top

臨床医学総論

問題 52脈拍について正しいのはどれか。
1. 貧血では頻脈を呈する。
2. 頭蓋内圧亢進時は頻脈を呈する。
3. 甲状腺機能亢進症では徐脈を呈する。
4. うっ血性心不全では徐脈を呈する。

Back to Top

臨床医学総論

問題 53腹部触診について正しいのはどれか。
1. 聴診より先に行う。
2. 最初は柔らかく触れる。
3. 疼痛部位を最初に触れる。
4. 体位変換は必要ない。

Back to Top

臨床医学総論

問題 54ショックの分類と原因の組合せで正しいのはどれか。
1. 血液量減少性ショック---熱傷
2. 心原性ショック---緊張性気胸
3. 血液分布異常性ショック---心筋梗塞
4. 閉塞性ショック---消化管出血

Back to Top

臨床医学各論

問題 55次の文で示す症例の確定診断のために最も重要な検査はどれか。「25歳の男性。10日前に上気道炎に罹患、3日前から両下肢の粗大筋力が低下、後に両上肢へと進展した。」
1. 頸椎MRI検査
2. 末梢神経伝導速度検査
3. 血中CK値測定
4. 遺伝子検査

Back to Top

臨床医学各論

問題 56次の文で示す症例に対する歩行介助で最も適切なのはどれか。「58歳の男性。2年前から右手の振戦が出現、後に動作が緩慢になってきた。急に狭くなる場所では足が前に出ない。」
1. 静かに見守る。
2. 積極的に会話する。
3. 速いテンポの音楽を流す。
4. メトロノームでリズムをとる。

Back to Top

臨床医学各論

問題 57白血病についてウイルスが原因で日本の西南地方に多いのはどれか。
1. 成人T細胞白血病
2. 慢性骨髄性白血病
3. 急性骨髄性白血病
4. 急性リンパ性白血病

Back to Top

臨床医学各論

問題 58大腿骨頭すべり症で陽性になるのはどれか。
1. アイヒホッフテスト
2. ピボットシフトテスト
3. ドレーマン徴候
4. ピアノキー徴候

Back to Top

臨床医学各論

問題 59頸椎椎間板ヘルニアについて正しいのはどれか。
1. 神経根症では上肢に腱反射の亢進を認める。
2. 神経根症では腹壁反射の消失を認める。
3. 脊髄症では下肢に腱反射の減弱を認める。
4. 脊髄症では下肢に病的反射を認める。

Back to Top

臨床医学各論

問題 60尿路結石の再発予防に有用なのはどれか。
1. 水分摂取
2. 尿酸排泄促進薬内服
3. 柑橘類摂取
4. ホウレンソウ摂取

Back to Top

臨床医学各論

問題 61血液疾患と症状の組合せで正しいのはどれか。
1. 鉄欠乏性貧血---末梢神経障害
2. 悪性リンパ腫---舌炎臨床医学各論
3. 急性白血病---出血傾向
4. 再生不良性貧血---リンパ節腫脹

Back to Top

臨床医学各論

問題 62高血圧と耐糖能異常のいずれも認めないのはどれか。
1. 褐色細胞腫
2. アジソン病
3. クッシング症候群
4. 原発性アルドステロン症

Back to Top

臨床医学各論

問題 63自己免疫機序が関与しないのはどれか。
1. 悪性貧血
2. 溶血性貧血
3. 鉄欠乏性貧血
4. 再生不良性貧血

Back to Top

臨床医学各論

問題 64次の文で示す症例の病態で正しいのはどれか。「85歳の女性。左大腿骨頸部骨折の手術を受けた翌日の夜に、ちぐはぐな言動が出現した。」
1. せん妄
2. 認知症
3. うつ病
4. 不安神経症

Back to Top

臨床医学各論

問題 65続発性脂質異常症の診断に有用でないのはどれか。
1. 肥満度
2. 血尿の有無
3. HbA1c
4. 甲状腺ホルモン値

Back to Top

臨床医学各論

問題 66呼吸器感染症について正しいのはどれか。
1. 非結核性抗酸菌は人から人へ感染する。
2. 感冒の原因は主に細菌感染である。
3. 肺結核の治療は抗菌薬の単剤治療である。
4. 肺炎治療で菌の耐性化が問題となっている。

