acpt.jp logomark
140x140

 リハビリテーション医学

第1回・按マ指

問題 97反射現象で誤っているのはどれか。
1. 単シナプス反射は一つのニューロンによって成り立っている。
2. 膝蓋腱反射は大腿四頭筋の伸張反射である。
3. 痙性麻痺では深部腱反射が亢進している。
4. バビンスキー反射は病的反射である。

Back to Top

第1回・按マ指

問題 98肩関節について誤っているのはどれか。
1. 球関節である。
2. 屈曲とは上腕の前方挙上のことである。
3. 肩の運動の際には鎖骨も同時に動く。
4. 大胸筋により外転する。

Back to Top

第1回・按マ指

問題 99変形性関節症について正しいのはどれか。
1. 特徴として骨粗鬆症がある。
2. 関節周辺の筋力低下が起こる。
3. 膝関節では膝蓋骨の変形が著明である。
4. マッサージを行ってはならない。

Back to Top

第1回・按マ指

問題 100慢性関節リウマチで正しいのはどれか。
1. 関節の炎症はない。
2. 急性再燃することがある。
3. 骨性強直は起こらない。
4. 筋強化訓練は不要である。

Back to Top

第1回・按マ指

問題 101運動療法で正しいのはどれか。
1. 筋肉の等尺性収縮は筋力増強には効果がない。
2. 関節可動域訓練は拘縮の予防または治療を目的としている。
3. 神経筋促通法(ファシリテーション・テクニック)は麻痺の自然回復が終わってから行う。
4. 骨折後の筋力増強訓練にブルンストローム法が用いられる。

Back to Top

第1回・按マ指

問題 102異常歩行で誤っているのはどれか。
1. 痙性麻痺では内反尖足になりやすい。
2. 失調性歩行では両足を広げる傾向がある。
3. 片麻痺では分まわし歩行が見られる。
4. パーキンソン症候群では歩幅が大きい。

Back to Top

第1回・按マ指

問題 103歩行訓練について正しいのはどれか。
1. 歩行訓練はT字杖使用から始まる。
2. 補装具は使わない。
3. 患側下肢の力が不十分な時は膝折れに注意する。
4. 弛緩性麻痺の方が痙性麻痺よりも体重支持に有利である。

Back to Top

第1回・按マ指

問題 104急性期の脳血管障害の対応で正しいのはどれか。
1. 良肢位の保持だけすれば良い。
2. 関節可動域訓練は急性期には避ける。
3. 足関節は0°で固定しなければならない。
4. 肩関節は軽度の外転、外旋位にするのが良い。

Back to Top

第1回・按マ指

問題 105失語症で誤っているのはどれか。
1. 失語症は普通、右側の脳障害で起こる。
2. 失語症には運動性と感覚性とがある。
3. 言語障害には自然回復がある。
4. 言語訓練は聴覚と視覚とを繰り返し刺激して行う。

Back to Top

第1回・按マ指

問題 106脊髄損傷について正しいのはどれか。
1. 機能障害のレベルは脊椎の損傷レベルと一致する。
2. 頸髄損傷で四肢麻痺が起こる。
3. 頸髄損傷で呼吸麻痺は起こらない。
4. 椎間板障害で脊髄損傷は起こらない。

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 89運動障害の評価法で正しいのはどれか。
1. 足関節の基本肢位を90°とするのは誤りである。
2. 徒手筋力テストは4段階評価法である。
3. ブルンストロームのステージは末梢性麻痺に対する評価段階である。
4. 長谷川式スケールは関節可動域の評価法である。

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 90正常歩行の周期について誤っているのはどれか。
1. 歩行周期には立脚期と遊脚期とがある。
2. 立脚中期には全体重が一方の足にかかる。
3. 立脚期と遊脚期の時間的割合は6対4である。
4. 両足が遊脚期になる時がある。

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 91筋収縮について誤っているのはどれか。
1. 求心性収縮とは張力を発生しながら筋肉の長さが短くなること。
2. 遠心性収縮とは張力発生の一方で筋肉の長さが長くなること。
3. 等尺性収縮とは張力を発生するが筋肉の長さは変わらないこと。
4. 等張性収縮とは筋肉の長さの変化に応じて張力が等しく発生すること。

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 92誤っているのはどれか。
1. 超音波療法は一種の温熱療法である。
2. 紫外線療法は紫外線の化学作用を利用している。
3. 低周波療法は低周波の温熱作用を利用している。
4. 水治療法は水の温度、浮力、抵抗などを利用する療法である。

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 93慢性関節リウマチの理学療法で正しいのはどれか。
1. 急性憎悪期にも安静は不要である。
2. スプリントを使う場合は自動運動を終日禁じる。
3. 慢性期には変形予防が必要である。
4. 筋力強化は行わない。

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 94脳血管障害で誤っているのはどれか。
1. 弛緩性麻痺に始まり次第に痙性麻痺なることが多い。
2. 失語症は発声器官の麻痺による。
3. 知覚および視覚に障害のない失認症がある。
4. 拘縮の予防または治療のために関節可動域訓練が必要である。

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 95脳性麻痺で誤っているのはどれか。
1. 単なる運動麻痺ではなく運動発達障害の要素が多い。
2. 最初は筋緊張が低く次第に異常筋緊張を示すことが多い。
3. 四肢麻痺であるから訓練が難しい。
4. けいれんのコントロールが大切である。

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 96脊髄損傷患者の訓練で正しいのはどれか。
1. 起立時に血圧が上がりやすいので注意する。
2. 頸髄損傷ではベッドと車椅子との移乗動作は無理である。
3. 自動車の運転は勧められない。
4. 腰髄損傷では歩行訓練ができる。

Back to Top

第2回・按マ指

問題 97運動療法の中止が必要な状況はどれか。
1. 脈拍数が1分間100以上
2. 血圧が収縮期150mmHg以上
3. 呼吸数が1分間20以上
4. 期外収縮が1分間20以上

Back to Top

第2回・按マ指

問題 98疾患と歩行との組み合わせで正しいのはどれか。
1. 脳血管障害---大また歩行
2. 小脳性失調---トレンデレンブルグ歩行
3. パーキンソン病---すくみ足歩行
4. 筋ジストロフィ---よろめき歩行

Back to Top

第2回・按マ指

問題 99腰痛の治療で誤っている記述はどれか。
1. 急性期から積極的に腰痛体操を行う。
2. 漸増期に腰痛の間欠牽引療法を行う。
3. 訓練法にウィリアムズ体操がある。
4. 温熱療法を行う。

Back to Top

第2回・按マ指

問題 100歩行について正しい記述はどれか。
1. 踏み切りとは踵が床を離れた時をいう。
2. 立脚中期とは全体重がその足に乗っている時をいう。
3. 立脚期と遊脚期との時間の割合は5対5である。
4. 正常歩行には二重支持作用はない。

Back to Top

第2回・按マ指

問題 101脊柱について正しい記述はどれか。
1. 頸椎には回旋できる部分がある。
2. 胸椎は前弯している。
3. 腰椎は最も可動性が大きい。
4. 仙椎が前傾すると円背となる。

Back to Top

第2回・按マ指

問題 102理学療法について正しい記述はどれか。
1. 超短波には温熱作用はない。
2. 低周波通電によって神経や筋肉が刺激される。
3. 関節可動域訓練は早期から始めない方がよい。
4. 関節の屈伸運動は等尺性運動である。

Back to Top

第2回・按マ指

問題 103水治療法について正しい記述はどれか。
1. 浮力は運動に対して不利な作用をする。
2. 温水と冷水を交互に浴びるのは有害である。
3. 温水は疼痛を増強させる。
4. ハバードタンクで全身運動浴を行う。

Back to Top

第2回・按マ指

問題 104脳卒中について誤っている記述はどれか。
1. 言語障害には失語症と構音障害とがある。
2. 運動障害と知覚障害とは比例する。
3. 失認失行は訓練の阻害因子となる。
4. 麻痺の回復の速度は患者によって異なる。

Back to Top

第2回・按マ指

問題 105脊髄損傷で誤っている記述はどれか。
1. 原因としては外傷が最も多い。
2. 頸髄損傷では四肢麻痺となる。
3. 受慯初期では弛緩性麻痺がおこる。
4. 臥位では血圧が下がりやすい。

Back to Top

第2回・按マ指

問題 106身分が法律で定められていない職種はどれか。
1. 作業療法士
2. 言語療法士
3. 社会福祉士
4. 義肢装具士

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 89慢性閉塞性肺疾患の訓練法として誤っているのはどれか。
1. 腹式呼吸
2. 口ひろげ呼吸
3. 排痰訓練
4. 全身調整運動

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 90手の内在筋はどれか。
1. 浅指屈筋
2. 深指屈筋
3. 指伸筋
4. 虫様筋

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 91運動法について正しい記述はどれか。
1. フレンケル体操は慢性関節リウマチのための体操である。
2. 等尺性運動は等張性運動より筋力増強効果が大きい。
3. 運動によって肺活量は増加しない。
4. 松葉杖は片麻痺の歩行訓練に適している。

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 92言語障害について誤っている組み合わせはどれか。
1. 運動性失語症---ブローカ中枢
2. 感覚性失語症---ウェルニッケの中枢
3. 構音障害---体性感覚野
4. 失語症---左側大脳半球損傷

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 93脳卒中後片麻痺について正しい記述はどれか
1. 片麻痺からは骨粗鬆症にならない
2. 麻痺の程度と排尿障害の程度とは無関係である
3. 痙性の出現によって内反尖足が起こる
4. 関節可動域訓練によって肩関節の亜脱臼が起こりやすい

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 94脳性麻痺について誤っている記述はどれか。
1. けいれん発作のコントロールが必要である。
2. 精神発達遅滞と麻痺の程度とは無関係である。
3. 訓練法としてボバース法、ボイタ法などがある。
4. 訓練は学齢期から開始する。

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 95脊髄損傷について誤っている記述はどれか。
1. 褥瘡の予防が必要である。
2. プッシュアップ訓練が必要である。
3. 尿路管理が必要である。
4. 頸髄損傷では大振り歩行訓練が必要である。

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 96心疾患の運動負荷試験について誤っている記述はどれか。
1. マスター2階段法は段差を次第に高くする。
2. トレッドミルはベルトの傾斜やスピードを変化させる。
3. 自転車エルゴメーターは運動量をワット単位で表示できる。
4. 負荷が過大になれば心電図異常が出現しやすい。

Back to Top

第3回・按マ指

問題 97障害と医学的リハビリテーションの方法との組み合わせで適切なのはどれか。
1. 機能・形態障害---車椅子の使用
2. 機能・形態障害---家屋の改造
3. 能力障害---利き手の交換
4. 能力障害---合併症の予防

Back to Top

第3回・按マ指

問題 98運動療法を中止すべき状態はどれか。
1. 収縮期血圧180mmHg
2. 収縮期血圧160mmHg
3. 拡張期血圧95mmHg
4. 拡張期血圧85mmHg

Back to Top

第3回・按マ指

問題 99ADLの意味はどれか。
1. 筋力評価
2. 作業療法
3. 生きがい
4. 日常生活活動

Back to Top

第3回・按マ指

問題 100深部感覚でないのはどれか。
1. 温度覚
2. 位置覚
3. 運動覚
4. 振動覚

Back to Top

第3回・按マ指

問題 101関節可動域について正しいのはどれか。
1. 股関節屈曲:0゜〜45゜
2. 膝関節屈曲:0゜〜90゜
3. 肘関節屈曲:0゜〜145゜
4. 手関節掌屈:0゜〜40゜

Back to Top

第3回・按マ指

問題 102脳性麻痺の病型に含まれないのはどれか。
1. 痙直型
2. 失調型
3. デュシェンヌ型
4. アテトーゼ型

Back to Top

第3回・按マ指

問題 103脳卒中急性期における理学療法の原則として正しい記述はどれか。
1. 体位転換は毎日1回とする。
2. 側臥位は麻痺側を下にする。
3. 良肢位で持続的に固定する。
4. 他動的関節可動域訓練をする。

Back to Top

第3回・按マ指

問題 104慢性関節リウマチについて正しい記述はどれか。
1. 手足のこわばりは夜間に増悪する。
2. 関節症状以外に心肺症状の併発に注意する。
3. 手指の変形はまれである。
4. クラス1の機能障害では寝たきりとなる。

Back to Top

第3回・按マ指

問題 105脊髄損傷の合併症でないのはどれか。
1. てんかん発作
2. 起立性低血圧
3. 尿路感染症
4. 褥瘡

Back to Top

第3回・按マ指

問題 106腰痛について誤っている記述はどれか。
1. 直立歩行が原因の一つである。
2. 腹腔内の臓器疾患でも起こる。
3. ラセーグ徴候は椎間板ヘルニアでみられる。
4. 急性期には股関節・膝関節伸展位を保持させる。

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 89運動の強度メッツ(METS)について正しい組合せはどれか。
1. 散歩---1〜2
2. ボーリング---2〜4
3. ジョギング---5〜6
4. 登山---7〜8

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 90コルセットの作製に関与しない職種はどれか。
1. 理学療法士
2. 作業療法士
3. 義肢装具士
4. 臨床工学技士

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 91関節運動が重力に抗して全可動域にわたり可能となる最小の筋力はどれか。
1. 筋力1
2. 筋力2
3. 筋力3
4. 筋力4

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 92異常歩行について正しい記述はどれか。
1. 脚長差が3cm以内であれば異常は目立たない。
2. 疼痛性跛行では患側の立脚相の時間が長くなる。
3. 脳卒中片麻痺では足の内側から接地する。
4. 小きざみ歩行は筋ジストロフィー症にみられる。

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 93脳卒中後遺症について正しい記述はどれか。
1. 左片麻痺に失語症が起こる。
2. 右片麻痺に失認症が起こる。
3. 麻痺側肩関節に亜脱臼が起こる。
4. 発症初期から強い痙性麻痺が起こる。

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 94脳卒中患者の背臥位における良肢位保持について正しい記述はどれか。
1. マットレスは柔らかいものとする。
2. 肩甲帯を後方に引く。
3. 股関節は内旋外旋中間位とする。
4. 足関節は底屈位とする。

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 95上位胸髄の脊髄損傷患者の訓練として適切でないのはどれか。
1. プッシュアップ
2. キャスター上げ
3. 移乗動作
4. 四点歩行

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 96大腿切断について誤っている記述はどれか。
1. 閉塞性動脈硬化症が原因となる。
2. 実用的義足歩行が可能である。
3. 断端浮腫は義足装着の障害となる。
4. 幻肢感覚は日常生活動作の障害となる。

Back to Top

第4回・按マ指

問題 97身体障害者福祉法に基づく内部障害でないのはどれか。
1. 心機能障害
2. 肝機能障害
3. 腎機能障害
4. 直腸膀胱障害

Back to Top

第4回・按マ指

問題 98関節の正常可動範囲で正しいのはどれか。
1. 肩関節屈曲:0゜〜70゜
2. 手関節掌屈:0゜〜40゜
3. 股関節屈曲:0゜〜70゜
4. 足関節底屈:0゜〜45゜

Back to Top

第4回・按マ指

問題 99肩関節の運動で誤っているのはどれか。
1. 屈曲
2. 内旋
3. 内転
4. 回内

Back to Top

第4回・按マ指

問題 100運動療法で正しい記述はどれか。
1. 伸展運動は筋力を増す
2. 関節モビリゼーションは痛みと関係なく行う
3. 関節の可動域訓練は筋力のない患者にも行う
4. 抵抗運動は筋力2(可)の患者に行う

