acpt.jp logomark

第1回・鍼灸

問題 141正しいのはどれか。
1. エンドルフィン類は痛覚の抑制に関与する。
2. かゆい感じは触覚受容器が強く刺激されて起こる。
3. 皮膚の痛覚の受容器には低閾値機械受容器とポリモーダル受容器とがある。
4. 皮膚の痛覚は主としてB線維群によって伝えられる。

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 142鍼を目的の深度まで刺入して右または左の一方向に回す手技はどれか。
1. 旋撚術
2. 回旋術
3. 刺鍼転向術
4. 鍼尖転移術

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 143痛み情報を伝達するAδ(デルタ)神経線維について正しいのはどれか。
1. 無髄の神経線維である。
2. 刺すような鋭い痛みを伝達する。
3. 局在が不明瞭な痛みを伝達する。
4. ルフィニ触覚盤やパチニ小体からの情報を伝達する。

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 144刺鍼による脳貧血の発生が少ない場合はどれか。
1. 刺鍼量の過剰
2. 睡眠不足
3. 腰部への刺激
4. 頸部、肩甲上部への刺激

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 145発痛に関連しない物質はどれか。
1. ソマトスタチン
2. セロトニン
3. ブラディキニン
4. カリウムイオン

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 146正しい組合せはどれか。
1. 五臓に応ずる刺法---短刺
2. 杉山流管鍼法---随鍼術
3. 十二節に応ずる刺法---遠道刺
4. 九変に応ずる刺法---直鍼刺

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 147WHOでは鍼治療の適応といえる疾患として41疾患をあげているが、そのなかに含まれないのはどれか。
1. 胃酸過多症
2. メニエール病
3. 頸腕症候群
4. 血友病

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 148鈍い痛みを伝える神経線維はどれか。
1. Aα線維
2. Aβ線維
3. B線維
4. C線維

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 149レイリー現象の特性で誤っているのはどれか。
1. 刺激を受けた場所から遠く離れた臓器にも障害が起こる。
2. 過剰刺激によって現れる障害には個体差がない。
3. 過剰刺激はいかなる種類の刺激でも障害が起こる。
4. 交感神経系に加えられた過剰刺激によって血管運動性の障害が起こる。

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 150鍼刺激を与えたときの手指皮膚血管の一般的な反応はどれか。
1. 一過性に拡張したのち収縮する。
2. 一過性に収縮したのち拡張する。
3. 一定した反応を示さない。
4. 反応しない。

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 141古代九鍼の用法のうち摩擦や圧迫を目的とした鍼はどれか。
1. 鍉鍼
2. 鋒鍼
3. 鈹鍼
4. 毫鍼

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 142刺入した鍼の周囲の皮膚を鍼管または指頭で叩き、刺激を与える手技はどれか。
1. 示指打法
2. 内調術
3. 細刺術
4. 副刺激術

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 143抜鍼が困難な鍼(渋鍼)の周囲に刺鍼して筋肉を弛緩させてから抜鍼する処置法はどれか。
1. 返し鍼
2. 通し鍼
3. 散鍼
4. 迎え鍼

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 144刺鍼により心拍数は減少する。このメカニズムとして考えられないのはどれか。
1. 交感神経機能の低下
2. 副交感神経機能の亢進
3. 交感神経機能の亢進と副交感神経機能の低下
4. 交感神経機能の低下と副交感神経機能の亢進

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 145内部環境という言葉で恒常性について述べたのは誰か。
1. ウォルター・キャノン
2. クロード・ベルナール
3. ハンス・セリエ
4. ノーバート・ウィナー

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 146鍼の雀啄刺激の後、刺激した部位に鈍痛が残った。原因として考えにくいのはどれか。
1. 侵害受容器の興奮
2. 発痛物質の出現
3. 血管透過性の亢進
4. 固有受容器の興奮

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 147痛覚に関する組合せで正しいのはどれか。
1. Aδ(デルタ)神経線維---鈍痛
2. C神経線維---刺痛
3. ブラジキニン---発痛物質
4. ヒスタミン---血管収縮

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 148体幹部の痛覚の伝導路はどれか。
1. 外側脊髄視床路
2. 前脊髄小脳路
3. 延髄視床路
4. 視蓋脊髄路

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 149低周波鍼通電療法で通常、電極として用いる鍼はどれか。
1. 金鍼
2. 銀鍼
3. ステンレス鍼
4. 絶縁鍼

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 150自律神経について誤っている記述はどれか。
1. アトロピンは副交感神経遮断剤である。
2. 副交感神経節前ニューロンの伝達物質はアドレナリンである。
3. 交感神経節前ニューロンの伝達物質はアセチルコリンである。
4. 交感神経節後ニューロンの伝達物質はノルアドレナリンである。

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 141エンドルフィンの拮抗物質はどれか。
1. セロトニン
2. ドパミン
3. アセチルコリン
4. ナロキソン

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 142ストレス学説における生体反応として関係のないのはどれか。
1. 副腎皮質の肥大
2. 脾臓の肥大
3. 胸腺の萎縮
4. 十二指腸の潰瘍

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 143次の文で示す刺鍼中の手技はどれか。「鍼が目的の深さに達したら、半分抜いてしばらくそこにとどめ、また前の深さまで刺入して、しばらくそこにとどめることを繰り返す。」
1. 間歇術
2. 屋漏術
3. 刺鍼転向法
4. 乱鍼術

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 144皮膚のポリモーダル受容器からの求心性線維はどれか。
1. Aα線維
2. Aβ線維
3. Aγ線維
4. C線維

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 145刺鍼による脳貧血の際に行うのはどれか。
1. 迎え鍼
2. 返し鍼
3. 渋り鍼
4. 置き鍼

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 146深部痛覚の特徴について誤っている記述はどれか。
1. 痛みの局在が明瞭な場合が多い。
2. 自律神経反射を伴うことが多い。
3. 痛みの感受性には部位差がある。
4. 骨格筋の反射性収縮を起こすことが多い。

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 147鍼を使用しない手技はどれか。
1. 内調術
2. 管散術
3. 単刺術
4. 細刺術

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 148自律神経失調症やアレルギー体質などを改善する鍼の作用はどれか。
1. 鎮静作用
2. 誘導作用
3. 転調作用
4. 消炎作用

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 149打鍼法で使用する鍼の鍼尖の形状はどれか。
1. スリオロシ型
2. ノゲ型
3. 松葉型
4. 卵型

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 150刺鍼により手部皮膚血管は一過性に収縮する。機序として正しいのはどれか。
1. 交感神経α受容体系の反応である。
2. 交感神経β受容体系の反応である。
3. 副交感神経亢進反応である。
4. 交感神経抑制反応である。

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 141次の文で示す刺法はどれか。「目的とする経穴を中心に弾入のみを繰り返す。」
1. 示指打法
2. 内調術
3. 細刺術
4. 管散術

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 142前揉法について誤っている記述はどれか。
1. 鍼の刺入を予告する
2. 皮膚や筋肉を弛緩させる
3. 刺激に慣れさせる
4. 血管を収縮させて出血を防ぐ