Back to Top

臨床医学各論

問題 67COPDについて正しいのはどれか。
1. 女性に多い。
2. 拘束性換気障害を呈する。
3. 安静時の呼吸困難が特徴である。
4. 増悪予防にはインフルエンザワクチン接種は有効である。

Back to Top

臨床医学各論

問題 68帯状庖疹について正しいのはどれか。
1. 抗ウィルス薬が有効である。
2. 発疹は両下肢に好発する。
3. コプリック斑が出現する。
4. 小児期に発症する。

Back to Top

臨床医学各論

問題 69潜伏期間が最も長いのはどれか。
1. 流行性下腺炎
2. エイズ
3. ジフテリア
4. 破傷風

Back to Top

臨床医学各論

問題 70潰瘍性大腸炎の特徴で正しいのはどれか。
1. 大腸壁の全層に炎症を起こす。
2. 痔瘻合併の頻度が高い。
3. 直腸から口側へと病変が連続する。
4. 回盲部に好発する。

Back to Top

臨床医学各論

問題 71ウイルス性肝炎と感染経路の組合せで正しいのはどれか。
1. A型---血液への暴露
2. B型---性行為
3. C型---獣肉摂取
4. E型---生鮮魚介類摂取

Back to Top

臨床医学各論

問題 72食道癌について正しいのはどれか。
1. 腺癌が多い。
2. 若年者に多い。
3. 女性に多い。
4. アルコールは危険因子である。

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 73脳卒中の急性期リハビリテーションについて正しいのはどれか。
1. 神経症状の増悪がある場合には動作を伴う訓練は行わない。
2. 起立性低血圧に対する配慮は必要ない。
3. 歩行訓練で長下肢装具を用いることはない。
4. ベッド上でのポジショニングは必要ない。

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 74徒手筋力テストで正しいのはどれか。
1. MMT1では筋収縮が全くみとめられない。
2. MMT2では筋収縮はみられるが関節運動は起こらない。
3. MMT3では抵抗を加えなければ重力に抗して正常可動域いっぱいに動く。
4. MMT4は筋力正常である。

Back to Top

総合問題(基礎科目)

問題 75次の文で示す症例について、問いに答えよ。「35歳の女性看護師。皮膚の黄染、全身倦怠感にて受診。針刺しの既往がある。肝炎ウイルスマーカーでは、HCV抗体陽性、HCV-RNA陽性で、他は陰性であった。」本疾患について正しいのはどれか。
1. 生ガキの摂取で起こる。
2. 慢性化の頻度が高い。
3. 劇症肝炎へ進展しやすい。
4. ワクチン予防が可能である。

Back to Top

総合問題(基礎科目)

問題 76次の文で示す症例について、問いに答えよ。「35歳の女性看護師。皮膚の黄染、全身倦怠感にて受診。針刺しの既往がある。肝炎ウイルスマーカーでは、HCV抗体陽性、HCV-RNA陽性で、他は陰性であった。」本疾患に合併する悪性腫瘍で上昇する腫瘍マーカーはどれか。
1. CA125
2. SCC
3. CEA
4. AFP

Back to Top

総合問題(基礎科目)

問題 77次の文で示す症例について、問いに答えよ。「83歳の女性、昨夜から左膝痛と38℃の発熱が出現した。左膝関節に熱感、腫脹および膝蓋跳動を認める。関節液の偏光顕微鏡観察で異常を認めた。」最も可能性の高い疾患はどれか。
1. 化膿性関節炎
2. 関節リウマチ
3. 偽痛風
4. 変形性膝関節症

Back to Top

総合問題(基礎科目)

問題 78次の文で示す症例について、問いに答えよ。「83歳の女性、昨夜から左膝痛と38℃の発熱が出現した。左膝関節に熱感、腫脹および膝蓋跳動を認める。関節液の偏光顕微鏡観察で異常を認めた。」本症例に特徴的な単純エックス線所見はどれか。
1. 骨棘形成
2. 関節裂隙狭小化
3. 骨びらん
4. 半月板石灰化