Back to Top

第4回・按マ指

問題 101温熱刺激の作用で誤っている記述はどれか。
1. 末梢血管が拡張する
2. 代謝が低下する
3. 関節の可動域の増加を助ける
4. 筋のスパズムが低下する

Back to Top

第4回・按マ指

問題 102脳卒中に属さない疾患はどれか。
1. 脳内出血
2. 脳梗塞
3. 脳腫瘍
4. くも膜下出血

Back to Top

第4回・按マ指

問題 103脊髄損傷について正しい記述はどれか。
1. 原因として血管障害が多い
2. 発症直後から腱反射が亢進する
3. 頸髄損傷では対麻痺となる
4. 膀胱直腸障害がおこる

Back to Top

第4回・按マ指

問題 104慢性関節リウマチで誤っている記述はどれか。
1. 高齢者の発症は少ない
2. 中手指節関節に多い
3. 炎症症状に応じて運動療法を行う
4. 関節可動域訓練は強力に行う

Back to Top

第4回・按マ指

問題 105脳性麻痺によく見られる状態として誤っているのはどれか。
1. 脳病変の進行
2. 運動発達の遅延
3. 筋緊張の亢進
4. 股関節脱臼の出現

Back to Top

第4回・按マ指

問題 106五十肩について誤っている記述はどれか。
1. 肩関節周囲炎と呼ばれる
2. 疼痛が治まるまで安静にする
3. 運動前に温熱療法を行う
4. 拘縮に対し滑車訓練を行う

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 89障害と対応との組合せで正しいのはどれか。
1. 能力低下---麻痺肢の筋力回復訓練
2. 筋力低下---装具の処方
3. 機能・形態障害---家屋改造指導
4. 機能・形態障害---ADL訓練

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 90歩行周期の遊脚相に含まれるのはどれか。
1. 踵接地
2. 足底接地
3. 加速期
4. 踏み切り

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 91異常歩行と原因の組合せで誤っているのはどれか。
1. 酩酊歩行---小脳疾患
2. 小刻み歩行---パーキンソン病
3. アヒル歩行---筋ジストロフィー
4. 鶏歩---股関節脱臼

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 92運動療法について誤っているのはどれか。
1. ブルンストローム法---関節可動域訓練
2. デローム法---筋力増強訓練
3. フレンケル体操---協調性訓練
4. ボバース法---神経筋再教育

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 93失語症について誤っている記述はどれか。
1. 運動性失語は発声器官が正常でも起こる
2. 大脳の劣位半球障害で起こる
3. 言語訓練には家族の協力をも求める
4. 言語訓練の内容は失語症の種類により異なる

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 94第6頸髄節まで機能残存の脊髄損傷患者が可能な動作で誤っているのはどれか。
1. 肩の外転
2. 肘の屈曲
3. 手関節の背屈
4. 手指の屈曲

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 95慢性関節リウマチで正しい記述はどれか。
1. 関節炎は大関節に起こりやすい
2. 進行しても関節拘縮は起こさない
3. 手指の尺側偏位を起こしやすい
4. 内臓病変を伴わない

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 96変形性膝関節症について誤っている記述はどれか。
1. 関節組織の退行変性による
2. 肥満は進行を助長する
3. 膝の外反変形を生じやすい
4. 大腿四頭筋の萎縮が起こる

Back to Top

第5回・按マ指

問題 97疾患と歩行との組合せで誤っているのはどれか。
1. パーキンソン病---こきざみ歩行
2. 脳性麻痺---アヒル歩行
3. 小脳性失調---よろめき歩行
4. 脳卒中---分回し歩行

Back to Top

第5回・按マ指

問題 98温熱の作用で誤っているのはどれか。
1. 疼痛の軽減
2. 関節可動域の増加
3. 筋スパズムの増強
4. 末梢血管の拡張

Back to Top

第5回・按マ指

問題 99脳性麻痺について正しい記述はどれか。
1. 脳の進行性病変に基づく障害である。
2. 神経生理学的訓練が行われる。
3. 手術的治療の対象とはならない。
4. 補装具による治療効果は期待できない。

Back to Top

第5回・按マ指

問題 100障害をもった個人としての機能の低下を表す言葉で正しいのはどれか。
1. 機能障害
2. 内部障害
3. 能力低下
4. 社会的不利

Back to Top

第5回・按マ指

問題 101通常のリハビリテーション施設で作業療法として行われないのはどれか。
1. ADL訓練
2. 機能回復訓練
3. 利き手交換
4. 職業訓練

Back to Top

第5回・按マ指

問題 102膝関節について誤っている記述はどれか。
1. 大腿骨と脛骨との角度は軽度内反している。
2. 内側と外側の半月板をもつ。
3. 大腿四頭筋は強力な伸筋である。
4. 膝蓋骨は種子骨である。

Back to Top

第5回・按マ指

問題 103脳卒中急性期の理学療法で適切でないのはどれか。
1. 体位変換
2. 良肢位の確保
3. 関節可動域訓練
4. 歩行訓練

Back to Top

第5回・按マ指

問題 104C6損傷(第7頸髄節以下の損傷)の患者ができない動作はどれか。
1. 自助具を用いた食事動作
2. 車椅子の駆動
3. 更衣動作
4. 杖による歩行

Back to Top

第5回・按マ指

問題 105慢性関節リウマチ患者の理学療法で適切でないのはどれか。
1. 鉄アレーを用いた筋力増強
2. 歩行器を用いた歩行訓練
3. 氷を用いた寒冷療法
4. パラフィンを用いた温熱療法

Back to Top

第5回・按マ指

問題 106変形性関節症の症状で誤っているのはどれか。
1. 関節強直
2. 歩行異常
3. 筋力低下
4. 運動時痛

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 89障害とそのアプローチとの組合せで誤っているのはどれか。
1. 機能障害---合併症の予防
2. 機能障害---装具による歩行訓練
3. 能力低下---利き手交換訓練
4. 社会的不利---家屋改造

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 90筋収縮について正しい記述はどれか。
1. 等張性収縮は等尺性収縮より筋持久力の増大効果がある。
2. 等張性収縮は等尺性収縮より循環器系へ負担がかかる。
3. 等張性収縮はギプス固定中の関節の運動に適している。
4. 等尺性収縮は遠心性収縮と求心性収縮とに分けられる。

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 91脳卒中患者の動作について正しい記述はどれか。
1. 衣服を脱ぐときは健側から行う。
2. ベッドから起きるときは患側を下にして行う。
3. ベッドからの移乗では車椅子を患側に置く。
4. 階段は健側から降りる。

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 92正しい立位のとき重心線が通る身体部位で誤っているのはどれか。
1. 肩峰
2. 大転子
3. 膝関節後面
4. 外果

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 93トレンデレンブルグ歩行の原因となる筋はどれか。
1. 中殿筋
2. 大殿筋
3. 大腿四頭筋
4. 前脛骨筋

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 94慢性閉塞性肺疾患の理学療法で誤っているのはどれか。
1. リラクゼーション
2. 胸式呼吸
3. 体位排痰
4. 歩行訓練

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 95脳卒中患者の合併症はどれか。
1. けいれん
2. 視床痛
3. 肩手症候群
4. 失語症

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 96末梢神経損傷で誤っている記述はどれか。
1. 神経伝導速度検査で異常を示す。
2. 支配領域の発汗障害をきたす。
3. 損傷軸索の再生時にチネル徴候がみられる。
4. ニューラプラキシアは神経の完全切断である。

Back to Top

第6回・按マ指

問題 97リハビリテーション領域で福祉事務所が主たる役割を担っているのはどれか。
1. 医学的リハビリテーション
2. 社会的リハビリテーション
3. 教育的リハビリテーション
4. 職業的リハビリテーション

Back to Top

第6回・按マ指

問題 98障害における能力低下の評価はどれか。
1. 関節可動域テスト
2. 徒手筋力テスト
3. 日常生活動作テスト
4. ブルンストーロムのステージ

Back to Top

第6回・按マ指

問題 99関節の運動方向と動作との組合せで正しいのはどれか。
1. 母指の対立---物をつまむ。
2. 前腕の回内---顔を洗う。
3. 肩の伸展---手を前にあげる。
4. 股関節の内旋---あぐらをかく。

Back to Top

第6回・按マ指

問題 100正常の歩行周期で踵接地の次にくるのはどれか。
1. 足底接地
2. 踵離れ
3. つま先離れ
4. 遊脚期

Back to Top

第6回・按マ指

問題 101水治療法に含まれないのはどれか。
1. 渦流浴
2. パラフィン浴
3. 交代浴
4. 気泡浴

Back to Top

第6回・按マ指

問題 102脳卒中片麻痺患者の歩行訓練で誤っている記述はどれか。
1. 立位バランス訓練を行った後に開始する。
2. 不安定な場合は脚杖を用いる。
3. 3点歩行ではまず健側下肢を前に出す。
4. 内反尖足には短下肢装具を用いる。

Back to Top

第6回・按マ指

問題 103脊髄損傷急性期の訓練で誤っているのはどれか。
1. 関節可動域訓練
2. 残存筋力維持訓練
3. 呼吸訓練
4. ねがえり動作訓練

Back to Top

第6回・按マ指

問題 104変形性膝関節症で適切でない記述はどれか。
1. 歩行開始時痛がある。
2. 関節水腫を起こす。
3. 大腿四頭筋の萎縮がみられる。
4. 外反変形が多い。

Back to Top

第6回・按マ指

問題 105慢性関節リウマチの温熱療法の効果で誤っている記述はどれか。
1. 関節の変形が改善する。
2. 関節の痛みが軽くなる。
3. 筋のスパズムが軽くなる。
4. 末梢血管が拡張する。

Back to Top

第6回・按マ指

問題 106脳性麻痺について誤っている記述はどれか。
1. 病型として痙直型が多い。
2. 聴力障害は言語発達を遅らせる。
3. 異常な運動パターンを示す。
4. 運動療法の開始は3歳まで待つ。

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 89内部障害に含まれないのはどれか。
1. 聴覚障害
2. 腎障害
3. 呼吸器障害
4. 循環器障害

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 90弛緩性麻痺の評価で適切でないのはどれか。
1. ブルンストロームのステージ
2. 日常生活動作テスト
3. 徒手筋力テスト
4. 四肢周径の測定

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 91正常立位姿勢のとき矢状面で人体の重心線が通過する部位として誤っているのはどれか。
1. 乳様突起付近
2. 第2仙椎の少し前方
3. 股関節の前方
4. 膝関節の前方

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 92歩行について誤っている記述はどれか。
1. 1サイクルは2歩に相当する。
2. 二重支持期がない場合は走行となる。
3. 重心の軌跡はサインカーブを描く。
4. バランスの悪い人は歩隔が狭くなる。

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 93脳卒中の障害で誤っている記述はどれか。
1. 多発性梗塞は痴呆の原因となる。
2. 舌、口唇の麻痺は失語症の原因となる。
3. 嚥下障害は肺炎の原因となる。
4. 肩手症候群は上肢痛の原因となる。

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 94脊髄損傷患者の排尿について誤っている記述はどれか。
1. 脊髄排尿中枢は仙髄にある。
2. 残尿は尿路感染の原因となる。
3. 持続カテーテル管理を第一目標とする。
4. 弛緩性膀胱では用手圧迫により行う。

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 95脳性麻痺について正しい記述はどれか。
1. 障害は1歳ころまで現れてこない。
2. 知的能力と機能障害とは一致しない。
3. 呼吸障害は伴わない。
4. 感覚障害は伴わない。

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 96腰痛の治療について誤っている記述はどれか。
1. 運動療法により姿勢の改善を図る。
2. ウィリアムズ体操は腰椎の伸展訓練である。
3. 間欠牽引はマッサージ効果を期待する。
4. 軟性コルセットは腹圧を高め症状を軽減する。

Back to Top

第7回・按マ指

問題 97障害とそのアプローチとの組合せで誤っているのはどれか。
1. 機能障害---外科的治療
2. 機能障害---特殊技能の獲得
3. 社会的不利---職場復帰の促進
4. 社会的不利---介護の保障

Back to Top

第7回・按マ指

問題 98身体障害に含まれないのはどれか。
1. 肢体不自由
2. 内部障害
3. 聴覚言語障害
4. てんかん

Back to Top

第7回・按マ指

問題 99前腕にのみみられる動きはどれか。
1. 回内
2. 屈曲
3. 伸展
4. 内転

Back to Top

第7回・按マ指

問題 100立位姿勢が安定する要因で正しい記述はどれか。
1. 重心の位置が高い。
2. 支持面が狭い。
3. 重心線が支持面に落ちる。
4. 体重が軽い。

Back to Top

第7回・按マ指

問題 101理学療法の内容で誤っているのはどれか。
1. 関節可動域訓練
2. 治療体操
3. 電気治療
4. 職業訓練

Back to Top

第7回・按マ指

問題 102脳卒中のリハビリテーションで誤っている記述はどれか。
1. 状態に関係なく直ちに開始する。
2. 良肢位保持は拘縮を予防する。
3. 健側肢の筋力強化を行う。
4. 体位変換は褥瘡を予防する。

Back to Top

第7回・按マ指

問題 103脳性麻痺の早期訓練開始の目的で誤っているのはどれか。
1. 脳損傷の改善
2. 二次的な知的発達遅滞の予防
3. 関節拘縮の予防
4. 正しい運動パターンの獲得

Back to Top

第7回・按マ指

問題 104慢性関節リウマチのリハビリテーションで適切でないのはどれか。
1. 巧緻動作訓練を行う。
2. 強い抵抗運動を行う。
3. 自助具を積極的に利用する。
4. 疼痛軽減に物理療法を行う。

Back to Top

第7回・按マ指

問題 105変形性膝関節症のリハビリテーションで適切でないのはどれか。
1. 大腿四頭筋の強化
2. ハムストリングのストレッチ
3. 安静保持の厳守
4. 標準体重の保持

Back to Top

第7回・按マ指

問題 106脊髄損傷のリハビリテーションについて誤っている組合せはどれか。
1. 斜面台---起立性低血圧の予防
2. 弾性ストッキング---骨萎縮の予防
3. プッシュアップ---移乗動作の獲得
4. マット訓練---起居動作の獲得

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 89障害のうち能力低下への対応で誤っているのはどれか。
1. 車椅子処方
2. ADL訓練
3. 利き手交換
4. 家屋改造

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 90障害の評価の目的で適切でないのはどれか。
1. 疾患原因の検討
2. 障害原因の検討
3. 治療目標の設定
4. 治療方法の検討

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 91効率の良い歩き方の特徴はどれか。
1. 立脚中期で膝関節は屈曲しない。
2. 重心は水平に移動する。
3. 骨盤は左右に移動する。
4. 骨盤は回旋しない。

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 92日常生活動作として適切でないのはどれか。
1. 歩行
2. 買物
3. 食事
4. 更衣

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 93脳卒中の回復に関して誤っている記述はどれか。
1. ブルンストロームのステージに従って回復する。
2. 発症後6か月ころから回復が著明となる。
3. 上肢の回復予後は一般に悪い。
4. ホームプログラムは機能維持に有用である。

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 94下肢の切断について誤っている記述はどれか。
1. 循環障害に起因する切断は減少している。
2. 拘縮の予防に腹臥位をとらせる。
3. 断端浮腫に対して弾性包帯をまく。
4. 幻肢は失われた部位が残っている感覚である。

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 95C6損傷(第7頸髄節以下の損傷)の患者ができない動作はどれか。
1. 寝返り動作
2. 坐位保持
3. 移乗動作
4. 起立動作