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 143古代九鍼の鋒鍼と同じ目的の鍼はどれか。
1. 皮内鍼
2. 小児鍼
3. 三稜鍼
4. 円皮鍼

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 144刺鍼による交感神経機能抑制でみられる現象はどれか。
1. 気管支筋弛緩
2. 心拍数減少
3. 腸蠕動減弱
4. 副腎髄質機能の亢進

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 145痛みの識別に関係する伝導路はどれか。
1. 脊髄小脳路
2. 脊髄網様体路
3. 脊髄視床路
4. 後索路

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 146鍼麻酔の鎮痛機構に関与する主な部位はどれか。
1. 赤核
2. 中脳水道周囲灰白質
3. 尾状核
4. 歯状核

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 147ポリモーダル受容器の性質として正しい記述はどれか。
1. 伝導速度はAβ帯域である
2. 機械的、化学的および熱刺激に反応する
3. 非侵害性の受容体である
4. 筋の張力も感受する

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 148圧発汗反射の圧迫側の反応で正しいのはどれか。
1. 発汗の減少
2. 皮膚温の上昇
3. 痛覚閾値の低下
4. 鼻粘膜毛細血管の収縮

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 149体性-内臓反射における遠心路を構成する神経線維はどれか。
1. AβとB
2. AγとB
3. BとB
4. BとC

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 150ストレス学説で交絡感作期ともいわれるのはどれか。
1. 警告反応期のショック相
2. 警告反応期の抗ショック相
3. 抵抗期
4. 疲憊期

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 141押手の圧で母指と示指が鍼体をつまむ圧はどれか。
1. 水平圧
2. 垂直圧
3. 固定圧
4. 持続圧

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 142次の文で示す刺法はどれか。「刺入時および抜鍼時に鍼を半回転ずつ交互に回しながら行う。」
1. 回旋術
2. 旋撚術
3. 屋漏術
4. 間歇術

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 143渋鍼の対処法で不抜鍼に行う刺法はどれか。
1. 乱鍼術
2. 示指打法
3. 鍼尖転移法
4. 刺鍼転向法

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 144古代九鍼で皮膚切開などに用いられたのはどれか。
1. 鍉鍼
2. 円鍼
3. 毫鍼
4. 鈹鍼

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 145低周波鍼通電療法について誤っている記述はどれか。
1. 自律神経機能を調整する。
2. 異常知覚を改善する。
3. 脳脊髄圧を上昇させる。
4. 痛みを抑制する。

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 146鍼刺激による胃の蠕動の調節に関与する神経節はどれか。
1. 星状神経節
2. 腹腔神経節
3. 上腸間膜動脈神経節
4. 骨盤神経節

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 147刺鍼時における心電図の変化で正しいのはどれか。
1. R-R間隔の延長
2. PQ間隔の短縮
3. R波の抑制
4. 陰性T波の出現

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 148鎮痛に関与する内因性オピオイドはどれか。
1. ノルアドレナリン
2. ヒスタミン
3. エンケファリン
4. プロスタグランジン

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 149内因性発痛物質でないのはどれか。
1. ブラジキニン
2. サブスタンスP
3. セロトニン
4. ドパミン

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 150正しい組み合わせはどれか。
1. サイバネティックス---フィードバック
2. ゲートコントロール---筋性防御
3. ホメオスターシス---条件反射
4. レイリー現象---交絡感作

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 141次の文で示す刺法はどれか。「刺入した鍼の鍼柄又は鍼体を鍼管で叩打し振動を与える。」
1. 細刺術
2. 管散術
3. 内調術
4. 振せん術

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 142皮下に刺入しない手技はどれか。
1. 管散術
2. 雀啄術
3. 示指打法
4. 回旋術

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 143撚鍼法に適した鍼尖の形状はどれか。
1. 卵形
2. 柳葉形
3. ノゲ形
4. スリオロシ形

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 144アレルギー体質の改善を目的とする鍼の作用はどれか。
1. 鎮静作用
2. 誘導作用
3. 反射作用
4. 転調作用

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 145皮膚のポリモーダル受容器からの求心性線維はどれか。
1. Aα線維
2. Aβ線維
3. B線維
4. C線維

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 146刺鍼により交感神経α受容体が関与する反応で正しいのはどれか。
1. 心拍数増加
2. 気管支筋弛緩
3. 唾液アミラーゼの分泌
4. 皮膚血管収縮

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 147内臓痛について正しい記述はどれか。
1. 局在が明確である。
2. 炎症時には痛みが増強する。
3. 自律神経症状を伴わない。
4. 関連痛を伴わない。

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 148ゲートコントロール説で正しいのはどれか。
1. 脊髄における鎮痛機序の学説
2. 脳内モルヒネ様物質の学説
3. 過剰刺激と自律神経との学説
4. 発痛促進物質の学説

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 149鍼刺激が腎機能に与える影響をみるとき指標となるのはどれか。
1. ウロビリノゲン排泄量
2. ウロペプシン排泄量
3. クレアチニン・クリアランス値
4. ヘマトクリット値

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 150サイバネティックスの学説で提唱されたのはどれか。
1. ホメオスターシス
2. フィードバック
3. 生体の全機性
4. 脳幹網様体賦活系

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 141小児鍼に相当する古代九鍼はどれか。
1. 鋒鍼
2. 円鍼
3. 員利鍼
4. 毫鍼

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 142細刺術と管散術とに共通するのはどれか。
1. 鍼管を使用する。
2. 刺抜を繰り返す。
3. 鍼に振動を与える。
4. 鍼を皮下に刺入する。

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 143呼気に刺入し、吸気で止めるのはどれか。
1. 振せん術
2. 内調術
3. 随鍼術
4. 屋漏術

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 144抜鍼困難を起こしやすい刺法はどれか。
1. 示指打法
2. 置鍼術
3. 回旋術
4. 副刺激術

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 145押手について誤っているのはどれか。
1. 刺鍼部を固定する。
2. 刺入速度を調節する。
3. 皮膚の緊張度を調節する。
4. 鍼体を保持する。

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 146返し鍼を行う場合はどれか。
1. 脳貧血
2. 折鍼
3. 抜鍼困難
4. 気胸

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 147次のうち刺鍼により一番早く起こる現象はどれか。
1. 刺鍼刺激の認知
2. 後角細胞の興奮
3. 自律神経の興奮
4. 痛覚閾値の低下

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 148内因性鎮痛物質が作用する受容体はどれか。
1. ムスカリン様受容体
2. オピオイド受容体
3. ニコチン様受容体
4. ノルアドレナリン受容体

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 149血管収縮作用をもつ物質はどれか。
1. ヒスタミン
2. ブラジキニン
3. アデノシン
4. セロトニン

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 150痛覚を抑制する生体機構でないのはどれか。
1. オピオイドの産生
2. 脊髄膠様質細胞(SG細胞)
3. 下行性抑制系
4. レニン・アンジオテンシン系