Back to Top

総合問題(基礎科目)

問題 79次の文で示す症例について、問いに答えよ。「60歳の男性。高血圧にて内服加療中。2日前から38℃の発熱、昨日から嘔吐と頭部全体の痛みがある。意識レベルはJCSで1-1、血圧は178/90mmHgである。」最も考えられる疾患はどれか。
1. 高血圧性脳症
2. 髄膜炎
3. 群発頭痛
4. 小脳出血

Back to Top

総合問題(基礎科目)

問題 80次の文で示す症例について、問いに答えよ。「60歳の男性。高血圧にて内服加療中。2日前から38℃の発熱、昨日から嘔吐と頭部全体の痛みがある。意識レベルはJCSで1-1、血圧は178/90mmHgである。」本症例で確認すべき所見はどれか。
1. ケルニッヒ徴候
2. ホルネル徴候
3. バレー徴候
4. ロンベルグ徴候

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 81回復期リハビリテーション病棟で作業療法としてよく行われるのはどれか。
1. 歩行訓練
2. 巧緻動作訓練
3. 嚥下訓練
4. 立ち上がり動作訓練

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 82正常歩行のサイクルで正しいのはどれか。
1. 立脚中期に全足接地をする。
2. 二重支持期は40%である。
3. 立脚相で膝関節は1回屈曲する。
4. 遊脚相が立脚相より時間が長い。

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 83脳卒中片麻痺患者の動作について正しいのはどれか。
1. 衣服を着るときは健側から行う。
2. ベッドでの起き上がりは患側を下にする。
3. 歩行時には杖を健側で持つ。
4. 階段は患側から上がる。

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 84脊髄損傷の損傷レベルとkeymuscle(主たる残存筋)の組み合わせで正しいのはどれか。
1. C5---上腕三頭筋
2. C8---深指屈筋
3. L3---腸腰筋
4. L4---下腿三頭筋

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 85前腕義手のうち能動義手の特徴はどれか。
1. 装飾が主な目的である。
2. ケーブルでフックを開閉する。
3. モーターで動作をコントロールする。
4. 四辺形ソケットを用いる。

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 86脳性麻痺について正しいのはどれか。
1. 早期診断は容易である。
2. 診断が確定してから介入する。
3. 運動発達は自然に任せる。
4. 家族への保育指導を行う。

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 87呼吸理学療法と目的の組合せで正しいのはどれか。
1. 腹式呼吸訓練---一回換気量増大
2. 胸郭モビライゼーション---虚脱した気道の拡張
3. 体位ドレナージ---吸気機能強化
4. 口すぼめ呼吸---咳嗽機能強化

Back to Top

リハビリテーション医学

問題 88大腿骨頸部骨折について正しいのはどれか。
1. 交通事故による受傷が最も多い。
2. 寝たきりの原因となることが多い。
3. 安静期間をおいて手術を行うことが推奨される。
4. 術後8週以降で荷重訓練を開始することが多い。

Back to Top

東洋医学概論

問題 89次の文で示す患者の病因で最も適切なのはどれか。「34歳の男性。1週間前に上司から販売業績が悪いことを責められた。やる気がでない。声に力がなく、食欲もない。」
1. 飲食不節
2. 労倦
3. 湿邪
4. 