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 96慢性閉塞性肺疾患のリハビリテーションで適切でないのはどれか。
1. 気道の清浄化
2. 胸郭のストレッチ
3. 呼吸補助筋を使った呼吸
4. 口すぼめ呼吸訓練

Back to Top

第8回・按マ指

問題 97経済的問題の解決を図るリハビリテーションの分野はどれか。
1. 医学的リハビリテーション
2. 教育的リハビリテーション
3. 社会的リハビリテーション
4. 職業的リハビリテーション

Back to Top

第8回・按マ指

問題 98四肢の計測で誤っている組合せはどれか。
1. 上肢長---肩峰から示指尖
2. 下肢長---上前腸骨棘から内果
3. 上腕周径---最大部
4. 下腿周径---最大部

Back to Top

第8回・按マ指

問題 99徒手筋力テストで重力除去すれは完全に運動できるのはどれか。
1. 筋力5
2. 筋力4
3. 筋力3
4. 筋力2

Back to Top

第8回・按マ指

問題 100関節の種類でラセン関節に分類されるのはどれか。
1. 橈骨手根関節
2. 第1手根中手関節
3. 距腿関節
4. 肩関節

Back to Top

第8回・按マ指

問題 101補装具に分類されるのはどれか。
1. 平行棒
2. マット
3. 低周波治療器
4. 義足

Back to Top

第8回・按マ指

問題 102片麻痺患者の3動作での平行棒内歩行で正しい順序はどれか。
1. 手→患側→健側
2. 手→健側→患側
3. 患側→手→健側
4. 健側→手→患側

Back to Top

第8回・按マ指

問題 103脊髄損傷について誤っている記述はどれか。
1. 頸髄損傷の好発都位は第5〜6頸推部である。
2. 受傷直後は痙性麻痺となる。
3. 排尿障害を伴う。
4. 自律神経障害を伴う。

Back to Top

第8回・按マ指

問題 104脳性麻痺について誤っている記述はどれか。
1. 脳の非進行性病変で起こる。
2. 症状は生後4週間以内に発現する。
3. アテトーゼ型は不随意運動を呈する。
4. 痙直型は関節の変形が起こりやすい。

Back to Top

第8回・按マ指

問題 105慢性関節リウマチについて誤っている記述はどれか。
1. 膠原病に属する。
2. 男性に多い。
3. 疼痛は気候と関係が深い。
4. 筋力訓練は自動運動を中心に行う。

Back to Top

第8回・按マ指

問題 106骨折のリハビリテーションについて誤っている記述はどれか。
1. 固定中の関節は等張性の運動を行う。
2. 固定されていない関節の運動も行う。
3. 下肢では段階的な荷重歩行訓練を行う。
4. 関節可動域訓練前に温熱療法を行う。

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 89社会的不利について正しい記述はどれか。
1. 一人で服を着替えることができない。
2. 麻痺のため手が動かない。
3. 車椅子の操作ができない。
4. 段差があり車椅子で公園に入れない。

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 90股関節について誤っている記述はどれか。
1. 大腿骨頭の約2/3は寛骨臼の中にある。
2. 正常の頸体角は約120〜130度である。
3. ハムストリングスは屈曲に作用する。
4. 屈曲角度は膝の伸展時より屈曲時の方が大きい。

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 91正常歩行において遊脚期に活動がみられない筋はどれか。
1. 前脛骨筋
2. ヒラメ筋
3. 大腿四頭筋
4. 腸腰筋

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 92関節可動域測定で誤っている記述はどれか。
1. 肩の屈曲は肩峰を通る床への垂直線を基本軸とする。
2. 手関節の屈曲は橈骨と第5中手骨との角度を測る。
3. 股関節の外転は大腿中央線を移動軸とする。
4. 膝の屈曲は大腿骨と腓骨との角度を測る。

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 93脳卒中片麻痺患者リハビリテーションについて誤っている記述はどれか。
1. 家屋の構造を知る必要がある。
2. 介助の軽減は目的の一つとなる。
3. 発症後6か月で完結させる。
4. 弛緩麻痺の期間が長いと到達レベルは低い。

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 94脊髄損傷の理学療法で誤っているのはどれか。
1. 1日2回の体位変換を行う。
2. 呼吸訓練を行う。
3. 褥瘡予防にプッシュアップを行う。
4. 下位腰髄損傷では実用的な歩行を目指す。

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 95末梢神経損傷におけるリハビリテーションとその目的との組合せで誤っているのはどれか。
1. 関節可動域訓練---拘縮の予防
2. 自動介助運動---筋の再教育
3. 装具の装着---変形の予防
4. 自助具の使用---筋力の強化

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 96心疾患における運動強度の指漂として適切でないのはどれか。
1. 6分間歩行テスト
2. メッツ(METS)
3. 脈拍数
4. 血圧

Back to Top

第9回・按マ指

問題 97WHOの定義による障害分類で誤っているのはどれか。
1. 能力低下
2. 機能障害
3. 後遺障害
4. 社会的不利

Back to Top

第9回・按マ指

問題 98リハビリテーションにおける目標の設定で誤っているのはどれか。
1. 疾病の治癒を目指す。
2. 障害者のニーズに応じて行う。
3. 最大限の身体機能を予測して行う。
4. 補装具製作を計画に入れる。

Back to Top

第9回・按マ指

問題 99感覚性失語症がみられるのはどれか。
1. 前頭葉障害
2. 側頭葉障害
3. 頭頂葉障害
4. 後頭葉障害

Back to Top

第9回・按マ指

問題 100肩関節の外転運動に関与しないのはどれか。
1. 胸鎖関節
2. 胸肋関節
3. 肩鎖関節
4. 肩甲上腕関節

Back to Top

第9回・按マ指

問題 101異常歩行について正しい組合せはどれか。
1. 分回し歩行---小脳性失調
2. 小きざみ歩行---パーキンソン病
3. はさみ足歩行---進行性筋ジストロフィー症
4. トレンデレンブルグ歩行---脊髄損傷

Back to Top

第9回・按マ指

問題 102脳卒中急性期の理学療法で誤っている記述はどれか。
1. 体位変換を2時間毎に行う。
2. 肩関節は軽度外転外旋位に保持する。
3. 手指の関節は伸展位に保持する。
4. 関節可動域訓練を行う。

Back to Top

第9回・按マ指

問題 103脳性麻痺の早期治療の目的で誤っているのはどれか。
1. 正しい運動パターンを獲得する。
2. 二次的な知能の発達遅延を予防する。
3. 立ち直り反射を抑制する。
4. 拘縮を予防する。

Back to Top

第9回・按マ指

問題 104胸髄損傷による対麻痺患者ができない活動はどれか。
1. 入浴
2. 杖なし歩行
3. バスケットボール
4. 車の運転

Back to Top

第9回・按マ指

問題 105片麻痺で亜脱臼が起こりやすい関節はどれか。
1. 肩関節
2. 肘関節
3. 股関節
4. 膝関節

Back to Top

第9回・按マ指

問題 106腰痛の治療について正しい記述はどれか。
1. 極超短波は衣服の上からの照射では効果かない。
2. 軟性コルセットは主に脊柱の動きを制限して効果を示す。
3. 持続牽引は20Kg程度の重錘で行う。
4. ウィリアムズ体操は少なくとも3か月以上続ける。

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 89内部障害はどれか。
1. 視覚障害
2. 聴覚言語障害
3. 肢体不自由
4. 膀胱直腸障害

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 90手根管を通過しないのはどれか。
1. 浅指屈筋腱
2. 深指屈筋腱
3. 正中神経
4. 尺骨神経

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 91正常歩行周期について誤っている記述はどれか。
1. 立脚期と遊脚期の比率は6対4である。
2. 重心が最も低くなるのは立脚中期である。
3. 骨盤の回旋は重心の上下動を小さくする。
4. 一側の膝関節は屈曲と伸展をそれぞれ2回行う。

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 92片麻痺の理学療法で正しい記述はどれか。
1. マット上で膝立ち訓練を行う。
2. 立位保持は膝の過伸展を利用する。
3. 杖歩行では杖の次に健側下肢を前に出す。
4. 浴槽へは患側下肢から入る。

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 93脳性麻痺について正しい記述はどれか。
1. 痙直型は腱反射が低下する。
2. アテトーゼ型は不随意運動がみられない。
3. 失調型は平衡機能が保たれる。
4. 弛緩型は抗重力姿勢が保てない。

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 94頸髄損傷患者の障害でないのはどれか。
1. 四肢麻痺
2. 失禁
3. 嚥下障害
4. 肺活量低下

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 95慢性関節リウマチの理学療法で適切でない記述はどれか。
1. 全身訓練により呼吸運動の維持を図る。
2. 関節可動域訓練は愛護的に行う。
3. 筋力維持増強訓練は他動運動を中心に行う。
4. 疼痛を軽減する目的でホットパックを用いる。

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 96変形性膝関節症について誤っている記述はどれか。
1. 肥満は悪化要因になる。
2. 進行すると外反変形を生じやすい。
3. 大腿四頭筋の徒手抵抗運動を行う。
4. 側方不安定性には装具を用いる。

Back to Top

第10回・按マ指

問題 97運動障害について誤っている組合せはどれか。
1. 錐体路障害---痙性麻痺
2. 錐体外路障害---不随意運動
3. 脊髄損傷---固縮
4. 末梢神経損傷---弛緩性麻痺

Back to Top

第10回・按マ指

問題 98肩関節の運動方向で誤っているのはどれか。
1. 伸展
2. 外転
3. 内旋
4. 外反

Back to Top

第10回・按マ指

問題 99医療ソーシャルワーカーが行うのはどれか。
1. 社会資源を紹介し活用する。
2. 障害児への特殊教育を行う。
3. 職業的リハビリテーションを行う。
4. 応用動作訓練を行う。

Back to Top

第10回・按マ指

問題 100立位時に生理的にみられないのはどれか。
1. 頸椎前弯
2. 腰椎後弯
3. 膝関節外反
4. 足のアーチ

Back to Top

第10回・按マ指

問題 101脳卒中患者の杖歩行で誤っている記述はどれか。
1. 杖は健側で持つ。
2. 杖の次に健側下肢を前に出す。
3. 初期は4支点杖が安全である。
4. 上達すると揃え型から前型になる。

Back to Top

第10回・按マ指

問題 102脳卒中患者の二次合併症はどれか。
1. 言語障害
2. 運動麻痺
3. 関節拘縮
4. 排泄障害

Back to Top

第10回・按マ指

問題 103慢性関節リウマチの自助具として適切でないのはどれか。
1. 柄の短い歯ブラシ
2. 握りの太いスプーン
3. 柄の直角なフォーク
4. てこを応用した蛇口ひねり

Back to Top

第10回・按マ指

問題 104骨折について誤っている記述はどれか。
1. 介達牽引は皮膚に絆創膏を巻きつけ、その上から牽引する。
2. 直達牽引は骨に鋼線を刺入して牽引する。
3. ギプス固定中も等尺性筋力強化を行う。
4. 関節可動域訓練は骨癒合が完成してから行う。

Back to Top

第10回・按マ指

問題 105頸髄損傷のリハビリテーションで誤っている記述はどれか。
1. C4損傷では電動車椅子を用いる。
2. C4損傷ではプッシュアップが可能となる。
3. C6損傷では寝返りが可能となる。
4. C6損傷では坐位保持が可能となる。

Back to Top

第10回・按マ指

問題 106腰痛の治療で適切でない記述はどれか。
1. 急性期には間歇牽引を行う。
2. 持続牽引は6〜8kgの重錘で行う。
3. 温熱療法は筋肉のスバズムを除く効果がある。
4. 運動療法は腹筋の強化を行う。

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 89関節運動で伸展40°が可能な関節はどれか。
1. 肩関節
2. 肘関節
3. 股関節
4. 膝関節

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 90肩の腱板を形成しない筋はどれか。
1. 大円筋
2. 肩甲下筋
3. 棘上筋
4. 小円筋

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 91廃用症候群に含まれないのはどれか。
1. 筋萎縮
2. 麻痺
3. 関節拘縮
4. 褥瘡

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 92慢性閉塞性肺疾患に対する肺理学療法で誤っているのはどれか。
1. 深い呼吸
2. ゆっくりとした呼吸
3. 呼吸補助筋を使った呼吸
4. 横隔膜を使った呼吸

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 93末梢神経麻痺と装具との組合せで適切でないのはどれか。
1. 正中神経麻痺---短対立副子
2. 尺骨神経麻痺---ナックルベンダー
3. 総腓骨神経麻痺---短下肢装具
4. 脛骨神経麻痺---長下肢装具

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 94温熱療法の効果で誤っているのはどれか。
1. 血液循環の改善
2. 新陳代謝の抑制
3. 痛みの軽減
4. 痙性の抑制

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 95脳卒中急性期の背臥位での良肢位として誤っているのはどれか。
1. 枕を高めにする。
2. 患側肩甲帯を前に出す。
3. 両骨盤を水平にする。
4. 股関節を内外旋中間位にする。

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 96トーマステストの目的はどれか。
1. 腰部神経根圧迫の有無
2. 背筋の緊張の有無
3. 腸腰筋拘縮の有無
4. ハムストリングス短縮の有無

Back to Top

第11回・按マ指

問題 97温熱療法に用いられないのはどれか。
1. 極超短波
2. 低周波
3. 赤外線
4. 超音波

Back to Top

第11回・按マ指

問題 98筋力と運動療法との組合せで適切でないのはどれか。
1. 筋力0---他動運動
2. 筋力1---自動介助運動
3. 筋力2---抵抗運動
4. 筋力3---自動運動

Back to Top

第11回・按マ指

問題 99股関節を動かす作用のない筋はどれか。
1. 大内転筋
2. 縫工筋
3. 半腱様筋
4. 外側広筋

Back to Top

第11回・按マ指

問題 100治療体操と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
1. フレンケル体操---脊柱側弯症
2. ウィリアムズ体操---腰痛症
3. バージャー体操---下肢血行障害
4. コッドマン体操---肩関節周囲炎

Back to Top

第11回・按マ指

問題 101障害分類における機能障害でないのはどれか。
1. 筋力低下
2. 知覚低下
3. 歩行困難
4. 記憶障害

Back to Top

第11回・按マ指

問題 102動作と関節の運動方向との組合せで正しいのはどれか。
1. ワイシャツのボタンをかける---肩関節外旋
2. 顔を洗う---前腕回外
3. あぐらをかく---股関節内旋
4. 背伸びをする---足関節伸展

Back to Top

第11回・按マ指

問題 103仙骨部褥瘡の予防対策で誤っているのはどれか。
1. 栄養状態を良くする。
2. 頻回に体位変換を行う。
3. 仙骨部周囲を清潔に保つ。
4. 発赤した皮膚を強く擦る。

Back to Top

第11回・按マ指

問題 104脳卒中患者への指導で正しい記述はどれか。
1. ベッド上の仰臥位から足を降ろして座る時は患側からベッドに近づく。
2. 車いすからベッドに移る時は患側からベッドに近づく。
3. 階段を降りる時は患側から足を前に出す。
4. シャツを脱ぐ時は患側の袖から脱ぐ。

Back to Top

第11回・按マ指

問題 105痙性麻痺を呈するのはどれか。
1. 頸椎症性脊髄症
2. 腕神経叢麻痺
3. ポリオ
4. 手根管症候群

Back to Top

第11回・按マ指

問題 106疾患とその治療との組合せで誤っているのはどれか。
1. 関節リウマチ---パラフィン浴
2. 肩関節周囲炎---ホットパック
3. 総腓骨神経麻痺---低周波療法
4. 閉塞性動脈硬化症---寒冷療法