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 141次の古代九鍼のうち皮膚を切開するのはどれか。
1. 毫鍼
2. 長鍼
3. 大鍼
4. 鈹鍼

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 142最も古くからある鍼法はどれか。
1. 撚鍼法
2. 打鍼法
3. 管鍼法
4. 皮内鍼法

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 1431寸6分の3番鍼の太さと長さとの組合せで正しいのはどれか。
1. 0.17mm---50mm
2. 0.20mm---50mm
3. 0.17mm---60mm
4. 0.20mm---60mm

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 144雀啄を用いる手技はどれか。
1. 屋漏術
2. 回旋術
3. 間歇術
4. 内調術

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 145最も弱い刺激となる手技はどれか。
1. 振せん術
2. 乱鍼術
3. 管散術
4. 旋撚術

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 146鍼の過誤について誤っている記述はどれか。
1. 抜鍼困難な時は回旋術を行う。
2. 刺鍼後に残る違和感を予防するために後揉法を了寧に行う。
3. 折鍼した時は静かに皮膚を押し下げて折片を探す。
4. 感染防止にはディスポーザブル鍼を使用する。

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 147内因性オピオイドの効果を特異的に消失させる物質はどれか。
1. セロトニン
2. ブラジキニン
3. ナロキソン
4. ヒスタミン

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 148常習性便秘に対する背部の鍼治療の効果はどの作用によるか。
1. 誘導作用
2. 転調作用
3. 防御作用
4. 反射作用

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 149鍼刺激が膵臓のホルモンに与える影響を調べる場合、指標とならないのはどれか。
1. グルカゴン
2. オキシトシン
3. インスリン
4. ソマトスタチン

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 150圧発汗反射の学説で圧迫側に起こる反応として正しい組合せはどれか。
1. 発汗---増加
2. 腋窩温---低下
3. 血圧---上昇
4. 鼻粘膜毛細血管---収縮

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 141金鍼の特徴はどれか。
1. 弾力性が小さい。
2. 通電に適する。
3. 刺入痛が出やすい。
4. 酸化しにくい。

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 142切皮後に鍼管を用いて刺激を与える方法でないのはどれか。
1. 副刺激術
2. 示指打法
3. 管散術
4. 内調術

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 143弾入を繰り返すのはどれか。
1. 屋漏術
2. 随鍼術
3. 間歇術
4. 細刺術

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 144現行の鍼で古代九鍼と同名のものはどれか。
1. 毫鍼
2. 三稜鍼
3. 円皮鍼
4. 皮内鍼

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 145鍼の副作用と対策との組合せで誤っているのはどれか。
1. 脳貧血---返し鍼
2. 刺鍼後の違和感---後揉法
3. 内出血---迎え鍼
4. 抜鍼困難---示指打法

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 146ディスポーザブル鍼の滅菌に用いられるのはどれか。
1. エタノール
2. ホルマリン
3. エチレンオキサイド
4. グルタールアルデヒド

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 147鍼刺激が迷走神経に及ぼす影響をみる場合に適切でない臓器はどれか。
1. 心臓
2. 膵臓
3. 小腸
4. 膀胱

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 148刺鍼による血流改善のメカニズムに関与するのはどれか。
1. 軸索反射
2. 屈曲反射
3. 伸張反射
4. 内臓-内臓反射

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 149内因性オピオイドが関与するのはどれか。
1. ナトリウムポンプ
2. TCAサイクル
3. レニン・アンジオテンシン系
4. 下行性抑制系

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 150ストレス学説で交絡抵抗が現れる時期はどれか。
1. ショック期
2. 抗ショック期
3. 抵抗期
4. 疲憊期

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 141押し手の圧で周囲圧に相当するのはどれか。
1. 持続圧
2. 水平圧
3. 垂直圧
4. 固定圧

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 142弾入動作を用いて刺激を与える手技でないのはどれか。
1. 副刺激術
2. 細指術
3. 管散術
4. 示指打法

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 143管鍼法に適した鍼尖の形状はどれか。
1. 松葉形
2. 卵形
3. ノゲ形
4. スリオロシ形

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 144前揉法の目的で適切でないのはどれか。
1. 刺鍼を予告する。
2. 精神的緊張をとる。
3. 筋肉を弛緩させる。
4. 出血を防止する。

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 145刺激時間が最も長い鍼法はどれか。
1. 散鍼法
2. 小児鍼法
3. 皮内鍼法
4. 鍼通電法

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 146ポリモーダル受容器からの求心性神経線維の特徴で誤っているのはどれか。
1. 疼くような痛みを伝える。
2. 振動感覚を伝える。
3. 伝導速度が遅い。
4. 細い神経線維である。

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 147内因性オピオイドによる鎮痛効果の特徴で正しいのはどれか。
1. 下行性抑制系の賦活
2. 発痛物質の生成抑制
3. ナロキソンによる効果の増強
4. 脊髄後角での疼痛閾値の低下

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 148鍼刺激の影響をみるとき、尿中ウロビリン体量が指標となる臓器はどれか。
1. 
2. 心臓
3. 膵臓
4. 肝臓

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 149鍼鎮痛に関与しないのはどれか。
1. オピエート受容体
2. ポリモーダル受容器
3. カルシトニン
4. エンドルフイン

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 150交感神経-アドレナリン系を中心として説明したのはどれか。
1. サイバネティックス
2. 緊急反応
3. 過剰刺激症候群
4. 汎適応症候群

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 141古代九鍼のうち皮膚刺激を目的とするのはどれか。
1. 円鍼
2. 員利鍼
3. 毫鍼
4. 鋒鍼

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 142一定の刺入深度に達した後、鍼の上下動で刺激を与える手技でないのはどれか。
1. 間歇術
2. 雀啄術
3. 屋漏術
4. 回旋術

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 143侵害受容器を興奮させない手技はどれか。
1. 振せん術
2. 単刺術
3. 随鍼術
4. 管散術

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 144抜鍼困難時に使用しない手技はどれか。
1. 置鍼術
2. 副刺激術
3. 鍼尖転移法
4. 示指打法

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 145折鍼事故の予防対策として適切でないのはどれか。
1. オートクレーブ滅菌による反復使用を避ける。
2. 曲がった鍼は伸ばして使う。
3. 鍼通電治療に交流電流を用いる。
4. 刺鍼中は動かないよう患者に指示する。

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 146鎮痛機構における下行性抑制に関与しないのはどれか。
1. ノルアドレナリン
2. ナロキソン
3. セロトニン
4. β-エンドルフィン

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 147内因性発痛物質でないのはどれか。
1. アセチルコリン
2. 水素イオン
3. ブラジキニン
4. カリウムイオン

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 148鍼の「ひびき」を伝える神経線維はどれか。
1. Aα線維
2. Aβ線維
3. B線維
4. C線維

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 149刺鍼局所の軸索反射が強く関与する治療的作用はどれか。
1. 免疫作用
2. 転調作用
3. 誘導作用
4. 止血作用