Back to Top

東洋医学概論

問題 90五行色体における五脈と五病の組合せで正しいのはどれか。
1. 弦---呑
2. 代---咳
3. 毛---語
4. 石---欠

Back to Top

東洋医学概論

問題 91脈中を行き、血をめぐらすのはどれか。
1. 原気
2. 宗気
3. 営気
4. 衛気

Back to Top

東洋医学概論

問題 92六腑に属する奇恒の腑が、剋する腑の生理作用はどれか。
1. 貯尿を主る。
2. 受納を主る。
3. 決断を主る。
4. 昇清を主る。

Back to Top

東洋医学概論

問題 93五臓と生理作用の組合せで正しいのはどれか。
1. 肝---封蔵
2. 心---蔵血
3. 腎---治節
4. 脾---昇清

Back to Top

東洋医学概論

問題 94急にめまい、けいれんを起こすのはどれか。
1. 内風
2. 内寒
3. 内湿
4. 内燥

Back to Top

東洋医学概論

問題 95五労で正しいのはどれか。
1. 久しく視ると血を傷る。
2. 久しく歩くと肉を傷る。
3. 久しく坐ると気を傷る。
4. 久しく立つと筋を傷る。

Back to Top

東洋医学概論

問題 96次の文で示す患者の病証で最もみられる汗の状態はどれか。「36歳の男性。主訴は咳嗽。水様の鼻汁を伴い、息切れ、倦怠感も訴える。脈は弱。」
1. 自汗
2. 盗汗
3. 大汗
4. 絶汗

Back to Top

東洋医学概論

問題 97経脈病証で「顔がくすみ、皮膚がかさかさして艶がない。口が苦く、よくため息をつく。痛みで寝返りが打てない。」のはどれか。
1. 手の太陰経病証
2. 手の太陽経病証
3. 足の少陽経病証
4. 足の厥陰経病証

Back to Top

東洋医学概論

問題 98虚証で最もみられるのはどれか。
1. 脱肛
2. 拒按
3. 滑脈
4. 口苦

Back to Top

東洋医学概論

問題 99次の文で示す患者の病証で最もみられる舌所見はどれか。「54歳の女性。主訴は肩こり。2週間前に感冒にかかり咳が強く出た。現在も透明な鼻汁が出て痰が多い。」
1. 膩苔
2. 燥苔
3. 黄苔
4. 剥落苔

Back to Top

東洋医学概論

問題 100難経六十九難の治療法則で原穴を選穴するのはどれか。
1. 肝虚証
2. 脾虚証
3. 肺虚証
4. 腎虚証

Back to Top

東洋医学概論

問題 101痹証と十二刺の組合せで正しいのはどれか。
1. 筋痹一恢刺
2. 心痹一陰刺
3. 寒痹一輸刺
4. 骨痹一直鍼刺

Back to Top

経絡経穴概論

問題 102経脈の流注で横隔膜を貫かないのはどれか。
1. 手の太陰経
2. 手の陽明経
3. 足の少陰経
4. 足の太陽経

Back to Top

経絡経穴概論

問題 103骨度で最も長いのはどれか。
1. 委中から承山
2. 曲泉から中都
3. 陰谷から復溜
4. 陰陵泉から三陰交

Back to Top

経絡経穴概論

問題 104八会穴の気会と同じ高さにある経穴はどれか。
1. 梁門
2. 大包
3. 食賓
4. 神封

Back to Top

経絡経穴概論

問題 105三叉神経第2枝の領域にある経穴はどれか。
1. 素髎
2. 兌端
3. 承漿
4. 下関

Back to Top

経絡経穴概論

問題 106長母指外転筋腱と短母指伸筋腱の間に取るのはどれか。
1. 温溜
2. 外関
3. 郄門
4. 列欠

Back to Top

経絡経穴概論

問題 107胸背部の打診法で清音が聴取される部位に位置する経穴はとれか。
1. 膻中
2. 屋翳
3. 中府
4. 章門

Back to Top

経絡経穴概論

問題 108経穴とその部位にある筋の支配神経の組合せで正しいのはどれか。
1. 孔最---尺骨神経
2. 支正---正中神経
3. 三陰交---脛骨神経
4. 陽陵泉---深腓骨神経

Back to Top

経絡経穴概論

問題 109取穴法で正しいのはどれか。
1. 聴会は耳珠の前上方で頬骨弓の後端に取る。
2. 聴宮は耳珠と下顎骨との間にある陥凹部で、下顎骨関節突起の後縁に取る。
3. 耳門は珠間切痕の直前陥凹中で、口を開くと深くくぼむところに取る。
4. 翳風は後頭骨の下方で、胸鎖乳突筋と僧帽筋の間の陥凹中に取る。