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 89身体障害者手帳の交付が最も多いのはどれか。
1. 視覚障害
2. 聴覚・言語障害
3. 肢体不自由
4. 内部障害

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 90種々の手段を用い、応用動作の向上や社会適応能力の回復を目的として行われるのはどれか。
1. 理学療法
2. 作業療法
3. 心理療法
4. ソーシャルワーク

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 91関節リウマチのリハビリテーションで誤っている記述はどれか。
1. 運動時痛を伴う間は関節の安静を保つ。
2. 筋力強化は等尺性運動を基本とする。
3. 関節可動域訓練は可動範囲いっぱいに動かす。
4. 疼痛を軽減する目的で温熱療法を併用する。

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 92歩行時の重心移動を滑らかにする身体の仕組みで誤っている記述はどれか。
1. 立脚中期に膝関節が屈曲する。
2. 遊脚側の骨盤が前方に回旋する。
3. 骨盤が立脚側に側方移動する。
4. 遊脚側の骨盤が挙上する。

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 93脳性麻痺について誤っている組合せはどれか。
1. 痙直型---腱反射亢進
2. 弛緩型---抗重力姿勢保持困難
3. 強剛型---関節拘縮
4. アテトーゼ型---鉛管現象

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 94脳卒中による右片麻痺患者にみられる症状で誤っているのはどれか。
1. 失語症
2. 左半側空間失認
3. 両眼での右側視野の欠損
4. 右上下肢の知覚障害

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 95頸髄損傷急性期にみられない症状はどれか。
1. 腸閉塞
2. 弛緩性運動麻痺
3. 反射性排尿
4. 発汗障害

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 96慢性閉塞性肺疾患に対する理学療法の目的で誤っているのはどれか。
1. 残気量の増大
2. 換気量の増大
3. 1秒率の増大
4. 気道分泌物の排出

Back to Top

第12回・按マ指

問題 97職種とその業務との組合せで誤っているのはどれか。
1. 作業療法士---社会的適応能力訓練
2. 言語聴覚士---コミュニケーション訓練
3. 義肢装具士---義足の処方
4. 医療ソーシャルワーカー---社会資源の活用

Back to Top

第12回・按マ指

問題 98日常生活関連動作(APDL)はどれか。
1. 整容
2. 洗濯
3. 入浴
4. 更衣

Back to Top

第12回・按マ指

問題 99手指変形で遠位指節間関節が過伸展位となるのはどれか。
1. 手内在筋劣位の変形
2. 槌指
3. ボタン穴変形
4. スワンネック変形

Back to Top

第12回・按マ指

問題 100関節可動域で誤っている記述はどれか。
1. 肩関節屈曲は伸展より大きい。
2. 手関節橈屈は尺屈より大きい。
3. 股関節外転は内転より大きい。
4. 足関節屈曲は伸展より大きい。

Back to Top

第12回・按マ指

問題 101片麻痺の伸展共同運動でみられるのはどれか。
1. 肩甲帯挙上
2. 肩関節外転
3. 肩関節外旋
4. 前腕回内

Back to Top

第12回・按マ指

問題 102パーキンソン病にみられる運動障害で適切でないのはどれか。
1. 折りたたみナイフ現象
2. リズム形成障害
3. すくみ現象
4. 運動の切り換え困難

Back to Top

第12回・按マ指

問題 103廃用症候群でみられるのはどれか。
1. 肥満
2. 筋肥大
3. 肝硬変
4. 尿路結石

Back to Top

第12回・按マ指

問題 104下肢の痙性麻痺がみられるのはどれか。
1. 頸髄損傷不全麻痺
2. 腰椎椎間板ヘルニア
3. 閉塞性動脈硬化症
4. 総腓骨神経麻痺

Back to Top

第12回・按マ指

問題 105脳性麻痺患者に伴わないのはどれか。
1. 骨格の変形
2. 知的障害
3. 感覚機能の障害
4. 脳病変の進行

Back to Top

第12回・按マ指

問題 106体内金属埋め込み部位への施行が禁忌なのはどれか。
1. 赤外線
2. 極超短波
3. ホットパック
4. アイスマッサージ

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 89IL運動(自立生活運動)の思想で正しいのはどれか。
1. 身の回りのことで他人の助けを借りてはならない。
2. 障害者の自己決定には責任と義務を伴う。
3. 職業を身につけることを最高の目標とする。
4. 障害者だけが住む施設内で生活する。

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 90改訂長谷川式簡易知能評価スケールの質問内容で誤っているのはどれか。
1. 年齢
2. 言葉の記憶
3. 数字の逆唱
4. 漢字の読み

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 91正常歩行の立脚中期から後期にかけて強く収縮する筋はどれか。
1. 大腿四頭筋
2. ハムストリングス
3. 前脛骨筋
4. 下腿三頭筋

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 92脳卒中のリハビリテーションで正しい記述はどれか。
1. 意識障害が強い患者では関節可動域訓練は禁忌である。
2. 坐位が安定していなくても歩行訓練を開始する。
3. 歩行が自立していなくてもセルフケア訓練を開始する。
4. 下肢麻痩が共同運動レベルでは装具歩行ができない。

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 93母指と示指で輪を作ることが模倣できない患者で疑われるのはどれか。
1. 半側空間無視
2. 構成失行
3. 観念失行
4. 観念運動失行

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 94脊髄損傷による膀胱直腸障害でないのはどれか。
1. 無尿
2. 失禁
3. 尿閉
4. 便秘

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 95下肢切断と起こりやすい関節拘縮との組合せで誤っているのはどれか。
1. 大腿切断---股関節屈曲拘縮
2. 下腿切断---膝関節屈曲拘縮
3. サイム切断---膝関節伸展拘縮
4. リスフラン関節離断---足関節屈曲拘縮

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 96神経麻痺と装具との組合せで正しいのはどれか。
1. 正中神経麻痺---長対立副子
2. 尺骨神経麻痺---コックアップスプリント
3. 大腿神経麻痺---短下肢装具
4. 総腓骨神経麻痺---PTB免荷装具

Back to Top

第13回・按マ指

問題 97ノーマライゼーションの考え方として正しいのはどれか。
1. 障害のある者とない者が地域で共に暮らす。
2. 理学療法によって身体障害を取り除く。
3. 障害者同志の心の交流を図る会を作る。
4. 障害者の健康増進を目指す。

Back to Top

第13回・按マ指

問題 98障害分類における機能障害はどれか。
1. 歩けない。
2. 嚥下ができない。
3. 着替えができない。
4. トイレ動作ができない。

Back to Top

第13回・按マ指

問題 99運動療法の効果で誤っているのはどれか。
1. 筋力の増大
2. 関節拘縮の改善
3. 断裂した靱帯の修復
4. 持久力の改善

Back to Top

第13回・按マ指

問題 100温熱効果が期待できないのはどれか。
1. 赤外線療法
2. 超音波療法
3. 低周波療法
4. 極超短波療法

Back to Top

第13回・按マ指

問題 101前腕が回外位となる動作はどれか。
1. ピアノを弾く。
2. 瓶のふたを開ける。
3. 床にぞうきんがけをする。
4. 両手で水をすくう。

Back to Top

第13回・按マ指

問題 102鶏歩がみられるのはどれか。
1. パーキンソン病
2. 筋ジストロフィー症
3. 膝前十字靱帯損傷
4. 総腓骨神経麻痺

Back to Top

第13回・按マ指

問題 103脳梗塞急性期の患者で運動を開始してはならないのはどれか。
1. 収縮期血圧が150mmHg
2. 脈拍が毎分150回
3. 呼吸数が毎分12回
4. 体温が35.2℃

Back to Top

第13回・按マ指

問題 104生後4か月児で発達異常が疑われるのはどれか。
1. 首がすわらない。
2. 寝返りを打たない。
3. ガラガラを握らない。
4. 母親を呼ばない。

Back to Top

第13回・按マ指

問題 105変形性膝関節症患者に勧めるものとして誤っているのはどれか。
1. 柔軟体操
2. プール内歩行
3. 登山
4. 適正体重の維持

Back to Top

第13回・按マ指

問題 106腰痛の運動療法で正しいのはどれか。
1. 治療よりも予防が主な目的である。
2. 速いスピードで体幹を動かす。
3. 体幹の回旋運動は行わない。
4. 腰椎前弯が増強する姿勢を指導する。

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 89職種と業務内容との組合せで正しいのはどれか。
1. 言語聴覚士---人工内耳の作製
2. 作業療法士---自助具の作製
3. 理学療法士---神経ブロック注射
4. 介護支援専門員---腰痛体操の指導

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 90徒手筋力テストにおいて、重力に逆らうことはできないが、重力がなければ動かせる筋肉のグレードはどれか。
1. MMT4
2. MMT3
3. MMT2
4. MMT1

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 91廃用症候群の症候として正しいのはどれか。
1. 意識障害
2. 関節拘縮
3. 尿失禁
4. けいれん

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 92下肢の筋緊張が増強しないのはどれか。
1. 頸髄不全麻痺
2. パーキンソン病
3. 痙直型脳性麻痺
4. 腰椎椎間板ヘルニア

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 93病態と装具との組合せで正しいのはどれか。
1. 外反母趾---長下肢装具
2. 正中神経麻痺---コックアップスプリント
3. 脳卒中片麻痺---PTB装具
4. 腰椎圧迫骨折---体幹装具

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 94脊髄損傷完全麻痺について正しい組合せはどれか。
1. 第3頸髄レベル---人工呼吸器
2. 第7頸髄レベル---電動車いす
3. 第3胸髄レベル---長下肢装具
4. 第12胸髄レベル---短下肢装具

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 95慢性閉塞性肺疾患のリハビリテーション内容で誤っているのはどれか。
1. リラクゼーション
2. 口すぼめ呼吸
3. 速い呼吸パターン指導
4. 四肢・体幹の筋力強化

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 96大腿骨頸部骨折で手術直後に行わないのはどれか。
1. 創部へのホットパック
2. 両下肢の関節可動域訓練
3. ベッド上での体位交換
4. 車いす座位訓練

Back to Top

第14回・按マ指

問題 95リハビリテーションの理念として誤っている記述はどれか。
1. 障害者も健常者も一緒に社会で生活する。
2. 障害者が日常生活で必要に応じて健常者の助けを借りる。
3. 障害者と高齢者では人間としての社会的価値は異なる。
4. 障害者の自己決定権は尊重される。

Back to Top

第14回・按マ指

問題 96関節運動と最大可動域との組合せで正しいのはどれか。
1. 肩関節外旋---45度
2. 前腕回内---10度
3. 股関節外旋---45度
4. 足関節屈曲(底屈)---20度

Back to Top

第14回・按マ指

問題 97病態と対応する義肢装具との組合せで誤っているのはどれか。
1. 正中神経麻痺---対立装具
2. 大腿切断---PTB義足
3. 総腓骨神経麻痺---短下肢装具
4. 変形性膝関節症---足底装具

Back to Top

第14回・按マ指

問題 98車いすのパーツの名称として誤っているのはどれか。
1. シレジアバンド
2. ハンドリム
3. フットレスト
4. 大車輪

Back to Top

第14回・按マ指

問題 99健常成人の立位姿勢で側方からみて重心線が通らないのはどれか。
1. 耳垂
2. 胸骨
3. 大転子
4. 膝関節前面

Back to Top

第14回・按マ指

問題 100正常歩行の立脚中期にみられないのはどれか。
1. 骨盤の傾斜
2. 膝関節屈曲
3. 足関節屈曲(底屈)
4. 下腿三頭筋の収縮

Back to Top

第14回・按マ指

問題 101脳卒中急性期にみられない症状はどれか。
1. 肩手症候群
2. 嚥下障害
3. 半側空間無視
4. 運動性失語

Back to Top

第14回・按マ指

問題 102呼吸器疾患のリハビリテーションで誤っているのはどれか。
1. 速い呼吸を行わせる。
2. 腹式呼吸を指導する。
3. 呼気時に口をすぼめる。
4. 胸郭のストレッチを行う。

Back to Top

第14回・按マ指

問題 103訓練法と疾患との組合せで正しいのはどれか。
1. ボバース---五十肩
2. フレンケル---脳性麻痺
3. コッドマン---運動失調
4. ウィリアムズ---腰痛症

Back to Top

第14回・按マ指

問題 104大腿骨頸部骨折に対する人工骨頭置換術後のリハビリテーションで誤っているのはどれか。
1. 臥床中の排痰訓練
2. 両下肢の関節可動域訓練
3. 座位からの立ち上がり訓練
4. 患部への極超短波療法

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 87成人の身体障害者について正しい記述はどれか。
1. 嚥下障害は聴覚・言語障害に分類される。
2. 最近では視覚障害者の増加率が最も高い。
3. 糖尿病は内部障害者として分類される。
4. 肢体不自由障害者の割合が最も多い。

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 88介護支援専門員の業務内容で正しいのはどれか。
1. 介護度の認定
2. 訪問介護の実施
3. 居宅療養管理指導
4. ケアプランの策定

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 89大腿四頭筋の徒手筋力テストの際、被検者を側臥位で評価しなければならない筋力はどれか。
1. MMT0
2. MMT2
3. MMT3
4. MMT5

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 90ADLに分類されるのはどれか。
1. 買い物
2. 自動車運転
3. 整容
4. バス乗車

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 91長期臥床でみられやすい拘縮として誤っているのはどれか。
1. 肩関節屈曲
2. 股関節屈曲
3. 膝関節屈曲
4. 足関節屈曲(底屈)

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 92頸髄損傷の症状で誤っているのはどれか。
1. 関節異所性骨化
2. 起立性低血圧
3. 観念運動失行
4. 体温調節障害

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 93脳性麻痺の病型として誤っているのはどれか。
1. 感覚障害型
2. 運動失調型
3. 痙直型
4. アテトーゼ型

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 94腰痛患者のリハビリテーションで誤っているのはどれか。
1. 膝と股関節を軽く屈曲して寝るように指導する。
2. 物を持ち上げる際には中腰姿勢をとるように指導する。
3. 腹筋の筋力増強訓練をする。
4. 股関節のストレッチ体操を指導する。

Back to Top

第15回・按マ指

問題 91障害分類における参加の制約(社会的不利)の評価項目として誤っているのはどれか。
1. 経済状態
2. 家族構成
3. 家屋構造
4. 家事動作

Back to Top

第15回・按マ指

問題 92右大殿筋の徒手筋力テストの際、3以上の場合に検査時の体位で正しいのはどれか。
1. 背臥位
2. 腹臥位
3. 右側臥位
4. 左側臥位

Back to Top

第15回・按マ指

問題 93運動療法の効果で誤っているのはどれか。
1. 最大酸素摂取量の増加
2. 収縮期血圧の低下
3. 腎機能の改善
4. 糖代謝の改善

Back to Top

第15回・按マ指

問題 94マイクロウェーブ(極超短波)の禁忌とされるのはどれか。
1. 人口透析患者
2. 肝不全患者
3. 慢性呼吸不全患者
4. 心臓ペースメーカー患者

Back to Top

第15回・按マ指

問題 95廃用症候群に含まれないのはどれか。
1. 胆石
2. 骨萎縮
3. 起立性低血圧
4. 沈下性肺炎

Back to Top

第15回・按マ指

問題 96下肢の筋緊張が増強するのはどれか。
1. 腰部脊柱管狭窄症
2. 坐骨神経麻痺
3. 胸髄損傷
4. ポリオ

Back to Top

第15回・按マ指

問題 97突進歩行がみられるのはどれか。
1. パーキンソン病
2. 先天性股関節脱臼
3. 腰椎椎間板ヘルニア
4. 進行性筋ジストロフィー

Back to Top

第15回・按マ指

問題 98ブルンストロームステージで「痙性が高度であり、随意的な共同運動は十分にできるが分離運動はできない。」のはどれか。
1. ステージII
2. ステージIII
3. ステージIV
4. ステージV