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 150レイリー現象について正しいのはどれか。
1. 血管運動性の障害である。
2. 病変には個体差がない。
3. 刺激の種類に関係する。
4. 障害は限局する。

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 141刺激方法として鍼管を用いないのはどれか。
1. 管散術
2. 示指打法
3. 副刺激術
4. 刺鍼転向法

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 142撚鍼法の術式で必要ないのはどれか。
1. 消毒
2. 前揉揑
3. 挿管
4. 切皮

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 143管鍼法の創始者はどれか。
1. 石坂宗哲
2. 菅沼周桂
3. 御園意斉
4. 杉山和一

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 144体動による折鍼の危険性が少ないのはどれか。
1. 間歇術
2. 回旋術
3. 屋漏術
4. 細指術

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 145WHOの「鍼の基礎教育と安全性に関するガイドライン(1999年)」で鍼治療を避けるべき状態としているのはどれか。
1. 出血性の疾患
2. 歯科の術後痛
3. 手術後の嘔吐
4. つわり

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 146鍼治療の偶発症として起こり得るのはどれか。
1. 神経障害
2. 抑うつ
3. せん妄
4. アフタ性潰瘍

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 147鍉鍼による押圧刺激の情報を伝える神経線維はどれか。
1. Aα
2. Aβ
3. Aδ
4. 

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 148鍼刺激の局所に出現する現象で適切でないのはどれか。
1. 微細な組織損傷
2. CGRPの分泌抑制
3. ポリモーダル受容器の興奮
4. 内因性発痛物質の生成

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 149エンケファリンの構成成分はどれか。
1. 不飽和脂肪酸
2. アミノ酸
3. リン脂質
4. グルコース

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 150腰部刺鍼によって下肢に発現する血管拡張の機序はどれか。
1. 体性反射
2. 体性-内臓反射
3. 体性-自律神経反射
4. 交叉性伸展反射

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 141鍼の刺激量を刺入の継続時間で調節するのはどれか。
1. 単刺術
2. 置鍼術
3. 旋撚術
4. 雀啄術

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 142小児鍼として使用しないのはどれか。
1. いちょう鍼
2. 車鍼
3. 鋒鍼
4. 鍉鍼

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 143刺鍼による気胸としてみられないのはどれか。
1. 胸痛
2. 冷汗
3. 血痰
4. 呼吸困難

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 144返し鍼の処置が適切なのはどれか。
1. 精神緊張による過換気
2. 脳貧血による一過性の失神
3. 食中毒による下痢
4. 刺鍼による発熱

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 145ディスポーザブル鍼の取扱いとして適切でないのはどれか。
1. 使用後は医療廃棄物として処理する。
2. 滅菌の有効期限内に使用する。
3. 使用直前にパッケージを開く。
4. 再生して使用する。

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 146軸索反射を介してコリン作動性神経末端に作用し、筋血管を拡張させるのはどれか。
1. CGRP
2. サブスタンスP
3. βエンドルフィン
4. アトロピン

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 147ポリモーダル受容器の特徴として適切でないのはどれか。
1. 皮膚だけでなく深部組織にも分布する。
2. 局在性の明らかな痛みを生じる。
3. 受容器の形態は自由神経終末である。
4. 非侵害的な刺激強度でも興奮する。

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 148内因性発痛物質でないのはどれか。
1. 水素イオン
2. セロトニン
3. ヒスタミン
4. エンケファリン

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 149鍼麻酔について誤っている記述はどれか。
1. 筋収縮が得られる刺激で発現する。
2. 細径繊維が関与する。
3. 意識レベルが低下する。
4. 効果発現までに誘導時間が必要である。

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 150胃運動を促進する迷走神経反射に関与するのはどれか。
1. 遠道刺
2. 絡刺
3. 巨刺
4. 関刺

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 141単回(1回)使用毫鍼の品質を保証する方法として適切でないのはどれか。
1. 引張り強度試験の実施
2. 滅菌年月の表示
3. ステンレス鋼線の使用
4. 伝導性検査の実施

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 142膝関節腔内へ鍼が刺入された場合に生じる可能性があるのはどれか。
1. 膝窩嚢胞
2. 離断性骨軟骨炎
3. 化膿性膝関節炎
4. 膝蓋軟骨軟化症

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 143低頻度鍼通電について適切でない記述はどれか。
1. 臨床では鎮痛を目的として1〜10Hzの周波数が多用される。
2. 折鍼を予防するために直流電流を用いる。
3. 鎮痛は持続性がある。
4. 陰極側の閾値は陽極側よりも低い。

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 144古代九鍼の中で小児鍼のもとになったのはどれか。
1. 大鍼
2. 円鍼
3. 鈹鍼
4. 毫鍼

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 145施術により生じた神経インパルスの伝導に主としてAβ線維が関与するのはどれか。
1. 管散術
2. 置鍼術
3. 間歇術
4. 屋漏術

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 146動物実験で鍼鎮痛の効果が得られにくいとき、あらかじめ投与することで効果発現を促す物質はどれか。
1. D-フェニルアラニン
2. ナロキソン
3. アルギニン
4. ロイシン

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 147患者の呼吸に合わせて運鍼を行うのはどれか。
1. 内調術
2. 随鍼術
3. 間歇術
4. 副刺激術

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 148施術中の有害事象と処置との組合せで適切でないのはどれか。
1. 抜鍼困難---示指打法
2. 内出血---圧迫
3. 遺感覚---後揉揑
4. 気胸---返し鍼

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 149ポリモーダル受容器について誤っているのはどれか。
1. 形態は自由神経終末である。
2. 温熱刺激に反応する。
3. 自律神経に反射的に影響する。
4. 筋の張力を検出する。

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 150下行性抑制系が末梢からの痛覚情報を遮断する部位はどれか。
1. 中脳水道周囲灰白質
2. 延髄大縫線核
3. 脊髄後角
4. 後根神経節

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 141鍼刺激に対して過敏な患者への施術で最も適切なのはどれか。
1. 間歇術
2. 細指術
3. 管散術
4. 内調術

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 142随鍼術で鍼を抜き上げる時に適切でないのはどれか。
1. 横隔膜収縮
2. 外肋間筋収縮
3. 内肋間筋収縮
4. 肋骨挙筋収縮

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 143運動中も継続して刺激ができるのはどれか
1. ローラー鍼
2. 円皮鍼
3. 灸頭鍼
4. 鍉鍼

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 144皮内鍼の絆創膏固定をはがした後にかゆみが出現した。かゆみを起こす物質はどれか。
1. アセチルコリン
2. ヒスタミン
3. ノルアドレナリン
4. プロトロンビン

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 145抜鍼困難時に応用する手技はどれか。
1. 鍼尖転移法
2. 屋漏術
3. 示指打法
4. 乱鍼術

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 146鍼治療の標準予防策として適切でないのはどれか。
1. 血液は高リスクとして扱う。
2. 「一処置一手洗い」を実行する。
3. 指サックを着用する。
4. 使用した鍼を鍼管に戻す。