Back to Top

経絡経穴概論

問題 110深刺すると椎骨動脈を損傷するリスクが最も高い経穴はどれか。
1. 風府
2. 風池
3. 秉風
4. 翳風

Back to Top

経絡経穴概論

問題 111五要穴で急牲症状に用いる経穴の部位はどれか。
1. 前脛骨筋の外縁、外果尖の上方8寸
2. 内果尖の下方1寸の陥凹部
3. 腓骨の前方、外果尖の上方7寸
4. 側胸部、第6肋間、中腋窩線上

Back to Top

経絡経穴概論

問題 112陽蹻脈の郄穴の部位はどれか。
1. 下腿外側、腓骨の前方、外果尖の上方7寸
2. 下腿内側、脛骨内縁の後際、陰陵泉の下方3寸
3. 下腿前内側、脛骨内側面の中央、内果尖の上方7寸
4. 下腿後外側、腓骨とアキレス腱の間、崑崙の上方3寸

Back to Top

経絡経穴概論

問題 113奇穴で顔面神経麻痺が主治でないのはどれか。
1. 太陽
2. 夾承漿
3. 牽正
4. 翳明

Back to Top

経絡経穴概論

問題 114トリガーポイントの特徴でないのはどれか。
1. 発汗量の低下
2. 関連痛の出現
3. 痛覚閾値の低下
4. 索状硬結の触知

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 115「治未病」について誤っているのはどれか。
1. 病気になる前の予防に重点を置く。
2. 治療すべきタイミングに配慮する。
3. 病の兆しを見つけたら早期に治療を開始することに重点を置く。
4. 五臓の病があれば、その母にあたる臓の治療に重点を置く。

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 116着痹に対して補瀉を考えて刺鍼する場合の適切な手法はどれか。
1. 抜鍼後に鍼孔を閉じる。
2. 浅く入れ、後に深くする。
3. 吸気時に刺入し、呼気時に抜く。
4. 経絡の流注方向に沿って刺入する。

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 117頑固な腰痛に対する治療で、腰部に鍼を2本使用して行うのはどれか。
1. 偶刺
2. 斉刺
3. 揚刺
4. 傍鍼刺

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 118次の文で示す症例の治療方針として調整すべき経絡で最も適切なのはどれか。「33歳の女性。主訴は全身の痛み。3年前から全身の疼痛に悩まされ、最近になって線維筋痛症と診断された。食欲がなく、雨天時には特に調子が悪く、起き上がることもできない。」
1. 陰維脈
2. 陰蹻脈
3. 脾の大絡
4. 胃の大絡

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 119次の文で示す患者の病証に対する治療で最も適切な経脈はどれか。「38歳の女性。もともと喘息の持病があったが、最近、反抗期の息子に怒ってばかりでイライラし、症状が頻発し、咳も出るようになった。口が苦く咳をすると胸脇部が痛む。舌質紅、舌は薄黄苔、脈は弦数。」
1. 手の太陰経と足の厥陰経
2. 手の太陰経と足の太陰経
3. 手の少陰経と足の厥陰経
4. 手の少陰経と足の太陰経

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 120次の文で示す患者の病証として最も適切なのはどれか。「42歳の女性。主訴は頻尿と排尿時痛。尿は途切れがちで黄色く混濁している。会陰部の違和感や残尿感もみられる。舌質紅、脈は滑数。」
1. 脾腎両虚
2. 肝腎陰虚
3. 膀胱湿熱
4. 大腸湿熱

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 121次の文で示す症例に対して灸治療を行う場合に最も適切な経穴はどれか。「60歳の女性。主訴は陰部掻痒感。4日前に深酒をした。昨日より右膝内側から大腿部内側のひきつれ感がある。脈は左関上の浮数滑。」
1. 脛骨内縁の後際、内果尖の上方3寸
2. 前脛骨筋の外縁、外果尖の上方8寸
3. 腓骨の前方、外果尖の上方5寸
4. 脛骨内側面の中央、内果尖の上方5寸