Back to Top

第15回・按マ指

問題 99C6完全損傷(第6頸髄節残存)について正しい記述はどれか。
1. 手関節背屈筋力は正常である。
2. 乳頭周囲の感覚は障害されない。
3. セルフケアは全介助である。
4. 杖と下肢装具を用いて歩行できる。

Back to Top

第15回・按マ指

問題 100コッドマン体操を行う際の正しい記述はどれか。
1. 直立姿勢で行う。
2. 片側ずつ実施する。
3. 体操前に肩をクーリングする。
4. おもりはできるだけ重い物を用いる。

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 84我が国で身体障害者手帳の対象とならない病態はどれか。
1. 片麻痺
2. 失語症
3. 記憶障害
4. 慢性腎不全

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 85次の運動のなかで関節可動域の角度が最大はどれか。
1. 肩関節伸展(後方挙上)
2. 手関節屈曲(掌屈)
3. 股関節外転
4. 膝関節伸展

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 86関節リウマチ患者の筋力増強法として最も適切なのはどれか。
1. 等運動性訓練
2. 求心性筋収縮訓練
3. 遠心性筋収縮訓練
4. 等尺性筋収縮訓練

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 87痙縮の理学療法として有効でないのはどれか。
1. 温熱療法
2. 痙縮筋の筋力増強
3. 痙縮筋の持続伸張(ストレッチ)
4. 拮抗筋の収縮

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 88短下肢装具が用いられるのはどれか。
1. 下腿切断
2. 変形性膝関節症
3. 総腓骨神経麻痺
4. 閉塞性動脈硬化症

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 89歩行周期の踵接地時に筋活動を認める筋はどれか。
1. 大殿筋
2. 前脛骨筋
3. ヒラメ筋
4. 大内転筋

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 90ウェルニッケ失語で正しいのはどれか。
1. 流暢な発話
2. 聴覚の異常
3. 麻痺性構音障害
4. 見当識障害

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 91脳性麻痺でみられにくいのはどれか。
1. 尿閉
2. けいれん
3. 嚥下困難
4. 言語発達遅延

Back to Top

第16回・按マ指

問題 91国際生活機能分類(ICF)において、「課題や行為の個人による遂行」にあたるのはどれか。
1. 心身機能
2. 身体構造
3. 活動
4. 参加

Back to Top

第16回・按マ指

問題 92四肢の周径測定の際にその最大部を測定に用いないのはどれか。
1. 上腕周径
2. 前腕周径
3. 大腿周径
4. 下腿周径

Back to Top

第16回・按マ指

問題 93徒手筋力テストでMMT3以上の場合に側臥位で測定するのはどれか。
1. 中殿筋
2. 腸腰筋
3. 大腿四頭筋
4. 前脛骨筋

Back to Top

第16回・按マ指

問題 94改訂版長谷川式簡易知能評価スケールの質問内容として誤っているのはどれか。
1. お歳はいくつですか。
2. 右手を上げて下さい。
3. これから言う数字を逆から言って下さい。
4. 100から7を順番に引いて下さい。

Back to Top

第16回・按マ指

問題 95温熱療法について誤っている記述はどれか。
1. パラフィン浴は通常50~55℃で用いる。
2. 超音波は深部温熱に分類される。
3. 極超短波は皮下に金属がある場合には禁忌とされる。
4. 紫外線を用いる。

Back to Top

第16回・按マ指

問題 96脳卒中片麻痺に起こりやすい拘縮肢位として誤っているのはどれか。
1. 肩関節内転・内旋位
2. 手指伸展位
3. 足関節内反尖足位
4. 股関節屈曲位

Back to Top

第16回・按マ指

問題 97第5頸髄節レベル残存の脊髄損傷完全麻痺患者で可能なのはどれか。
1. プッシュアップ動作
2. 機能的把持副子によるつまみ動作
3. 自助具による食事動作
4. にぎり動作

Back to Top

第16回・按マ指

問題 98脳性麻痺を疑う根拠として誤っている記述はどれか。
1. 超低出生体重児である。
2. 新生児期に重症黄疸を認める。
3. 頸定(首のすわり)が生後6か月目に始まる。
4. びっくり反射(モロー反射)が生後3か月でみられる。

Back to Top

第16回・按マ指

問題 99腰痛に対する運動療法で誤っているのはどれか。
1. 腰椎から骨盤にかけてのアライメント矯正
2. 体幹・下肢のストレッチ
3. 体幹筋の筋力強化
4. 体幹の速い回旋運動

Back to Top

第16回・按マ指

問題 100呼吸困難の程度を表わす分類はどれか。
1. ヒュー・ジョーンズ
2. スタインブロッカー
3. ウェクスラー
4. ブルンストローム

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 84内部障害に含まれるのはどれか。
1. そしゃく機能障害
2. 小腸機能障害
3. 脊髄機能障害
4. 高次脳機能障害

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 85脳梗塞において運動負荷が禁忌となるのはどれか。
1. 安静時心拍数90/分
2. 収縮期血圧150mmHg
3. 拡張期血圧120mmHg
4. 上室性期外収縮

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 86関節可動域の測定基本肢位について誤っている組合せはどれか。
1. 肘関節屈曲---前腕回内位
2. 手関節橈屈---前腕回内位
3. 前腕回内---肘関節90度屈曲位
4. 肩関節外旋---肘関節90度屈曲位

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 87日常生活動作の評価法の1つであるパーセル・インデックスの評価項目に含まれないのはどれか。
1. コミュニケーション
2. 移乗
3. トイレ動作
4. 入浴

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 88膝関節で誤っている記述はどれか。
1. 屈伸運動では、ころがり運動と滑り運動を伴う。
2. 伸展運動の最終時期に、大腿骨に対して脛骨は外旋する。
3. 外側側副靱帯は膝関節の外反を防ぐ。
4. 前十字靱帯は大腿骨に対する脛骨の前方移動を防ぐ。

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 89正常歩行周期において二重支持期の割合として正しいのはどれか。
1. 0.6
2. 0.4
3. 0.2
4. 0.5

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 90大腿切断後の指導で正しいのはどれか。
1. 背臥位で断端の下に枕を置く
2. 腹臥位の励行
3. 股関節の外転位保持
4. 車いす乗車の励行

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 91橈骨神経麻痺に伴う症状として誤っているのはどれか。
1. 下垂手
2. 母指球筋の萎縮
3. 手背の知覚障害
4. 手背の発汗障害

Back to Top

第17回・按マ指

問題 91国際生活機能分類の障害レベルについて正しい組合せはどれか。
1. 片麻痺---活動制限
2. 更衣動作困難---機能障害
3. 復職困難---参加制約
4. 排尿障害---参加制約

Back to Top

第17回・按マ指

問題 92関節運動と最大可動域との組合せで正しいのはどれか。
1. 肩関節内転---30度
2. 肘関節屈曲---145度
3. 膝関節伸展---180度
4. 足関節伸展(背屈)---50度

Back to Top

第17回・按マ指

問題 93作業療法について誤っているのはどれか。
1. 職業の専門的技術指導を行う。
2. 日常生活動作の指導を行う。
3. 精神機能の評価を行う。
4. 自助具の作製を行う。

Back to Top

第17回・按マ指

問題 94温熱療法で直接深部を温めるのはどれか。
1. ホットパック
2. パラフィン浴
3. 赤外線
4. 超音波

Back to Top

第17回・按マ指

問題 95異常歩行とその原因との組合せで誤っているのはどれか。
1. 墜落破行---脚長差
2. 間欠破行---閉塞性動脈硬化症
3. 大殿筋歩行---筋ジストロフィー症
4. はさみ脚歩行---大腿四頭筋筋力低下

Back to Top

第17回・按マ指

問題 96脳卒中の合併症で誤っているのはどれか。
1. 褥瘡
2. 嚥下性肺炎
3. 自律神経過反射
4. 深部静脈血栓症

Back to Top

第17回・按マ指

問題 97脳卒中の急性期リハビリテーションで誤っているのはどれか。
1. 肩手症候群の治療
2. 良肢位保持
3. 座位保持訓練
4. 関節可動域訓練

Back to Top

第17回・按マ指

問題 98脳性麻痺について誤っている記述はどれか。
1. 受胎から生後4週までに生じた脳病変を原因とする。
2. 永続的な、運動と姿勢の異常がみられる。
3. アテトーゼ型では筋緊張が動揺する。
4. 痙直型両麻痺では下肢に比べ上肢の障害が強い。

Back to Top

第17回・按マ指

問題 99慢性閉塞性換気障害に対するリハビリテーションで誤っているのはどれか。
1. 体位ドレナージ
2. 胸式呼吸訓練
3. 持久力訓練
4. 口すぼめ呼吸

Back to Top

第17回・按マ指

問題 100疾患と装具との組合せで誤っているのはどれか。
1. 正中神経麻痺---コックアップスプリント
2. 腰椎椎間板障害---軟性コルセット
3. 変形性膝関節症---足底装具
4. 総腓骨神経麻痺---短下肢装具

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 84徒手筋力テストで筋の収縮はみられるが、関節運動は起こらないのはどれか。
1. MMT1
2. MMT2
3. MMT3
4. MMT4

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 85足の内側縦アーチを構成する骨で誤っているのはどれか。
1. 踵骨
2. 舟状骨
3. 立方骨
4. 第1中足骨

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 86肩関節の外転運動で誤っている記述はどれか。
1. 肩甲骨は上方回旋する。
2. 肩甲骨と肩甲上腕関節の動きの割合はおよそ2対1である。
3. 腱板は上腕骨頭を肩甲骨関節窩に保持、安定させる。
4. 鎖骨が同時に動く。

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 87歩幅が一定のまま歩行率(ケイデンス)が増加したときの正しい記述はどれか。
1. 歩隔が小さくなる。
2. 歩行速度が上がる。
3. 1歩行周期の時間が長くなる。
4. 歩行周期における二重支持期の割合は変化しない。

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 88高次脳機能障害はどれか。
1. 半側空間無視
2. 意識障害
3. 食欲亢進
4. 不眠

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 89脳卒中片麻痺患者への歩行指導について正しい記述はどれか。
1. 歩行訓練開始時に歩行器を使用させる。
2. 感覚障害が強い患者にはプラスチック製短下肢装具を使用させる。
3. 見守り歩行では介助者は患者の健側に位置する。
4. 3動作歩行では杖をついた後は患側下肢を前に出させる。

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 90胸髄レベルの脊髄損傷完全麻痺患者について正しい記述はどれか。
1. 横隔膜麻痺がある。
2. 排便障害がみられる。
3. 下肢の筋緊張が低下する。
4. 移動には電動車いすが必要である。

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 91大腿骨頸部骨折に対する人工骨頭置換手術前後のリハビリテーションで正しい記述はどれか。
1. 手術前は両下肢の自動運動を禁止する。
2. 手術創が癒合し抜糸してから座位を開始する。
3. 座位が安定してから歩行訓練を開始する。
4. 術後1か月は患肢の荷重を禁止する。

Back to Top

第18回・按マ指

問題 91地域リハビリテーションについて正しい記述はどれか。
1. 行政機関は関与しない。
2. 自宅でのADL自立を目的とする。
3. 障害児は対象とならない。
4. 地域住民も協力する。

Back to Top

第18回・按マ指

問題 92関節可動域について正しい記述はどれか。
1. 頸部の伸展(後屈)は屈曲(前屈)より大きい。
2. 肩関節の外旋は内旋より大きい。
3. 手関節の屈曲(掌屈)は伸展(背屈)より大きい。
4. 股関節の伸展は屈曲より大きい。

Back to Top

第18回・按マ指

問題 93肩関節運動に対する徒手筋力テストの際、MMT2を評価するときに側臥位で実施するのはどれか。
1. 伸展
2. 外転
3. 内旋
4. 外旋

Back to Top

第18回・按マ指

問題 94ADLの項目として正しいのはどれか。
1. 掃除
2. 入浴
3. 買物
4. 調理

Back to Top

第18回・按マ指

問題 95長下肢装具を用いないのはどれか。
1. 脳卒中
2. 脊髄損傷
3. 脳性麻痺
4. 膝前十字靱帯損傷

Back to Top

第18回・按マ指

問題 96正常歩行における右足の踵接地時の説明として誤っている記述はどれか。
1. 左股関節は屈曲位にある。
2. 右前脛骨筋が活動している。
3. 骨盤は右側が前方に回旋している。
4. 歩行周期において二重支持期にある。

Back to Top

第18回・按マ指

問題 97脳卒中のリハビリテーションで正しい記述はどれか。
1. 意識障害が強い患者には関節可動域訓練を行わない。
2. 嚥下障害に対する訓練を言語聴覚士が行う。
3. 歩けない患者には家事動作訓練を行わない。
4. 座位がとれない患者に歩行訓練を行う。

Back to Top

第18回・按マ指

問題 98脊髄損傷でみられないのはどれか。
1. 自律神経過反射
2. 異所性骨化
3. けいれん発作
4. 深部静脈血栓症

Back to Top

第18回・按マ指

問題 99下肢の切断原因で近年特に増加しているのはどれか。
1. 腫瘍
2. 交通外傷
3. 血管障害
4. 労働災害

Back to Top

第18回・按マ指

問題 100肩関節周囲炎のリハビリテーションで正しい記述はどれか。
1. 疼痛が治まるまでは肩関節を安静にする。
2. 拘縮に対してウィリアムズ体操を指導する。
3. 運動の前には温熱療法を併用する。
4. 夜間に肩をクーリングする。

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 84身体障害者の分類で割合が増加しているのはどれか。
1. 肢体不自由
2. 視覚障害
3. 内部障害
4. 聴覚・言語障害

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 85国際生活機能分類(ICF)について正しい記述はどれか。
1. 対象を障害者に限定して作成された分類法である。
2. 各構成要素の因果関係は両方向性である。
3. 生活機能とは日常生活動作のことである。
4. 個人因子とは健康状態のことである。

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 86医学的リハビリテーションチームを構戒するメンバーでないのはどれか。
1. 理学療法士
2. 臨床心理士
3. ソーシャルワーカー
4. ホームヘルパー

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 87筋力MMT2の関節運動に対し、筋力増強目的で運動療法を行う場合に、最も適切なのはどれか。
1. 他動運動
2. 自動運動
3. 自動介助運動
4. 漸増抵抗運動

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 88脳卒中片麻痺患者に用いる装具はどれか。
1. 短下肢装具
2. 免荷装具
3. 股関節装具
4. 腰椎装具

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 89下肢のブルンストロームステージで「共同運動がわずかに出現し、痙性が出始める。」のはどれか。
1. ステージⅠ
2. ステージⅡ
3. ステージⅢ
4. ステージⅣ

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 90患肢で荷重するときに義足を必要とする切断部位はどれか。
1. 大腿切断
2. 膝関節離断
3. サイム切断
4. 中足骨切断

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 91四肢の末梢神経麻痺のリハビリテーションで行わないのはどれか。
1. 関節可動域訓練
2. 低周波治療
3. 装具療法
4. 温熱療法

Back to Top

第19回・按マ指

問題 9118歳以上の在宅身体障害者で最も多い原因疾患はどれか。
1. 脳血管疾患
2. 腎臓疾患
3. 心臓疾患
4. 骨関節疾患

Back to Top

第19回・按マ指

問題 92ノーマライゼーションの基本理念はどれか。
1. 障害者同士が交流を図る。
2. 障害者が健康増進を目指す。
3. 障害者が訓練により機能を回復する。
4. 障害者と健常者が地域で共に暮らす。