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 147乳様突起下端の後下方にあるトリガーポイントを刺激すると頭頂部に関連痛がみられた。罹患筋はどれか。
1. 咬筋
2. 菱形筋
3. 棘下筋
4. 頭板状筋

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 148鍼刺激局所の血流増加が筋肉痛を改善するのはどれか。
1. 軸索反射
2. 下行性抑制系
3. 広範囲侵害抑制性調節
4. Ib抑制

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 149鍼刺激によって細胞膜で産生されるのはどれか。
1. セロトニン
2. プロスタグランジン
3. ブラジキニン
4. カリウムイオン

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 150表皮への刺鍼による作用でないのはどれか。
1. 自由神経終末の興奮
2. 基底層細胞でのビタミンDの形成
3. メルケル盤の興奮
4. ランゲルハンス細胞による免疫反応の誘導

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 141刺入時および抜鍼時に鍼を半回転ずつ交互に回しながら行う手技はどれか。
1. 間歇術
2. 屋漏術
3. 内調術
4. 旋撚術

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 142主に皮下組織に刺激を与える手技はどれか。
1. 鍼尖転移法
2. 屋漏術
3. 間歇術
4. 内調術

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 143刺鍼法と手技との組合せで誤っているのはどれか。
1. 撚鍼法---細指術
2. 打鍼法---勝曳の鍼
3. 管鍼法---示指打法
4. 小児鍼法---接触鍼

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 144灸頭鍼による熱傷予防対策で適切でない記述はどれか。
1. 着火時は炎が鍼体に当たらないように行う。
2. 水で濡らした綿花で放射(輻射)熱を遮断する。
3. 施灸中は患者の体動を防ぐ。
4. 燃えている艾球の除去にアルコール綿花を用いる。

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 145鍼通電療法が禁忌となるのはどれか。
1. 心臓ペースメーカー
2. 人工関節
3. インプラント
4. 尿路ストーマ(人工膀胱)

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 146鍼治療のうち禁止されているのはどれか。
1. イオン鍼
2. 埋没鍼
3. レーザー鍼
4. 皮内鍼

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 147体幹部に置鍼した鍼のうえにタオルをかけたことで発生しやすい有害事象はどれか。
1. 脳虚血
2. 化膿
3. 気胸
4. 疲労感

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 148鍼施術のリスク管理として適切でない記述はどれか。
1. 単回使用毫鍼を用いる。
2. 滅菌バッグからシャーレを取り出して開放棚に保管する。
3. 鍼は医療廃棄物として処理する。
4. B型肝炎の予防接種を受ける。

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 149摩擦鍼による発赤反応に関与するのはどれか。
1. ACTH
2. CGRP
3. ノルアドレナリン
4. ドパミン

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 150鍼鎮痛の発現に関与するβエンドルフィンを分泌する部位はどれか。
1. 中心後回
2. 視床
3. 下垂体
4. 脊髄後角

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 141最も古い刺鍼法はどれか。
1. 撚鍼法
2. 管鍼法
3. 打鍼法
4. 皮内鍼法

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 142管鍼法に最も適した鍼尖の形状はどれか。
1. ノゲ形
2. 松葉形
3. スリオロシ形
4. 卵形

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 143古代九鍼のうち圧迫を目的とするのはどれか。
1. 員利鍼
2. 鍉鍼
3. 毫鍼
4. 鋒鍼

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 144体表を繰り返し刺激する手技はどれか。
1. 単刺術
2. 回旋術
3. 屋漏術
4. 細指術

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 145鍼の抜き忘れの防止策として適切でない記述はどれか。
1. 置鍼した鍼の本数を確認し記載する。
2. 単回使用毫鍼の使用時は、鍼管と抜鍼した鍼が同数であることを確認する。
3. 鍼は刺入した者が抜く。
4. 抜き忘れの最終確認は患者自身に委ねる。

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 146抜鍼困難時に用いる処置で適切でないのはどれか。
1. 副刺激術
2. 示指打法
3. 返し鍼
4. 迎え鍼

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 147消毒のレベルと実例との組合せで適切でないのはどれか。
1. 洗浄---胸枕
2. 消毒---施術者の手指
3. 消毒---円皮鍼
4. 滅菌---毫鍼

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 148鍼治療による鎮痛発現に関与しないのはどれか。
1. 患部の循環改善
2. 内因性オピオイドの産生
3. 脊髄膠様質細胞の興奮
4. 脳内ドパミンの減少

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 149腹部鍼刺激で起こる胃運動抑制反応に主として関与するのはどれか。
1. 延髄
2. 迷走神経
3. 交感神経
4. 仙髄

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 150脊髄の部位で痛覚を伝える一次求心性ニューロンがシナプスを形成するのはどれか。
1. 前角
2. 後角
3. 前索
4. 後索

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 141鍼の手技で最も新しいのはどれか。
1. 打鍼法
2. 皮内鍼法
3. 管鍼法
4. 撚鍼法

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 142鍼を使用せず弱刺激を与える手技はどれか。
1. 単刺術
2. 管散術
3. 細指術
4. 内調術

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 143筋など深部まで刺入を必要とする鍼法はどれか。
1. 小児鍼法
2. 皮内鍼法
3. 散鍼法
4. 灸頭鍼法

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 144撚鍼法に適した鍼尖の形状はどれか。
1. 柳葉形
2. 卵形
3. ノゲ形
4. 松葉形

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 145鍼治療後の気胸を疑う症状はどれか。
1. 発熱
2. 眩暈
3. 咳嗽
4. 悪寒

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 146深刺による臓器傷害について誤っている組合せはどれか。
1. 右陰都---脾臓
2. 志室---腎臓
3. 膏肓---肺
4. 右梁門---肝臓

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 147鍼鎮痛機構に関与しないのはどれか。
1. ブラジキニン
2. オピオイド物質
3. 下行性抑制
4. 脊髄膠様質

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 148鍼麻酔の特徴として適切でない記述はどれか。
1. 鎮痛効果に個体差がある。
2. 患者の意識がある。
3. 筋は弛緩する。
4. 鎮痛の発現に時間がかかる。

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 149鍼刺激による反応でポリモーダル受容器が関与しないのはどれか。
1. 鍼のひびきの惹起
2. サブスタンスPの遊離
3. Aβ線維の興奮
4. 内因性鎮痛機構の賦括

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 150刺鍼局所に起こるフレアー現象に関与する反射はどれか。
1. 体性-内臓反射
2. 軸索反射
3. 深部反射
4. 病的反射

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 141三稜鍼に相当する古代九鍼はどれか。
1. 大鍼
2. 員鍼
3. 員利鍼
4. 鋒鍼

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 142一定の深さに刺入した鍼に鍼管をかぶせて行う手技はどれか。
1. 副刺激術
2. 管散術
3. 内調術
4. 示指打法

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 143小児鍼のうち接触鍼と摩擦鍼の両刺激を与えるのに最も適した鍼はどれか。
1. 集毛鍼
2. ウサギ鍼
3. 振子鍼
4. いちょう鍼