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 122次の文で示す症例の治療穴として太衝とともに用いる原穴はどれか。「49歳の女性。半年ほど前から、めまい、顔のほてりが起こりやすく、汗が出やすい。腰や膝がだるく、力が入らない。閉経している。舌質紅、脈細数。」
1. 太白
2. 太渓
3. 大陵
4. 太淵

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 123次の文で示す症例で経脈を考慮した治療穴として最も適切なのはどれか。「19歳の男性。2か月前に左足関節の内がえし捻挫を起こし、今も痛みが取れない。イライラしやすく、左肩上部のつっぱり感がある。」
1. 第1・第2足指間、みずかきの近位、赤白肉際
2. 第2・第3足指間、みずかきの後縁、赤白肉際
3. 第5中足指節関節外側の遠位陥凹部、赤白肉際
4. 第4・第5足指間、みずかきの近位、赤白肉際

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 124腰部脊柱管狭窄症に対する診療においてSOAP形式で記録する場合、Aに該当するのはどれか。
1. 間欠跛行距離300m
2. 腰下肢への低周波鍼通電療法
3. ケンプ徴候陽性
4. 神経根型

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 125筋肉痛に対する局所施術として、罹患筋と治療穴の組合せで正しいのはどれか。
1. 三角筋---消濼
2. 上腕三頭筋---臂臑
3. 薄筋---膝関
4. 後脛骨筋---築賓

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 126次の文で示す患者の患側の徒手検査所見で、みられる可能性が最も高いのはどれか。「60歳の男性。2か月前から右頸肩上肢に痛みがある。近医にて頸椎症によるC6神経根障害と言われた。」
1. モーレイテスト陽性
2. 腕橈骨筋反射減弱
3. ホフマン反射陽性
4. 中指の触覚鈍麻

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 127次の文で示す症状に対して罹患神経近傍へ施術する場合、最も適切な経穴はどれか。「手の骨間筋の萎縮がみられ、フローマン徴候陽性である。」
1. 尺沢
2. 手五里
3. 小海
4. 内関

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 128罹患筋支配の神経近傍への刺鍼を行う場合、症状と治療穴の組み合わせで最も適切なのはどれか。
1. 閉眼困難---完骨
2. 足関節外がえし困難---陽陵泉
3. 手関節背屈困難---曲沢
4. 近位指節間関節屈曲困難---手五里

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 129罹患筋への治療穴として天泉を用いる疾患で、陽性となる可能性が最も高い理学検査はどれか。
1. スピードテスト
2. ペインフルアークサイン
3. フローマン徴候
4. ティアドロップ徴候

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 130次の文で示す症例について、陽性となる可能性が最も高い理学検査はどれか。「45歳の男性。2か月前から左腰下肢に痛みを感じる。前かがみで痛みが増強する。左足底部の知覚鈍麻、アキレス腱反射は減弱。間欠破行はみられない。」
1. FNSテスト
2. ボンネットテスト
3. ゲンスレンテスト
4. アリス徴候

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 131咬筋の過緊張による顎関節症に対する局所治療穴として最も適切なのはどれか。
1. 頬車
2. 上関
3. 地倉
4. 顴髎

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 132高齢者に対する評価法とその目的との組合せで正しいのはどれか。
1. バーセルインデックス---認知症の評価
2. 改訂PGCモラールスケール---歩行機能の評価
3. MMSE---ADLの評価
4. ハミルトン評価尺度---抑うつ状態の評価

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 133徒手検査法の陽性所見と罹患筋への治療穴との組合せで適切なのはどれか。
1. トンプソンテスト---豊隆
2. トムゼンテスト---支正
3. 足関節内反ストレステスト---照海
4. グラスピングテスト---膝陽関

Back to Top

東洋医学臨床論

問題 134次の文で示す患者の罹患筋に対する治療穴として最も適切なのはどれか。「20歳の男性。ラグビーで反復性の肩関節脱臼を起こしている。先日、脱臼して整復されたが、肩の外側にしびれと筋の脱力感による挙上制限がみられた。」
1. 巨骨
2. 秉風
3. 臂臑
4. 天宗