Back to Top

第19回・按マ指

問題 93下肢長を脛骨内果から測定する際に近位側の測定点はどこか。
1. 大腿骨骨頭
2. 大腿骨大転子
3. 下前腸骨棘
4. 上前腸骨棘

Back to Top

第19回・按マ指

問題 94運動の協調性をみる評価法はどれか。
1. 徒手筋力テスト
2. 拮抗運動反復テスト
3. バーセルインデックス
4. ブルンストロームステージ

Back to Top

第19回・按マ指

問題 95基本肢位における関節可動域角度で正しいのはどれか。
1. 肩関節外転30度
2. 肘関節屈曲90度
3. 膝関節伸展20度
4. 足関節背屈0度

Back to Top

第19回・按マ指

問題 96作業療法の内容で正しいのはどれか。
1. バランス訓練
2. 平行棒内歩行
3. 自助具活用
4. 反復嚥下

Back to Top

第19回・按マ指

問題 97脳卒中左片麻痺患者で適切な記述はどれか。
1. 杖は左手にもつ。
2. 階段は左足から昇る。
3. 歩行介助は左側からする。
4. 前開きシャツは右手から通す。

Back to Top

第19回・按マ指

問題 98脳性麻痺について正しい組合せはどれか。
1. 両麻痺---上肢より下肢の麻痺が重度
2. アテトーゼ型---頻度が最も高い
3. 失調型---痙性麻痺
4. 痙直型---不随意運動

Back to Top

第19回・按マ指

問題 99慢性閉塞性肺疾患患者に対するリハビリテーションで正しいのはどれか。
1. 胸式呼吸
2. 補助筋呼吸
3. 口すぼめ呼吸
4. あえぎ呼吸

Back to Top

第19回・按マ指

問題 100変形性膝関節症に対する歩行訓練で誤っているのはどれか。
1. 足底挿板を用いる
2. 膝関節装具を装着する
3. 下肢に重量負荷を行う
4. 踵の柔らかい靴を履く

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 84IL運動(自立生活運動)の思想で正しいのはどれか。
1. 家族から経済的援助を受ける
2. 障害者施設に入所する
3. 自己決定権を尊重する
4. 日常生活で介助を受けない

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 85在宅ケアとして利用されるのはどれか。
1. 脳卒中ケアユニット
2. 通所リハビリテーション施設
3. 重度心身障害児病棟
4. 回復期リハビリテーション病棟

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 86高次脳機能障害とその症状との組合せで正しいのはどれか。
1. 失語症---書字が小さくなる
2. 相貌失認---簡単な手指の模倣ができない
3. 半側空間失認---片側の見落とし
4. 失行---集中力の低下

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 87義手の構造とパーツとの組合せで正しいのはどれか。
1. 装飾義手---ケーブル
2. 能動義手---電動ハンド
3. 作業用義手---ハンマー
4. 筋電義手---ハーネス

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 88肩甲上腕リズムで正しいのはどれか。
1. 肩甲骨上方回旋15度・肩関節外転75度
2. 肩甲骨上方回旋30度・肩関節外転60度
3. 肩甲骨上方回旋60度・肩関節外転30度
4. 肩甲骨上方回旋75度・肩関節外転15度

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 89脳卒中のリハビリテーションで、国際障害分類(ICIDH)で定義された能力低下に対して行うのはどれか。
1. 関節可動域訓練
2. 麻痺側促通訓練
3. 利き手変換訓練
4. 持久性訓練

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 90脳卒中急性期における良肢位で正しいのはどれか。
1. 肩関節外転
2. 手関節掌屈
3. 足関節底屈
4. 手指伸展

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 91末梢神経障害と装具との組合せで正しいのはどれか。
1. 正中神経麻痺---対立装具
2. 尺骨神経麻痺---トーマススプリント
3. 橈骨神経麻痺---ナックルベンダー
4. 脛骨神経麻痺---長下肢装具

Back to Top

第20回・按マ指

問題 91国際生活機能分類(ICF)において、「活動」に該当するリハビリテーションはどれか。
1. 神経筋促通法
2. 就労支援
3. 関節可動域訓練
4. 利き手交換

Back to Top

第20回・按マ指

問題 92脳卒中維持期のリハビリテーションを担うのはどれか。
1. 脳卒中ケアユニット
2. 救命救急病棟
3. 通所リハビリテーション施設
4. 集中治療病棟

Back to Top

第20回・按マ指

問題 93関節可動域で正しいのはどれか。
1. 足関節底屈:0度~10度
2. 前腕回内:0度~30度
3. 膝関節屈曲:0度~60度
4. 肩関節外転:0度~180度

Back to Top

第20回・按マ指

問題 94デローム・ワトキンス法で用いる運動療法はどれか。
1. 漸増抵抗運動
2. 等速性運動
3. 持久力運動
4. 持続伸張運動

Back to Top

第20回・按マ指

問題 95温熱療法の禁忌はどれか。
1. 関節拘縮
2. 知覚鈍麻
3. 呼吸機能障害
4. 痙性麻痺

Back to Top

第20回・按マ指

問題 96ブローカ失語の特徴として正しい記述はどれか。
1. 復唱は障害されない。
2. 錯語がある。
3. 発話は非流暢性である。
4. 口頭指示に従えない。

Back to Top

第20回・按マ指

問題 97錐体外路障害の症状はどれか。
1. 協調運動障害
2. 痙性麻痺
3. 固有感覚障害
4. 温痛覚低下

Back to Top

第20回・按マ指

問題 98脳卒中患者の運動療法でアンダーソン分類の中止基準となるのはどれか。
1. 発汗
2. 1分間に1回の期外収縮
3. 脈拍100/分
4. 収縮期血圧40mmHg以上の上昇

Back to Top

第20回・按マ指

問題 99脊髄損傷患者で杖と短下肢装具の使用により実用歩行が可能となる損傷レベルはどれか。
1. 第6胸髄
2. 第1腰髄
3. 第3腰髄
4. 第1仙髄

Back to Top

第20回・按マ指

問題 100末梢神経の障害で鷲手を起こすのはどれか。
1. 正中神経
2. 尺骨神経
3. 橈骨神経
4. 腋窩神経

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 84身体障害者手帳の交付対象でないのはどれか。
1. 腎臓機能障害
2. 咀嚼・嚥下機能障害
3. 平衡機能障害
4. 高次脳機能障害

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 85回復期リハビリテーション病棟における評価会議について適切でない記述はどれか。
1. 病棟看護師は参加する。
2. 評価が完了してから治療を開始する。
3. 治療経過によりゴール設定を変更する。
4. すべての症例に行う。

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 86正常な6か月児で可能な動作はどれか。
1. おもちゃをつかむ。
2. ビー玉をつまむ。
3. 手放しで立つ。
4. ひとり歩きをする。

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 87嚥下機能障害に対するスクリーニングとして用いられる検査はどれか。
1. 水飲みテスト
2. 嚥下造影検査
3. 血清CRP
4. 胸部単純工ックス線検査

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 88深部組織への温熱効果が最も高い物理療法はどれか。
1. 低周波療法
2. 超音波療法
3. 紫外線療法
4. 赤外線療法

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 89上肢の屈筋共同運動で正しい組合せはどれか。
1. 肩甲帯---下制
2. 肩関節---内旋
3. 肘関節---屈曲
4. 前腕---回内

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 90肩手症候群の症状で最も適切なのはどれか。
1. 手指末端の壊死
2. 肩関節亜脱臼
3. 手掌のしびれ
4. 手背の腫脹

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 91第6頸髄レベルの脊髄損傷患者の合併症とその対応との組み合わせで正しいのはどれか。
1. うつ熱---解熱剤投与
2. 殿部褥瘡---プッシュアップ
3. 尿路感染---間欠導尿
4. 自律神経過反射---下肢挙上

Back to Top

第21回・按マ指

問題 91医学的リハビリテーションに該当するのはどれか。
1. 回復期リハビリテーション
2. 就労移行支援
3. 特別支援教育
4. 通所リハビリテーション

Back to Top

第21回・按マ指

問題 92医学的リハビリテーションを担う職種とその内容との組合せで正しいのはどれか。
1. 理学療法士---嚥下訓練
2. 作業療法士---自助具作成
3. 言語聴覚士---利き手交換
4. 義肢装具士---装具処方

Back to Top

第21回・按マ指

問題 93錐体路障害で生じるのはどれか。
1. 固縮
2. 鉛管現象
3. 共同運動
4. 腱反射消失

Back to Top

第21回・按マ指

問題 94検者が母指と示指で輪を作り、それを模倣させる動作ができない時に疑われる高次脳機能障害はどれか。
1. 失行
2. 失語
3. 失認
4. 失見当識

Back to Top

第21回・按マ指

問題 95機能的作業療法として行われるのはどれか。
1. レクリエーション
2. 入浴動作
3. 立位作業
4. 認知訓練

Back to Top

第21回・按マ指

問題 96正常立位姿勢で重心線が通る部位として正しいのはどれか。
1. 第3頸椎
2. 第3胸椎
3. 第7胸椎
4. 第5腰椎

Back to Top

第21回・按マ指

問題 97足の変形と原因となる筋との組合せで正しいのはどれか。
1. 槌指---長指伸筋
2. 外反母趾---長母指伸筋
3. 尖足---短腓骨筋
4. 内反足---後脛骨筋

Back to Top

第21回・按マ指

問題 98脳卒中の障害について正しい記述はどれか。
1. 橋病変は対麻痺を生じやすい。
2. 小脳病変は難治性疼痛を生じやすい。
3. 麻痺性構音障害と嚥下障害は合併しやすい。
4. 失語症は左片麻痺に合併しやすい。

Back to Top

第21回・按マ指

問題 99第6頸髄節レベルの脊髄損傷患者に可能なADLで正しいのはどれか。
1. スプーンを握って食事する。
2. 機能的把持装具の使用で鉛筆を持つ。
3. ベッドから車いすへ側方から乗り移る。
4. 車いすの小車輪を挙げて段差を越える。

Back to Top

第21回・按マ指

問題 100下肢切断患者の幻肢痛について正しい記述はどれか。
1. 断端部の神経痛である。
2. 麻薬の使用は禁忌である。
3. 義足歩行時に著明となる。
4. 早期の義肢装着が有効である。

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 84身体障害者手帳の種類と原因疾患との組合せで正しいのはどれか。
1. 平衡機能障害---変形性膝関節症
2. 肢体不自由---ベル麻痺
3. そしゃく機能障害---筋萎縮性側索硬化症
4. 内部障害---パーキンソン病

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 85関節可動域測定法について正しい記述はどれか。
1. 自動運動で測定する際にはその旨を明記する。
2. 10度単位で測定する。
3. 基本肢位を90度として表示する。
4. 筋の短縮をみるには多関節筋を弛緩させる。

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 86痙縮の評価に用いるのはどれか。
1. 徒手筋力テスト
2. アシュワーススケール
3. 内田-クレペリンテスト
4. バーセルインデックス

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 87脳卒中片麻痺患者に用いる装具はどれか。
1. PTB式免荷装具
2. 股関節外転装具
3. 金属支柱付膝装具
4. 靴べら式短下肢装具

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 88異常歩行とその原因疾患との組合せで正しいのはどれか。
1. 小刻み歩行---パーキンソン病
2. トレンデレンブルグ歩行---変形性膝関節症
3. 失調性歩行---脊髄損傷
4. 痙性歩行---ギラン・バレー症候群

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 89脳卒中片麻痺患者の対応で適切な記述はどれか。
1. 患側の可動域訓練では素早く関節を動かす。
2. 麻痺側の肩関節亜脱臼は徒手的整復を行う。
3. 杖の高さは床から臍部の高さまでとする。
4. 利き手が完全麻痺の場合は利き手交換訓練を行う。

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 90脊髄損傷による完全対麻痺患者に対する社会復帰支援で正しいのはどれか。
1. 電動車いすでの屋外移動
2. 下肢装具での実用歩行
3. 自動車運転免許の取得
4. 入浴サービスの手配

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 91脳性麻痺について正しい記述はどれか。
1. 脊髄病変が関与する。
2. 運動の永続的障害である。
3. 進行性病変である。
4. 生後4か月以降に生じる。

Back to Top

第22回・按マ指

問題 91ノーマライゼーションとして正しいのはどれか。
1. 施設内の介護
2. 運動療法の施行
3. エレベーターの導入
4. 障害者同士の交流

Back to Top

第22回・按マ指

問題 92急性期リハビリテーションとして行うのはどれか。
1. 調理訓練
2. 入浴動作訓練
3. 座位保持訓練
4. 書字訓練

Back to Top

第22回・按マ指

問題 93徒手筋力テストで4以上の筋力を評価する際に座位で行うのはどれか。
1. 三角筋前部線維
2. 腹直筋
3. 中殿筋
4. 下腿三頭筋

Back to Top

第22回・按マ指

問題 94脳卒中のブルンストロームステージで弛緩性麻痺がみられるのはどれか。
1. ステージⅠ
2. ステージⅡ
3. ステージⅢ
4. ステージⅣ

Back to Top

第22回・按マ指

問題 95整形外科手術と術後の理学療法との組合せで正しいのはどれか。
1. 前腕骨観血的整復固定術---患肢荷重訓練
2. 頸椎椎弓形成術---頸椎牽引
3. 人工股関節置換術---神経筋促通法
4. 前十字靱帯再建術---大腿四頭筋筋力訓練

Back to Top

第22回・按マ指

問題 96良肢位で正しいのはどれか。
1. 肘関節伸展位
2. 母指対立位
3. 膝関節伸展位
4. 足関節底屈位

Back to Top

第22回・按マ指

問題 97脳卒中の肩手症候群に対するリハビリテーションで正しいのはどれか。
1. 頸椎牽引
2. 関節可動域訓練
3. 筋力強化訓練
4. 協調性訓練

Back to Top

第22回・按マ指

問題 98第5頸髄節残存の頸髄損傷患者に可能なのはどれか。
1. 肩関節外転
2. 手関節背屈
3. 肘関節伸展
4. 手指屈曲

Back to Top

第22回・按マ指

問題 99上腕後面への圧迫で生じる末梢神経麻痺に用いる装具はどれか。
1. 長対立装具
2. ナックルベンダー
3. コックアップスプリント
4. フレキサーヒンジスプリント

Back to Top

第22回・按マ指

問題 100変形性膝関節症に対する人工関節置換術後のリハビリテーションで正しいのはどれか。
1. 患肢荷重は翌日から開始する。
2. 中殿筋の筋力訓練を重視する。
3. 伸展角度は30度までに制限する。
4. 屈曲角度は90度までに制限する。

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 84国際生活機能分類(ICF)の構成要素で「参加」に該当するのはどれか。
1. 屋内手すりの設置
2. 短下肢装具の作製
3. 残存筋の強化
4. 麻痺手の回復訓練

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 85小脳性失調の所見として正しいのはどれか。
1. 構音障害
2. 羽ばたき振戦
3. はさみ脚歩行
4. ロンベルグ徴候陽性

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 86ADL評価のFIMにおいて正しいのはどれか。
1. 書字の項目がある。
2. 認知項目がある。
3. 各項目の点数は0点から10点である。
4. 総点は100点である。

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 87片麻痺患者が使う自走式車いすで両手駆動から変更すべき構造はどれか。
1. 駆動輪の直径を小さくする。
2. 座面の高さを低くする。
3. 背もたれの高さを低くする。
4. 麻痺側のブレーキレバーを短くする。