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 144鍼の刺激に関する記述で正しいのはどれか。
1. 同じ刺入深度では細い鍼より太い鍼の刺激が弱い。
2. 同じ振幅では短時間雀啄より長時間雀啄の刺激が弱い。
3. 同じ刺入深度では素早い刺入より遅い刺入の刺激が弱い。
4. 同じ太さの鍼では浅い刺入より深い刺入の刺激が弱い。

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 145低周波鍼通電療法において誤っている記述はどれか。
1. 心臓を挟む形での電極配置を避ける。
2. 折鍼を予防するため直流電流を用いる。
3. 通電波形は矩形波と棘状波がある。
4. 電極としてステンレス鍼を用いる。

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 146刺鍼による内出血が最も起こりにくいのはどれか。
1. 人工透析患者
2. 血友病患者
3. 胃癌患者
4. 再生不良性貧血患者

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 147鍼刺激による鈍い響き感覚を伝える脊髄内伝導路はどれか。
1. 後索路
2. 皮質脊髄路
3. 脊髄視床路
4. 錐体路

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 148鍼麻酔の特徴について正しい記述はどれか。
1. 患者の意識は保たれる。
2. 鍼刺激開始直後から鎮痛効果が発現する。
3. Aβ線維が関与する。
4. 鍼刺激終了直後に鎮痛効果が消失する。

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 149下行性痛覚抑制系に関係するのはどれか。
1. 海馬
2. 脊髄背側索
3. 内側毛帯
4. 脊髄灰白質中間質

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 150ストレス学説で交絡抵抗が現れる時期はどれか。
1. ショック期
2. 抗ショック期
3. 抵抗期
4. 疲憊期

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 141古代中国から伝来した鍼法はどれか。
1. 打鍼法
2. 管鍼法
3. 撚鍼法
4. 皮内鍼法

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 142弾入だけを繰り返す刺法はどれか。
1. 細指術
2. 間歇術
3. 雀啄術
4. 屋漏術

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 143内調術の説明で正しいのはどれか。
1. 刺入した鍼の周囲の皮膚を鍼管で叩く。
2. 刺入した鍼の鍼柄を鍼管で叩く。
3. 刺入した鍼に再び鍼管をかぶせ鍼管の上端を叩く。
4. 鍼管の上端を叩くだけで鍼を使用しない。

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 144刺鍼の術式に関する説明で正しい記述はどれか。
1. 前揉法は鍼の遺感覚を除くために行う。
2. 押手の固定圧が弱いと鍼は倒れてしまう。
3. 管鍼法では弾入行為が切皮である。
4. 撚鍼法は鍼を左右に半回転ずつ交互にひねり刺入する。

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 145耳鍼療法で使用しないのはどれか。
1. 鋒鍼
2. 毫鍼
3. 円皮鍼
4. 皮内鍼

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 146我が国の単回使用毫鍼について誤っている記述はどれか。
1. 構造はJISで規定されている。
2. 無菌性が保証されている。
3. ホルマリンガスが充填されている。
4. 製造業者の表示が義務付けられている。

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 147刺激量を鍼の上下動で調整する手技はどれか。
1. 旋撚術
2. 鍼尖転移術
3. 副刺激術
4. 雀啄術

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 148鍼刺激による血流改善に関与するのはどれか。
1. 交感神経節後ニューロンの興奮
2. 軸索反射によるCGRPの放出
3. 刺鍼部位でのセロトニンの遊離
4. 尾側延髄腹外側部の興奮

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 149内因性オピオイドが主に関与するのはどれか。
1. ナトリウムポンプ
2. 下行性抑制系
3. TCAサイクル
4. レニン・アンジオテンシン系

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 150サイバネティックスと関連するのはどれか。
1. 条件づけ
2. フィードバック機構
3. 緊急反応
4. 交絡抵抗

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 141毫鍼の規格で正しい組合せはどれか。
1. 2寸・5番鍼---70mm24号鍼
2. 1寸6分・1番鍼---50mm15号鍼
3. 1寸3分・2番鍼---40mm16号鍼
4. 1寸・3番鍼---30mm20号鍼

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 142鍼を皮下に留め、押手と刺手と共に皮膚を輪状に動かす手技はどれか。
1. 回旋術
2. 旋撚術
3. 鍼尖転移術
4. 刺鍼転向術

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 143刺激時間を最も長くできるのはどれか。
1. 皮内鍼法
2. 鍼通電療法
3. 小児鍼法
4. 灸頭鍼法

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 144同じ鍼刺激に対してより鋭敏なのはどれか。
1. 体質の虚弱な者より頑健な者
2. 青年より小児
3. 鍼治療の未経験者より経験者
4. 手足より背部

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 145膏肓穴に深刺した際の合併症で生じる可能性のある症状はどれか。
1. 空咳
2. 発熱
3. 下痢
4. 腹痛

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 146鍼施術に関する消毒・滅菌の記述で正しいのはどれか。
1. 施術野の消毒には90%エタノールが用いられる。
2. 単回使用毫鍼の滅菌にはEOGが用いられる。
3. 梅花鍼は洗浄して使用する。
4. イソプロピルアルコールはB型肝炎ウイルスに有効である。

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 147鍼刺激によるポリモーダル受容器の興奮を伝える神経線維はどれか。
1. Aα
2. Aβ
3. 
4. 

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 148管散術の刺激を伝える神経線維はどれか。
1. Aα
2. Aβ
3. Aγ
4. Aδ

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 149「足三里穴に鍼刺激を行ったら胃の運動が亢進した。」作用機序について正しい記述はどれか。
1. アドレナリン作動性神経β受容体を介する。
2. 上脊髄性反射である。
3. 骨盤神経を介した反射である。
4. 求心路には伏在神経が含まれる。

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 150鍼鎮痛に関与するのはどれか。
1. ヒスタミン
2. アンジオテンシン
3. オピオイドペプチド
4. プロスタグランジン

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 141古代九鍼で関節水腫の排液に用いられたのはどれか。
1. 長鍼
2. 大鍼
3. 鋒鍼
4. 鈹鍼

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 142刺入した鍼の深度を変化させる術式はどれか。
1. 屋漏術
2. 示指打法
3. 振せん術
4. 内調術

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 143抜鍼困難時に用いるのはどれか。
1. 随鍼術
2. 副刺激術
3. 回旋術
4. 鍼尖転移術

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 144特殊鍼法で水平刺するのはどれか。
1. 小児鍼法
2. 散鍼法
3. 灸頭鍼法
4. 皮内鍼法

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 145刺鍼による気胸発生のリスクが最も低い経穴はどれか。
1. 天宗
2. 欠盆
3. 胸郷
4. 神堂

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 146単回使用鍼の滅菌に用いられるのはどれか。
1. 酸化エチレンガス
2. ポビドンヨード
3. グルコン酸クロルヘキシジン
4. 塩化ベンザルコニウム

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 147鍼刺激とその反応との組合せで正しいのはどれか。
1. 雀啄術による響き---B線維の興奮
2. 鍉鍼刺激---高閾値機械受容器の興奮
3. 管散術による刺激---Aδ線維の興奮
4. いちよう鍼による擦過刺激---ポリモーダル受容器の興奮