Back to Top

総合問題(専門科目)

問題 135次の文で示す症例について、問いに答えよ。「71歳の男性。100mの歩行で左下腿後面に絞扼痛が出現、休息で軽快。仰臥位で両下肢を挙上させ30秒足趾を屈伸させると患側足底部が白くなる。SLRテスト陰性。」身体診察で患側下肢にみられる所見はどれか。
1. ケンプ徴候陽性
2. 足底部の触覚鈍麻
3. アキレス腱反射減弱
4. 足背動脈拍動減弱

Back to Top

総合問題(専門科目)

問題 136次の文で示す症例について、問いに答えよ。「71歳の男性。100mの歩行で左下腿後面に絞扼痛が出現、休息で軽快。仰臥位で両下肢を挙上させ30秒足趾を屈伸させると患側足底部が白くなる。SLRテスト陰性。」本症例で、症状のある筋の支配神経近傍に刺鍼し、低周波鍼通電療法を行う場合、最も適切な経穴はどれか。
1. 陰廉
2. 委中
3. 足三里
4. 陽陵泉

Back to Top

総合問題(専門科目)

問題 137次の文で示す症例について、問いに答えよ。「26歳の男性。主訴は腹痛と下痢。IT企業でストレスの多い仕事に従事している。1日数回排便する。器質的な病変はない。」下痢の病態で最も適切なのはどれか。
1. 消化管からの分泌亢進
2. 消化管運動の亢進
3. 消化管知覚閾値の上昇
4. 消化管支配の交感神経機能亢進

Back to Top

総合問題(専門科目)

問題 138次の文で示す症例について、問いに答えよ。「26歳の男性。主訴は腹痛と下痢。IT企業でストレスの多い仕事に従事している。1日数回排便する。器質的な病変はない。」本症例の病証として最も適切なのはどれか。
1. 脾気虚
2. 脾腎陽虚
3. 肝脾不和
4. 腎気虚

Back to Top

総合問題(専門科目)

問題 139次の文で示す症例について、問いに答えよ。「18歳の男性。主訴は頭痛。7日前に薄着で体が冷え、その日の夜から悪寒、発熱頭痛を自覚し、風邪薬を飲んでも完治しない。咳と痰はなく、汗をかきやすい。舌は薄白苔、脈は浮緩。」病証として最も適切なのはどれか。
1. 肺陰虚証
2. 手の太陰経脈病証
3. 手の少陰経脈病証
4. 風寒表虚証

Back to Top

総合問題(専門科目)

問題 140次の文で示す症例について、問いに答えよ。「18歳の男性。主訴は頭痛。7日前に薄着で体が冷え、その日の夜から悪寒、発熱頭痛を自覚し、風邪薬を飲んでも完治しない。咳と痰はなく、汗をかきやすい。舌は薄白苔、脈は浮緩。」本症例に対する治療として適切なのはどれか。
1. 背部兪穴を瀉して去風する。
2. 肺経の要穴を使って陰液を補う。
3. 膀胱経の要穴を使って経脈を疏通する。
4. 肺経の要穴を補して表を閉じる。

Back to Top

鍼理論

問題 141毫鍼について誤っているのはどれか。
1. 5番鍼の鍼体径は0.26mmである。
2. 2寸の鍼体長は60mmである。
3. 鍼尖の形状の一つに卵型がある。
4. 鍼体長は鍼尖から鍼根までをいう。

Back to Top

鍼理論

問題 142現行17手技で鍼を一方向に回すのはどれか。
1. 細指術
2. 回旋術
3. 間歇術
4. 旋撚術

Back to Top

鍼理論

問題 143深刺により化膿性関節炎のリスクがある経穴はどれか。
1. 膏肓
2. 欠盆
3. 顴髎
4. 天宗

Back to Top

鍼理論

問題 144患者の体動により抜鍼困難が生じた場合の対応として適切でないのはどれか。
1. 返し鍼を行う。
2. 副刺激術を行う。
3. 患者をリラックスさせる。
4. 筋緊張が緩解するまで待つ。