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 88強制呼気に作用する筋で正しいのはどれか。
1. 胸鎖乳突筋
2. 大胸筋
3. 横隔膜
4. 内肋間筋

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 89脳卒中のリハビリテーション中に起こる骨折の特徴で正しいのはどれか。
1. 健側下肢が多い。
2. 抗血栓剤の内服で起こりやすい。
3. 半側空間無視の合併で起こりやすい。
4. 失語症の合併で起こりやすい。

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 90脊髄損傷患者に生じる自律神経過反射で正しいのはどれか。
1. 腰髄損傷患者に生じる。
2. 起立性低血圧を生じる。
3. 尿の膀胱内貯留が誘因となる。
4. 損傷部位以下の反射が消失する。

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 91活動性が高い下腿切断患者に適した義足の足継手はどれか。
1. 固定足
2. 単軸足
3. 多軸足
4. エネルギー蓄積型足

Back to Top

第23回・按マ指

問題 79ICFの「参加」に該当する内容はどれか。
1. 復職
2. 片麻痺
3. 更衣動作
4. 高次脳機能障害

Back to Top

第23回・按マ指

問題 80改訂長谷川式簡易知能評価スケールで正しい質問はどれか。
1. 足し算
2. 生年月日
3. 数字の逆唱
4. 昨日の出来事

Back to Top

第23回・按マ指

問題 81筋萎縮を予防する目的で用いる物理療法はどれか。
1. 超音波療法
2. 赤外線療法
3. ホットパック
4. 低周波電気療法

Back to Top

第23回・按マ指

問題 82筋が伸長しながら収縮するのはどれか。
1. 強縮
2. 単収縮
3. 遠心性収縮
4. 等尺性収縮

Back to Top

第23回・按マ指

問題 83脳卒中の急性期リハビリテーションの内容で正しいのはどれか。
1. 階段昇降訓練
2. 関節可動域訓練
3. 利き手交換訓練
4. 家事動作訓練

Back to Top

第23回・按マ指

問題 84第6頸髄節残存の頸髄損傷患者の移動動作に対する訓練で正しいのはどれか。
1. 床面から車いすへの移動
2. 車いす転倒からの起き上がり訓練
3. トランスファーボードを利用しての車いすへの移動
4. 車いすキャスター挙げを利用しての段差乗り越え

Back to Top

第23回・按マ指

問題 85下腿切断術後に起こりやすい拘縮はどれか。
1. 脛骨内旋拘縮
2. 膝関節屈曲拘縮
3. 股関節伸展拘縮
4. 股関節内転拘縮

Back to Top

第23回・按マ指

問題 86呼吸リハビリテーションを行う疾患で閉塞性換気障害をきたすのはどれか。
1. 筋ジストロフィー症
2. 高位頸髄損傷
3. 肺線維症
4. 肺気腫

Back to Top

第23回・按マ指

問題 87腰痛に対して行われるリハビリテーションで正しいのはどれか。
1. ウィリアムズ体操
2. フレンケル体操
3. ボバース法
4. ボイタ法

Back to Top

第23回・按マ指

問題 88大腿骨頸部骨折に対する人工骨頭置換術後のリハビリテーションで正しいのはどれか。
1. 骨盤牽引を行う。
2. 早期に荷重を開始する。
3. 股関節内旋運動を行う。
4. 患部に極超短波療法を行う。

Back to Top

第23回・按マ指

問題 89肩関節周囲炎に対するコッドマン体操について正しいのはどれか。
1. 直立姿勢で行う。
2. 左右方向には動かさない。
3. おもりは100gより重くしない。
4. 疼痛が軽減してから開始する。

Back to Top

第23回・按マ指

問題 90パーキンソン病患者に対する歩行訓練で最も有効なのはどれか。
1. できるだけ速く歩く。
2. 方向転換を繰り返す。
3. 止まってから歩く動作を繰り返す。
4. 横に引いた線をまたぎながら歩く。

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 73社会的リハビリテーションはどれか。
1. 特別支援教育
2. 義肢装具療法
3. 障害者職業訓練
4. 訪問介護サービス

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 74半側空間無視の評価に用いる検査項目で正しいのはどれか。
1. 100から7を順番に引かせる。
2. 今日の日付を答えさせる。
3. 直線の中点に印をつけさせる。
4. 検者の母指と示指で輪をつくり模倣させる。

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 81温熱療法はどれか。
1. 紫外線療法
2. 極低温法
3. 低周波電気療法
4. 極超短波療法

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 82膝関節について正しいのはどれか。
1. 最大屈曲位では固定される。
2. 内側側副靱帯は伸展位でゆるむ。
3. 前十字靱帯は脛骨の前方移動を制限する。
4. 大腿二頭筋を内側ハムストリングスと呼ぶ。

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 83脳卒中の左大脳半球損傷でよくみられる障害はどれか。
1. 球麻痺
2. 失語症
3. 左片麻痺
4. 左半側空間無視

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 84第6頸髄節残存の頸髄損傷患者が行えるADLはどれか。
1. プッシュアップを用いた座位移動
2. 両松葉杖使用での大振り歩行
3. 機能的把持装具を用いたつまみ動作
4. スプリングバランサーを用いた食事動作

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 85小児疾患と障害の組合せで正しいのはどれか。
1. ポリオ---球麻痺
2. 進行性筋ジストロフイー症---両麻痺
3. 二分脊椎---対麻痺
4. ダウン症---片麻痺

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 86慢性閉塞性肺疾患患者に対する在宅での自主訓練で最も適切なのはどれか。
1. 口すぼめ呼吸
2. 叩打法
3. スクイージング
4. バイブレーション

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 87関節リウマチ患者によく用いる自助具はどれか。
1. リーチャー
2. 筆談ボード
3. ユニバーサルカフ
4. トランスファーボード

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 88重症の筋萎縮性側索硬化症のリハビリテーションとして最も必要なのはどれか。
1. 低出力レーザーによる温熱療法
2. ペグボードによる巧緻動作訓練
3. バランスボードによるバランス訓練
4. 意思伝達装置によるコミュニケーション訓練

Back to Top

第24回・按マ指

問題 79介護保険法による「訪問リハビリテーション」を行う職種はどれか。
1. 看護師
2. 作業療法士
3. 介護福祉士
4. あん摩マッサージ指圧師

Back to Top

第24回・按マ指

問題 80失調症の検査として正しいのはどれか。
1. 指鼻試験
2. 徒手筋力検査
3. カロリックテスト
4. トレンデレンブルグ徴候

Back to Top

第24回・按マ指

問題 81温熱療法の効果はどれか。
1. 痙縮増強
2. 末梢血管収縮
3. 組織代謝亢進
4. 筋スパズム増強

Back to Top

第24回・按マ指

問題 82慢性期の脳卒中片麻痺患者に最もよく用いられる装具はどれか。
1. 長下肢装具
2. 膝関節装具
3. 短下肢装具
4. 足関節装具

Back to Top

第24回・按マ指

問題 83脳卒中片麻痺の特徴的な異常歩行はどれか。
1. 分回し歩行
2. あひる歩行
3. 小刻み歩行
4. 墜落性破行

Back to Top

第24回・按マ指

問題 84脳卒中の運動療法を開始する際にアンダーソン・土肥の基準で訓練を行わない方が良い場合はどれか。
1. 安静時に息切れがある。
2. 下肢に筋肉痛がある。
3. 脈拍が100回/分である。
4. 収縮期血圧が140mmHgである。

Back to Top

第24回・按マ指

問題 85脊髄損傷後に生じる合併症で最もよくみられるのはどれか。
1. 肝硬変
2. 膀胱結石
3. 慢性膵炎
4. 慢性閉塞性肺疾患

Back to Top

第24回・按マ指

問題 86下肢切断後の合併症で義足歩行訓練に有利に働くのはどれか。
1. 浮腫
2. 幻肢感覚
3. 血腫
4. 骨突出

Back to Top

第24回・按マ指

問題 87アテトーゼ型脳性麻痺にみられる二次的合併症で最も多いのはどれか。
1. 認知症
2. 痙性片麻痺
3. 変形性肩関節症
4. 頸椎症性脊髄症

Back to Top

第24回・按マ指

問題 88慢性閉塞性肺疾患に対する運動療法でボルグ・スケールによる負荷量として最も適切なのはどれか。
1. かなり楽である
2. 楽である
3. ややきつい
4. かなりきつい

Back to Top

第24回・按マ指

問題 89ウィリアムズ体操で正しいのはどれか。
1. 体幹の伸展を促す。
2. 腰椎の前弯を増強させる。
3. 肩甲骨周囲筋を強化する。
4. 股関節屈筋群を伸張させる。

Back to Top

第24回・按マ指

問題 90パーキンソン病のリハビリテーションについて正しいのはどれか。
1. 末期には無効である。
2. 寒冷療法が有効である。
3. 筋力訓練は無効である。
4. 薬が効いているときに行う。

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 73ICFの活動制限に対するアプローチで正しいのはどれか。
1. 利き手交換
2. トイレ改造
3. 上肢機能訓練
4. デイサービス利用

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 74急性期リハビリテーションの内容で正しいのはどれか。
1. 排痰訓練
2. 入浴動作訓練
3. 職業前訓練
4. 階段昇降訓練

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 81標準失語症検査においてブローカ失語の正解率が最も低い項目はどれか。
1. 聴く
2. 読む
3. 話す
4. 復唱

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 82正常歩行について正しいのはどれか。
1. 歩行速度が遅くなると二重支持期は短くなる。
2. 1歩行周期に一側の膝関節は2回屈曲する。
3. 一側の踵接地からつま先離れまでを1歩という。
4. 一側の踵と他側のつま先との間の距離を歩隔という。

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 83脳卒中の肩手症候群に対するリハビリテーションで正しいのはどれか。
1. 温熱療法は禁忌である。
2. 頸椎牽引が有効である。
3. 関節可動域訓練は禁忌である。
4. 星状神経節ブロックが有効である。

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 84第7頸髄節残存の脊髄損傷後に生じる合併症とその対応の組合せで最も適切なのはどれか。
1. 起立性低血圧---座位保持
2. 殿部褥瘡---プッシュアップ
3. 排尿障害---持続留置カテーテル
4. 自律神経過反射---下肢弾性ストッキング

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 85我が国において1990年以降の下肢切断の原因として最も多いのはどれか。
1. 外傷
2. 骨髄炎
3. 骨肉腫
4. 糖尿病性壊疽

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 86急性心筋梗塞後のリハビリテーションについて最も適切なのはどれか。
1. 外来では行わない。
2. 6週間プログラムで行う。
3. 負荷試験をしながら進める。
4. 最大酸素摂取量での心拍数まで行う。

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 87変形性股関節症に対する運動療法で最も適切なのはどれか。
1. 階段昇降
2. 水中歩行
3. ジョギング
4. トランポリン

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 88パーキンソン病のヤール分類とリハビリテーションの組合せで最も適切なのはどれか。
1. ステージⅠ---歩行訓練
2. ステージⅡ---立ち上がり動作訓練
3. ステージⅢ---立位バランス訓練
4. ステージⅣ---電動車椅子操作訓練

Back to Top

第25回・按マ指

問題 79ICFの「活動」に該当する内容はどれか。
1. 腎機能
2. 調理
3. 筋力
4. 医療制度

Back to Top

第25回・按マ指

問題 80維持期リハビリテーションで主に取り組むべきことはどれか。
1. 麻痺の回復の促進
2. ADLの早期獲得
3. 社会参加の促進
4. 早期離床

Back to Top

第25回・按マ指

問題 81高次脳機能障害の評価で正しいのはどれか。
1. バーセルインデックス
2. 線分抹消テスト
3. 徒手筋力テスト
4. 拮抗運動反復テスト

Back to Top

第25回・按マ指

問題 82摂食嚥下障害に対する対応として誤っているのはどれか。
1. 口腔ケア
2. 食形態の調整
3. 栄養管理
4. 頸椎伸展位での食事

Back to Top

第25回・按マ指

問題 83錐体路の障害で生じるのはどれか。
1. アテトーゼ
2. 痙性麻痺
3. 運動失調
4. 筋の固縮

Back to Top

第25回・按マ指

問題 84脳卒中の嚥下障害で正しいのはどれか。
1. 食道の通過障害を生じる。
2. 仮性球麻痺よりも球麻痺が多い。
3. 時間経過で回復しにくい。
4. ゼリーは飲み込みやすい。

Back to Top

第25回・按マ指

問題 85脊髄損傷の合併症はどれか。
1. 異所性骨化
2. 心筋梗塞
3. 気胸
4. 認知症

Back to Top

第25回・按マ指

問題 86カナダ式ソケットの適応となるのはどれか。
1. 股離断
2. 大腿切断
3. 膝離断
4. 下腿切断

Back to Top

第25回・按マ指

問題 87脳性麻痺で起こる痙直型両麻痺の歩行について正しいのはどれか。
1. 失調性歩行
2. 分回し歩行
3. はさみ脚歩行
4. トレンデレンブルグ歩行

Back to Top

第25回・按マ指

問題 88心臓リハビリテーションにおける運動療法の禁忌はどれか。
1. 心移植後
2. 冠動脈形成術後
3. 不安定狭心症
4. 末梢動脈閉塞性疾患

Back to Top

第25回・按マ指

問題 89大腿骨頸部骨折のリハビリテーションで正しいのはどれか。
1. リハビリテーションは手術後から開始する。
2. 内固定術の場合、脱臼肢位に注意する。
3. 術後疼痛緩和のために極超短波療法を行う。
4. 人工骨頭置換術の場合、術直後から歩行訓練を行う。

Back to Top

第25回・按マ指

問題 90パーキンソン病にみられる症状はどれか。
1. 痙縮
2. 企図振戦
3. 鉛管現象
4. 折りたたみナイフ現象

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 73社会的リハビリテーションに含まれる内容はどれか。
1. 廃用症候群の予防
2. 療育
3. 公共施設のバリアフリー
4. 保護雇用

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 74リハビリテーションチームを構成するメンバーで義肢装具の処方を行う職種はどれか。
1. 医師
2. 看護師
3. 理学療法士
4. 義肢装具士

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 81中殿筋のMMTについて正しい組み合わせはどれか。
1. MMT1---中殿筋に筋収縮がみられる。
2. MMT2---重力に抗して股関節外転を保持できる。
3. MMT3---中等度の抵抗に抗して股関節外転を保持できる。
4. MMT4---高度の抵抗に抗して股関節外転を保持できる。

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 82車いすのタイプで、起立性低血圧発作のある場合に用いるのはどれか。
1. リクライニングタイプ
2. スポーツタイプ
3. トラベラータイプ
4. スタンダードタイプ

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 83一生続く姿勢反射はどれか。
1. 自動歩行
2. モロー反射
3. パラシュート反射
4. 非対称性緊張性頸反射

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 84右大脳半球の脳卒中でよくみられるのはどれか。
1. 右片麻痺
2. 球麻痺
3. 失語症
4. 左半側空間無視

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 85体内力源式上腕義手について正しいのはどれか。
1. 力源は患側の肩の力を利用する。
2. ケーブルによって力が伝達される。
3. 操作の練習は主に理学療法士によって行われる。
4. 手先具を動かす場合は肘継ぎ手の固定を解除する。

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 86脳性麻痺の定義について正しいのはどれか。
1. 進行性病変に基づく。
2. 永続的な運動障害である。
3. 脊髄病変も関与する。
4. 症状は生後4週以内に発現する。