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 148内因性オピオイドはどれか。
1. ニューロトロフィン
2. GABA(ガンマアミノ酪酸)
3. ダイノルフイン
4. ドパミン

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 149刺鍼により起こる軸索反射について正しいのはどれか。
1. 内因性オピオイドが関与する。
2. 反射中枢は脊髄にある。
3. 血漿が漏出する。
4. Aβ線維の興奮によって起こる。

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 150「内部環境」という用語で恒常性について述べた人物はどれか。
1. ノーバート・ウィナー
2. クロード・ベルナール
3. ウオルター・キャノン
4. ハンス・セリエ

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 141毫鍼について誤っているのはどれか。
1. 鍼体長は鍼根から鍼尖までをいう。
2. 3番鍼は20号鍼である。
3. 1寸3分の鍼体長は50mmである。
4. 鍼尖の形状に松葉型がある。

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 142押手の周囲圧の目的はどれか。
1. 鍼体を保持する。
2. 刺鍼部の皮膚を圧迫する。
3. 押手がずれないようにする。
4. 筋肉の緊張状態をはかる。

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 143刺入した鍼の角度を変える手技はどれか。
1. 乱鍼術
2. 鍼尖転移術
3. 副刺激術
4. 刺鍼転向術

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 144機械刺激と温熱刺激を同時に与えることができるのはどれか。
1. 吸角療法
2. 灸頭鍼法
3. 鍼通電療法
4. 皮内鍼法

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 145鍼治療の絶対禁忌はどれか。
1. 血友病
2. 慢性閉塞性肺疾患
3. 三叉神経痛
4. 慢性胃炎

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 146有害事象と予防・処置の組合せで正しいのはどれか。
1. 刺鍼後の違和感---副刺激術
2. 抜鍼困難---返し鍼
3. 気胸---丹念な揉揑
4. 鍼の抜き忘れ---鍼管数と抜鍼数の照合

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 147鍼施術における感染症対策として最も有効なのはどれか。
1. エアータオル
2. クリーン・ニードル・テクニック
3. ベースン法
4. 逆性石けんを用いた手洗い

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 148刺鍼した際の重だるいひびき感覚を伝える主な神経線維はどれか。
1. Ⅰ群
2. Ⅱ群
3. Ⅲ群
4. Ⅳ群

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 149右腓腹筋の緊張が亢進しているとき、右承山に刺鍼したところ筋緊張が軽減した。関与したと考えられるのはどれか。
1. 相反抑制
2. 屈曲反射
3. 自原抑制
4. 伸張反射

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 150鍼鎮痛の発現に関与する物質はどれか。
1. セロトニン
2. アセチルコリン
3. メラトニン
4. トロポミオシン

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 141撚鍼法の刺入時に抵抗感が最も強い鍼尖の形状はどれか。
1. 卵型
2. ノゲ型
3. 柳葉型
4. 松葉型

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 142刺鍼手技で目的深度までを3等分し、各深度で雀啄を行うのはどれか。
1. 間歇術
2. 乱鍼術
3. 屋漏術
4. 随鍼術

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 143WHOの「鍼の基礎教育と安全性に関するガイドライン(1999年)」において、鍼通電療法を行ってはならないのはどれか。
1. ペースメーカーを使用している者
2. インプラントを使用している者
3. 人工関節を使用している者
4. ステントを使用している者

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 144鍼治療後に起こった症状で気胸を疑うのはどれか。
1. 喘鳴
2. 血痰
3. めまい
4. 呼吸困難

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 145B型肝炎患者の肩こりに対する鍼施術で正しいのはどれか。
1. 施術者はワクチン接種が法的に義務づけられている。
2. 刺入した鍼はウイルス付着物として扱う。
3. 抜鍼後、出血していなければ素手で後揉法を行ってもよい。
4. 鍼刺し事故の場合はすぐに酒精綿で圧迫する。

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 146刺鍼局所に起こる神経原性炎症について正しいのはどれか。
1. ノルアドレナリンが関与する。
2. 単シナプス反射によって起こる。
3. 血漿蛋白が漏出する。
4. 皮膚のみで起こる。

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 147下行性痛覚抑制系による鍼鎮痛の特徴について正しいのはどれか。
1. 発現までに時間がかかる。
2. 大脳皮質感覚野で起こる。
3. 効果は刺激周囲に限られる。
4. 刺激終了後すぐに消失する。

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 148中脘への鍼刺激で胃運動が抑制される機序に関与するのはどれか。
1. 下腹神経
2. 大内臓神経
3. 骨盤神経
4. 迷走神経

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 149鍼治療による生体防御反応に最も関係するのはどれか。
1. アセチルコリン遊離
2. 体性-内臓反射
3. サイトカイン産生
4. パチニ小体興奮

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 150ストレス学説において初めに加えられたストレッサーに対してのみ有効な抵抗を現す時期はどれか。
1. ショック相
2. 反ショック相
3. 交絡感作期
4. 疲憊期

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 141ステンレス鍼の特徴はどれか。
1. 刺入痛が少ない。
2. 曲がりやすい。
3. 酸化しやすい。
4. 低周波鍼通電療法に適する。

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 142鍼の術式で刺鍼時・抜鍼時に左右交互にひねりながら行うのはどれか。
1. 回旋術
2. 間歇術
3. 旋撚術
4. 乱鍼術

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 143鍼の術式のうち鍼管のみを用い、弾入の要領で鍼管を叩打するのはどれか。
1. 管散術
2. 細指術
3. 振せん術
4. 内調術

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 144現在の小児鍼で接触鍼および摩擦鍼として用いるのはどれか。
1. いちよう鍼
2. ウサギ鍼
3. 振子鍼
4. ローラー鍼

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 145NIHの合意形成声明書(1998年2月最終版)で、鍼が有効とされるのはどれか。
1. 妊娠時の吐き気
2. 薬物中毒
3. テニス肘
4. 月経痛

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 146迎え鍼を行う有害事象はどれか。
1. 気胸
2. 折鍼
3. 渋鍼
4. 脳貧血

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 147医療現場における肝炎・エイズの感染について正しいのはどれか。
1. A型肝炎は血液を介して感染する。
2. エイズは食事で感染する。
3. 注射針の誤刺による感染が最も多い。
4. 1回誤刺に対する感染成立の確率はC型肝炎が最も高い。

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 148鍼の重だるい響き感覚を伝える神経線維はどれか。
1. Aβ
2. Aδ
3. 
4. 