Back to Top

鍼理論

問題 145毫鍼の製造工程で滅菌に用いるのはどれか。
1. グルコン酸クロルヘキシジン
2. 塩化ベンザルコニウム
3. 酸化エチレンガス
4. ポビドンヨード

Back to Top

鍼理論

問題 146内臓痛について誤っているのはどれか。
1. Aβ線維により伝達される。
2. 痛みの局在が不明瞭である。
3. 脊髄後角の広作動域ニューロンに接続する。
4. 関連痛の出現に関与する。

Back to Top

鍼理論

問題 147痛覚の中枢内伝導路で情動行動、自律神経機能や痛みの制御の調節に関与すると考えられているのはどれか。
1. 後索路
2. 脊髄網様体路
3. 前脊髄視床路
4. 新脊髄視床路

Back to Top

鍼理論

問題 148刺鍼時のフレア形成に関与するのはどれか。
1. 脊髄後角でのガンマアミノ酪酸(GABA)放出
2. 交感神経節後線維の興奮
3. 軸索反射によるCGRP放出
4. 視床腹側基底核群の興奮

Back to Top

鍼理論

問題 149鍼鎮痛の発現に関与する部位はどれか。
1. 脊髄前角
2. 歯状核
3. 中脳水道周囲灰白質
4. 赤核

Back to Top

鍼理論

問題 150鍼の末梢性鎮痛効果に最も関与するのはどれか。
1. アドレナリン受容体
2. ムスカリン受容体
3. ヒスタミン受容体
4. アデノシンA1受容体

Back to Top

灸理論

問題 151良質艾の精製工程で最も時間をかけて不純物を取り除くのはどれか。
1. 裁断機
2. 石臼
3. けんどん(長唐箕)
4. 唐箕

Back to Top

灸理論

問題 152透熱灸を避けるべき経穴はどれか。
1. 神堂
2. 顴髎
3. 風市
4. 臑会

Back to Top

灸理論

問題 153灸あたりについて誤っているのはどれか。
1. 瞑眩の一種である。
2. 水庖の破壊により起こる。
3. めまいは症状の一つである。
4. 灸療法を再開したときは総刺激量を少なくする。

Back to Top

灸理論

問題 154糖尿病患者に対する灸施術で灸痕化膿リスクが最も低いのはどれか。
1. 艾条灸
2. 焦灼灸
3. 透熱灸
4. 打膿灸

Back to Top

灸理論

問題 155灸による温熱刺激の受容・伝導について誤っているのはどれか。
1. 熱刺激で開くイオンチャネルが存在する。
2. Ⅳ群線維によって伝導される。
3. 脊髄後角の侵害受容ニューロンへ伝達する。
4. 熱痛情報は脊髄後側索を上行する。

Back to Top

灸理論

問題 156デルマトームを考慮した体性-自律神経反射を利用して下痢の灸治療を行う場合、最も効果が期待できるのはどれか。
1. 梁門
2. 帰来
3. 脾兪
4. 足三里

Back to Top

灸理論

問題 157透熱灸の施灸局所で発痛を増強するのはどれか。
1. ヒスタミン
2. ブラジキニン
3. CGRP
4. プロスタグランジン

Back to Top

灸理論

問題 158施灸局所の肥満細胞から放出される血管透過性亢進物質はどれか。
1. IgE
2. 補体
3. ヒスタミン
4. ブラジキニン

Back to Top

灸理論

問題 159広汎性侵害抑制性調節(DNIC)が最も関与するのはどれか。
1. 合谷に透熱灸を行い歯痛が緩和した。
2. 足三里に七分灸を行い胃痛が緩和した。
3. 大腸兪にショウガ灸を行い腰痛が改善した。
4. 梁丘に温筒灸を行い膝痛が改善した。

Back to Top

灸理論

問題 160施灸後早期に貧食能の活性が亢進すると考えられるのはどれか。
1. T細胞
2. 好中球
3. 線維芽細胞
4. マクロファージ

Back to Top