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 87心臓リハビリテーションの適応となるのはどれか。
1. うっ血性心不全(NYHA:Ⅳ度)
2. 急性大動脈解離
3. 高度な大動脈弁狭窄
4. 冠動脈バイパス術後

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 88短対立装具の適応となるのはどれか。
1. 正中神経麻痺
2. 尺骨神経麻痺
3. 橈骨神経麻痺
4. 腋窩神経麻痺

Back to Top

第26回・按マ指

問題 79パーキンソン病でよくみられるのはどれか。
1. 反張膝
2. 分回し歩行
3. 小刻み歩行
4. 膝折れ

Back to Top

第26回・按マ指

問題 80機能的作業療法に含まれるのはどれか。
1. 職業訓練
2. 自助具作製
3. 関節可動域訓練
4. 日常生活動作訓練

Back to Top

第26回・按マ指

問題 81歩行補助具はどれか。
1. ロフストランド杖
2. 車椅子
3. 足底装具
4. 下肢装具

Back to Top

第26回・按マ指

問題 82第6頸髄節残存の頸髄損傷患者で可能な動作はどれか。
1. 車椅子への側方移乗
2. ノブ付き車椅子駆動
3. 両長下肢装具での歩行
4. 肘伸展によるプッシュアップ

Back to Top

第26回・按マ指

問題 83COPD患者に対する呼吸訓練はどれか。
1. 体位変換法
2. 口すぼめ呼吸
3. スクイージング
4. バイブレーション

Back to Top

第26回・按マ指

問題 84急性期リハビリテーションとして適切でないのはどれか。
1. 拘縮予防
2. 早期離床
3. 体位ドレナージ
4. 家事動作訓練

Back to Top

第26回・按マ指

問題 85変形性膝関節症患者に対する生活指導として誤っているのはどれか。
1. 杖の使用
2. 減量
3. 階段昇降訓練
4. 筋力増強訓練

Back to Top

第26回・按マ指

問題 86膝蓋腱部で体重の大部分を支持する義足はどれか。
1. TSB式下腿義足
2. PTB式下腿義足
3. リスフラン義足
4. サイム義足

Back to Top

第26回・按マ指

問題 87回復期リハビリテーションで主に作業療法士が行う項目はどれか。
1. 摂食嚥下訓練
2. 実用的移動手段獲得
3. 床上動作訓練
4. 拘束運動療法(CI療法)

Back to Top

第26回・按マ指

問題 88自律神経障害で生じる症状はどれか。
1. 皮膚の循環障害
2. 筋委縮
3. 知覚脱失
4. 変形

Back to Top

第26回・按マ指

問題 89脳卒中患者で積極的なリハビリテーションを行わないのはどれか。
1. 労作性に狭心発作がみられる場合
2. 安静時拡張期血圧が110mmHgの場合
3. 下肢の浮腫がみられる場合
4. 安静時脈拍が50回/分の場合

Back to Top

第26回・按マ指

問題 90脳性麻痺で最も多い病型はどれか。
1. 失調性
2. 非緊張型
3. アテトーゼ型
4. 痙直型

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 73股関節の関節可動域の測定について正しいのはどれか。
1. 外転は側臥位で行う
2. 内転は坐位で行う。
3. 屈曲は立位で行う
4. 伸展は腹臥位で行う。

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 74ADL評価のFIMに含まれるのはどれか。
1. 買い物
2. 排尿管理
3. 調理
4. ジョギング

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 81筋萎縮性側索硬化症患者における人工呼吸器装着後のリハビリテーションで適切なのはどれか。
1. 歩行訓練
2. 更衣訓練
3. 排痰訓練
4. 起き上がり訓練

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 82ICFの「活動」に該当するのはどれか。
1. 復学
2. 家屋改修
3. 障害年金受給
4. 義足作製

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 83腰痛体操はどれか。
1. フレンケル体操
2. クラップ体操
3. マッケンジー体操
4. バージャー体操

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 84脊髄損傷において、肘の伸展によるプッシュアップが可能となる脊髄節残存高位はどれか。
1. C4
2. C5
3. C6
4. C7

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 85疾患と装具の組み合わせで間違っているのはどれか。
1. 変形性膝関節症---足底装具
2. 腰椎椎間板ヘルニア---軟性コルセット
3. 脳梗塞---短下肢装具
4. 総腓骨神経麻痺---長下肢装具

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 86医学的リハビリテーションで在宅復帰への対応として積極的に推し進めるべきことはどれか。
1. 廃用症候群の予防
2. 障害受容への援助
3. 職業訓練
4. 麻痺の改善

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 87サルコペニアで必ず減少するのはどれか。
1. 骨密度
2. 骨格筋量
3. 循環血流量
4. 脂肪量

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 88ステージⅠの関節リウマチの非活動期に行うリハビリテーションで最も適切なのはどれか。
1. 関節の安静
2. 軽い自動運動
3. コッドマン体操
4. 筋力強化訓練

Back to Top

第27回・按マ指

問題 79社会的リハビリテーションに該当するのはどれか。
1. 職業訓練
2. 障害者支援施設利用
3. 特別支援教育
4. 廃用症候群予防

Back to Top

第27回・按マ指

問題 80リハビリテーションについて正しいのはどれか。
1. 安静のため発症後1週間は行わない。
2. 急性期から介護保険の利用が可能である。
3. 回復期には機能訓練を積極的に行う。
4. 高齢者では維持期のリハビリテーションは不要である。

Back to Top

第27回・按マ指

問題 81理学療法士が中心的に行うリハビリテーションで正しいのはどれか。
1. 運動療法
2. 言語訓練
3. 嚥下訓練
4. 自助具作製

Back to Top

第27回・按マ指

問題 82脳卒中片麻痺患者に最もよく用いられるのはどれか。
1. 短下肢装具
2. 長下肢装具
3. 膝関節装具
4. 足関節装具

Back to Top

第27回・按マ指

問題 83異常歩行と疾患の組合せで正しいのはどれか。
1. 鶏歩---筋ジストロフィー
2. 小刻み歩行---変形性股関節症
3. 失調性歩行---小脳梗塞
4. トレンデレンブルグ歩行---パーキンソン病

Back to Top

第27回・按マ指

問題 84脳血管障害における嚥下障害で正しいのはどれか。
1. 絶食により誤嚥性肺炎を防止できる。
2. 食事中にむせなければ誤嚥は否定できる。
3. 口腔ケアは誤嚥性肺炎予防に有効である。
4. 意識障害があるときでも積極的に経口摂取を行う。

Back to Top

第27回・按マ指

問題 85脳卒中の急性期リハビリテーションについて正しいのはどれか。
1. 廃用症候群予防のため早期離床を目指す。
2. 急性期にはリスクが高いために行わない。
3. 理学療法を行うには医師の処方は不要である。
4. 自立活動が期待できない重度障害者は対象にならない。

Back to Top

第27回・按マ指

問題 86脊髄損傷の合併症でよくみられるのはどれか。
1. 肝硬変
2. 自然気胸
3. 心筋梗塞
4. 膀胱結石

Back to Top

第27回・按マ指

問題 87下肢切断で最も頻度が高いのはどれか。
1. 膝関節離断
2. サイム切断
3. 大腿切断
4. 下腿切断

Back to Top

第27回・按マ指

問題 88痙直型脳性麻痺について正しいのはどれか。
1. 運動療法の開始は2歳以降とする。
2. 成長に伴い関節拘縮や変形が合併する。
3. 頸部の不随意運動を特徴とする。
4. 原因に進行性の疾患が含まれる。

Back to Top

第27回・按マ指

問題 89肩関節周囲炎に対するリハビリテーションで正しいのはどれか。
1. ウィリアムス体操
2. コッドマン体操
3. フレンケル体操
4. バージャー体操

Back to Top

第27回・按マ指

問題 90パーキンソン病の症状で誤っているのはどれか。
1. 振戦
2. 片麻痺
3. すくみ足
4. 仮面様顔貌

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 73障害モデルとして用いられているのはどれか。
1. ADL
2. ICF
3. MMT
4. QOL

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 74FIMに含まれる運動項目はどれか。
1. 食事
2. 調理
3. 洗濯
4. 買い物

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 81呼吸補助筋はどれか。
1. 三角筋
2. 大菱形筋
3. 頭板状筋
4. 胸鎖乳突筋

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 82球麻痺の原因となる病巣はどれか。
1. 延髄
2. 海馬
3. 前頭葉
4. 小脳半球

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 83C7完全麻痺の脊髄損傷者が目標とするADLとして正しいのはどれか。
1. 人工呼吸器からの離脱
2. BFOによる食事動作の自立
3. 車椅子駆動の自立
4. 歩行の獲得

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 84血管障害による下腿切断について正しいのはどれか。
1. 早期からの断端圧迫は禁忌である。
2. 非切断側の血流障害を評価する必要はない。
3. 切断直後に幻肢痛を生じる。
4. 糖尿病性足部壊疽は原因となる。

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 85痙性麻痺がある脳性麻痺患者に対してよく行われる治療はどれか。
1. 向精神薬投与
2. 頸椎除圧固定術
3. ボツリヌス療法
4. 人工膝関節置換術

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 86心臓リハビリテーションにおける運動負荷試験の中止基準として正しいのはどれか。
1. 疲労
2. 息切れ
3. 筋肉痛
4. チアノーゼ

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 87変形性膝関節症に対する運動療法で最も適切なのはどれか。
1. 階段昇降
2. 水中歩行
3. ジョギング
4. 自転車エルゴメーター

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 88パーキンソン病の歩行障害に対する訓練で最も有効なのはどれか。
1. つぎ足歩行訓練
2. 松葉杖を用いた歩行訓練
3. 両長下肢装具を用いた歩行訓練
4. メトロノームによるリズム歩行訓練

Back to Top

第28回・按マ指

問題 79ノーマライゼーションの考え方として正しいのはどれか。
1. 障害者施設を増やす。
2. 障害者同士の交流を深める。
3. 障害者の機能回復を促進する。
4. 障害者と健常者が地域で共に生活する。

Back to Top

第28回・按マ指

問題 80回復期リハビリテーション病棟で医療チームの構成メンバーとなるのはどれか。
1. 柔道整復師
2. 義肢装具士
3. ジョブコーチ
4. ケアマネジャー

Back to Top

第28回・按マ指

問題 81運動性失語症の特徴で正しいのはどれか。
1. 劣位半球損傷で生じることが多い。
2. 障害言語野はウェルニッケ中枢である。
3. 頭に浮かんだ言葉が発語できない。
4. 正確な評価にはMMSEを用いる。

Back to Top

第28回・按マ指

問題 82温熱療法の分類で深部熱に属するのはどれか。
1. 渦流浴
2. 極超短波
3. ホットパック
4. パラフィン浴

Back to Top

第28回・按マ指

問題 83下肢の運動と筋の組合せで正しいのはどれか。
1. 股関節の伸展---半膜様筋
2. 股関節の内旋---外閉鎖筋
3. 膝関節の伸展---縫工筋
4. 母趾の背屈---長趾伸筋

Back to Top

第28回・按マ指

問題 84脳卒中に伴う運動障害で正しいのはどれか。
1. 小脳の障害では運動失調を伴う。
2. 痙性は上肢では伸筋群に出現しやすい。
3. 重度の錐体路障害では発症時に痙性麻痺となる。
4. 片麻痺の回復で最終段階では共同運動パターンとなる。

Back to Top

第28回・按マ指

問題 85脳卒中の維持期リハビリテーションについて正しいのはどれか。
1. 歩行能力の改善は期待できない。
2. 医療保険でのリハビリテーションが主体となる。
3. 通所リハビリテーションでは機能訓練を行わない。
4. 就労年齢では復職に向けたリハビリテーションを行う。

Back to Top

第28回・按マ指

問題 86脊髄損傷完全麻痺の損傷レベルとリハビリテーションで到達するADLとの組合せで正しいのはどれか。
1. 第3頸髄---人工呼吸器の使用
2. 第6頸髄---BFOによる食事動作
3. 第8胸髄---電動車椅子による移動
4. 第4腰髄---長下肢装具による歩行

Back to Top

第28回・按マ指

問題 87下肢切断で断端管理の目的として誤っているのはどれか。
1. 浮腫予防
2. 筋力強化
3. 断端成熟促進
4. 拘縮予防

Back to Top

第28回・按マ指

問題 88脳性麻痺に生じる拘縮のない内反尖足に対する治療で最も適切なのはどれか。
1. 抗てんかん薬投与
2. ボツリヌス療法
3. ハムストリングス腱延長術
4. 足関節固定術

Back to Top

第28回・按マ指

問題 89コッドマン体操で正しいのはどれか。
1. 直立位で行う。
2. おもりは5kgが適切である。
3. おもりを持ち上げる運動を行う。
4. 関節可動域を拡大する。

Back to Top

第28回・按マ指

問題 90脊髄小脳変性症の失調症状に対するリハビリテーションで正しいのはどれか。
1. 発症早期から車椅子操作訓練を行う。
2. 上肢に重錘を巻くと歩行が安定する。
3. 立位姿勢でのバランス訓練が有効である。
4. メトロノームを用いた歩行訓練が有効である。

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 73脳卒中の急性期リハビリテーションについて正しいのはどれか。
1. 神経症状の増悪がある場合には動作を伴う訓練は行わない。
2. 起立性低血圧に対する配慮は必要ない。
3. 歩行訓練で長下肢装具を用いることはない。
4. ベッド上でのポジショニングは必要ない。

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 74徒手筋力テストで正しいのはどれか。
1. MMT1では筋収縮が全くみとめられない。
2. MMT2では筋収縮はみられるが関節運動は起こらない。
3. MMT3では抵抗を加えなければ重力に抗して正常可動域いっぱいに動く。
4. MMT4は筋力正常である。

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 81回復期リハビリテーション病棟で作業療法としてよく行われるのはどれか。
1. 歩行訓練
2. 巧緻動作訓練
3. 嚥下訓練
4. 立ち上がり動作訓練

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 82正常歩行のサイクルで正しいのはどれか。
1. 立脚中期に全足接地をする。
2. 二重支持期は40%である。
3. 立脚相で膝関節は1回屈曲する。
4. 遊脚相が立脚相より時間が長い。

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 83脳卒中片麻痺患者の動作について正しいのはどれか。
1. 衣服を着るときは健側から行う。
2. ベッドでの起き上がりは患側を下にする。
3. 歩行時には杖を健側で持つ。
4. 階段は患側から上がる。

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 84脊髄損傷の損傷レベルとkeymuscle(主たる残存筋)の組み合わせで正しいのはどれか。
1. C5---上腕三頭筋
2. C8---深指屈筋
3. L3---腸腰筋
4. L4---下腿三頭筋

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 85前腕義手のうち能動義手の特徴はどれか。
1. 装飾が主な目的である。
2. ケーブルでフックを開閉する。
3. モーターで動作をコントロールする。
4. 四辺形ソケットを用いる。

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 86脳性麻痺について正しいのはどれか。
1. 早期診断は容易である。
2. 診断が確定してから介入する。
3. 運動発達は自然に任せる。
4. 家族への保育指導を行う。

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 87呼吸理学療法と目的の組合せで正しいのはどれか。
1. 腹式呼吸訓練---一回換気量増大
2. 胸郭モビライゼーション---虚脱した気道の拡張
3. 体位ドレナージ---吸気機能強化
4. 口すぼめ呼吸---咳嗽機能強化

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 88大腿骨頸部骨折について正しいのはどれか。
1. 交通事故による受傷が最も多い。
2. 寝たきりの原因となることが多い。
3. 安静期間をおいて手術を行うことが推奨される。
4. 術後8週以降で荷重訓練を開始することが多い。

Back to Top