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 149次の文で示す研究から適切なのはどれか。「ラットの足部への鍼刺激で迷走神経活動が亢進し胃内圧が上昇したが、内臓神経活動は変化しなかった。一方、腹部の鍼刺激では内臓神経活動が亢進し胃内圧が低下したが、迷走神経活動は変化しなかった。」
1. 足部刺激による作用は体性-運動反射である。
2. 足部刺激では上脊髄を介した反応が起こる。
3. 腹部刺激による作用は副交感神経活動の抑制による。
4. 腹部刺激による作用は内臓-内臓反射である。

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 1501Hzの鍼通電刺激で起こる鍼鎮痛の特徴について正しいのはどれか。
1. 主にⅡ群線維が関与する。
2. 効果の出現部位は施術部位と同じデルマトーム領域に限られる。
3. 鍼通電終了と同時に鎮痛効果は消失する。
4. 筋収縮が得られる刺激強度の方が効果が高い。

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 141次の文で示す刺鍼操作はどれを応用したものか。「筋肉での置鍼中に強い響き感覚と鈍痛を生じたので、その位置より少しだけ鍼を引き上げ、しばらくしてから再び筋中まで刺鍼した後抜鍼したところ、鈍痛を軽減させることができた。」
1. 屋漏術
2. 随鍼術
3. 内調術
4. 間歇術

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 142経穴と深刺により損傷するリスクがある臓器との組み合わせで正しいのはどれか。
1. 右梁門---肝臓
2. 右陽綱---肺
3. 右大横---腎臓
4. 右欠盆---心臓

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 143鍼施術の際にⅢ群線維が伝えるのはどれか。
1. 押手の上下圧
2. 鋭い切皮痛
3. 鍼の刺入圧
4. 重だるい響き感覚

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 144小児鍼による触圧刺激に対して最も順応の早い受容器はどれか。
1. パチニ小体
2. メルケル盤
3. 毛包受容器
4. ルフィニ終末

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 145鍼刺激を行った際に細径感覚神経線維が興奮したことを示すのはどれか。
1. アロディニアの発現
2. 刺入抵抗感の減少
3. しびれるような響き感覚の発生
4. フレアの出現

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 146鍼刺激による筋血流の増加に直接関与しないのはどれか。
1. サブスタンスP
2. CGRP
3. オピオイドペプチド
4. 血管作動性腸ペプチド

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 147四肢に鍼刺激を行うと、上脊髄性の自律神経反応が起きやすい理由として最も考えられるのはどれか。
1. 鍼刺激で興奮する感覚神経の分布密度が高い。
2. 入力する脊髄分節に自律神経節前ニューロンが少ない。
3. 筋肉が豊富である。
4. 神経叢から出た枝により支配される。

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 148次の文で示す施術結果の機序で正しいのはどれか。「脊髄損傷患者に対し、仙骨部への鍼刺激を行ったところ排尿が促進した。」
1. 下腹神経が興奮した。
2. 脊髄分節性の反射が起こった。
3. 上位排尿中枢が興奮した。
4. 内臓-体性反射が起こった。

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 149持続効果の長い鎮痛系の賦活を期待して通電療法を行う場合、通電周波数として最も適しているのはどれか。
1. 5Hz
2. 20Hz
3. 50Hz
4. 100Hz

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 150キャノンが提唱した緊急反応において副腎髄質で作用する受容体はどれか。
1. α受容体
2. β受容体
3. ニコチン受容体
4. ムスカリン受容体

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 1412番鍼の太さはどれか。
1. 0.14mm
2. 0.16mm
3. 0.18mm
4. 0.20mm

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 142刺鍼手技で呼気時に刺入し吸気時に止めるを繰り返し、目的深度まで刺入するのはどれか。
1. 随鍼術
2. 間歇術
3. 内調術
4. 乱鍼術

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 143理学検査が陽性の病態に局所刺鍼が最も有効なのはどれか。
1. アプリヘンジョンテスト
2. ラックマンテスト
3. ストロークテスト
4. チェアテスト

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 144単回使用毫鍼の滅菌に用いられるのはどれか。
1. EOG
2. 塩化ベンザルコニウム
3. ポビドンヨード
4. イソプロピルアルコール

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 145痛覚の二次性ニューロンが上行するのはどれか。
1. 内側毛帯
2. 脊髄前側索
3. 脊髄背側索
4. 脊髄後索

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 146鍼刺激による筋血流増加に関与しないのはどれか。
1. ポリモーダル受容器
2. α受容体
3. CGRP
4. 一酸化窒素(NO)

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 147体性-自律神経反射を利用して胃痛の治療を行う場合、刺鍼を行うデルマトームで最も適切なのはどれか。
1. Th1~Th4
2. Th5~Th9
3. Th11~L1
4. L2~L4

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 148下行性痛覚抑制系において、脊髄後角で痛覚を遮断する物質として最も適切なのはどれか。
1. ドパミン
2. グルタミン酸
3. ロイコトリエン
4. ノルアドレナリン

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 149筋けいれんに対する鍼治療の目的はどれか。
1. 鎮静作用
2. 転調作用
3. 防衛作用
4. 矯正作用

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 150トリガーポイントの発現に直接関与するのはどれか。
1. 侵害受容器の感作
2. 筋血流の増加
3. 副交感神経活動の亢進
4. 内因性オピオイドの遊離

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 141毫鍼について誤っているのはどれか。
1. 5番鍼の鍼体径は0.26mmである。
2. 2寸の鍼体長は60mmである。
3. 鍼尖の形状の一つに卵型がある。
4. 鍼体長は鍼尖から鍼根までをいう。

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 142現行17手技で鍼を一方向に回すのはどれか。
1. 細指術
2. 回旋術
3. 間歇術
4. 旋撚術

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 143深刺により化膿性関節炎のリスクがある経穴はどれか。
1. 膏肓
2. 欠盆
3. 顴髎
4. 天宗

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 144患者の体動により抜鍼困難が生じた場合の対応として適切でないのはどれか。
1. 返し鍼を行う。
2. 副刺激術を行う。
3. 患者をリラックスさせる。
4. 筋緊張が緩解するまで待つ。

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 145毫鍼の製造工程で滅菌に用いるのはどれか。
1. グルコン酸クロルヘキシジン
2. 塩化ベンザルコニウム
3. 酸化エチレンガス
4. ポビドンヨード

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 146内臓痛について誤っているのはどれか。
1. Aβ線維により伝達される。
2. 痛みの局在が不明瞭である。
3. 脊髄後角の広作動域ニューロンに接続する。
4. 関連痛の出現に関与する。

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 147痛覚の中枢内伝導路で情動行動、自律神経機能や痛みの制御の調節に関与すると考えられているのはどれか。
1. 後索路
2. 脊髄網様体路
3. 前脊髄視床路
4. 新脊髄視床路

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 148刺鍼時のフレア形成に関与するのはどれか。
1. 脊髄後角でのガンマアミノ酪酸(GABA)放出
2. 交感神経節後線維の興奮
3. 軸索反射によるCGRP放出
4. 視床腹側基底核群の興奮

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 149鍼鎮痛の発現に関与する部位はどれか。
1. 脊髄前角
2. 歯状核
3. 中脳水道周囲灰白質
4. 赤核

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 150鍼の末梢性鎮痛効果に最も関与するのはどれか。
1. アドレナリン受容体
2. ムスカリン受容体
3. ヒスタミン受容体
4. アデノシンA1受容体

Back to Top