acpt.jp logomark

第1回・按マ指

問題 65頻尿の原因として誤っているのはどれか。
1. 尿路結石症
2. ネフローゼ症候群
3. 膀胱炎
4. 尿道炎

Back to Top

第1回・按マ指

問題 66肝硬変のときにみられる顔色で正しいのはどれか。
1. 蒼白
2. 紅潮
3. チアノーゼ
4. 黄疸

Back to Top

第1回・按マ指

問題 67脾腫の触れる部位はどれか。
1. 心窩部
2. 左季肋部
3. 右季肋部
4. 右腸骨窩

Back to Top

第1回・按マ指

問題 68尿に蛋白が出る原因で誤っているのはどれか。
1. 発熱
2. 腎下垂
3. 過激な運動
4. 食事

Back to Top

第1回・按マ指

問題 69下肢長について正しいのはどれか。
1. 上前腸骨棘から脛骨内果部まで
2. 下前腸骨棘から脛骨内果部まで
3. 大腿骨大転子部から脛骨内果部まで
4. 大腿骨骨頭から脛骨内果部まで

Back to Top

第1回・按マ指

問題 70回外運動はどの関節にみられるか。
1. 頸椎
2. 
3. 
4. 

Back to Top

第1回・按マ指

問題 71筋電図検査が診断に有用な疾患はどれか。
1. 捻挫
2. 神経線維の断裂
3. 腱組織の断裂
4. 骨折

Back to Top

第1回・按マ指

問題 72難聴の程度を検査する方法はどれか。
1. 耳鏡検査
2. オージオメーター検査
3. エックス線検査
4. 深部脳波検査

Back to Top

第1回・按マ指

問題 73生命徴候(バイタルサイン)に含まれないのはどれか。
1. 意識状態
2. 自発呼吸
3. 排便
4. 血圧

Back to Top

第1回・按マ指

問題 74心臓について誤っているのはどれか。
1. 右心房には静脈血が流入する。
2. 右心室には静脈血が流入する。
3. 肺動脈には動脈血が流れる。
4. 大動脈には動脈血が流れる。

Back to Top

第1回・按マ指

問題 75血圧について正しいのはどれか。
1. 最低血圧は静脈の血圧をいう。
2. 最高血圧は心室の拡張期の血圧である。
3. 上肢と下肢とで血圧値は同一である。
4. 最高血圧と最低血圧との差を脈圧という。

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 57慢性下痢を起こさない疾患はどれか。
1. 過敏性腸症候群
2. 十二指腸潰瘍
3. 吸収不良症候群
4. 潰瘍性大腸炎

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 58顔色で誤っているのはどれか。
1. 貧血では蒼白になる。
2. 低酸素血症ではチアノーゼを生じる。
3. 肝硬変では黄色となる。
4. アジソン病では白くなる。

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 59血清中のGOTが上昇しないのはどれか。
1. 急性肝炎
2. 肝癌
3. 胃炎
4. 心筋梗塞

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 60深部腱反射が亢進するのはどれか。
1. 神経根障害
2. 末梢神経障害
3. 錐体路障害
4. 脊髄前角障害

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 61外転運動で正しいのはどれか。
1. 足部を外側方に屈曲する運動
2. 肩関節で上肢を正中線から側方に挙げる運動
3. 膝関節を伸展させる運動
4. 手部を背側方に向ける運動

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 62多関節筋はどれか。
1. 上腕筋
2. 大殿筋
3. 外側広筋
4. 大腿二頭筋

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 63高熱とともに右季肋部痛を訴える場合にまず疑うべき疾患はどれか。
1. 胃癌
2. 急性胆嚢炎
3. 膵癌
4. 大動脈瘤破裂

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 64意識喪失の原因疾患となるのはどれか。
1. 肺炎
2. ネフローゼ症候群
3. 心室細動
4. 胃潰瘍

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 65心不全患者の処置で誤っているのはどれか。
1. 水分の摂取量を減らす。
2. 食塩の摂取量を増す。
3. 身体を保温する。
4. 上半身を高くする。

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 66呼吸困難について正しいのはどれか。
1. 右心不全では生じることはない。
2. 心臓喘息は肺うっ血による。
3. 過換気症候群は左心不全による。
4. 夜間発作性呼吸困難は心不全とは関係がない。

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 67めまい及びめまい感について誤っているのはどれか。
1. めまいは運動性の感覚を伴う。
2. 体が不安定な感覚をめまい感という。
3. メニエール病のめまいは小脳性である。
4. 自律神経失調症では、しばしばめまい感を伴う。

Back to Top

第1回・鍼灸

問題 68発熱について誤っているのはどれか。
1. 体温調節中枢が関与する。
2. 脈拍数が増加する。
3. 感染症による場合、赤血球数が増加する。
4. 膠原病による場合、しばしば皮疹や関節痛を伴う。

Back to Top

第2回・按マ指

問題 65臓器と触診部位との組合せで正しいのはどれか。
1. 肝臓---左季肋部
2. 脾臓---左下腹部
3. 虫垂---右下腹部
4. 膵臓---右側腹部

Back to Top

第2回・按マ指

問題 66血圧について正しい記述はどれか。
1. 触診法では最低血圧はわからない。
2. 収縮期血圧と最低血圧とは同じである。
3. 個人の血圧は一日中一定である。
4. 拡張期血圧は血管が最も拡張した時の血圧である。

Back to Top

第2回・按マ指

問題 67多尿の原因とならない嗜好品はどれか。
1. タバコ
2. お茶
3. お酒
4. コーヒー

Back to Top

第2回・按マ指

問題 68検査と診断との組合せで誤っているのはどれか。
1. 心電図---不整脈
2. レントゲン---心拡大
3. 脳波---てんかん
4. 筋電図---心筋症

Back to Top

第2回・按マ指

問題 69関節形態が球関節であるのはどれか。
1. 肩関節
2. 肘関節
3. 膝関節
4. 足関節

Back to Top

第2回・按マ指

問題 70生理的反射はどれか。
1. オッペンハイム反射
2. バビンスキー反射
3. 膝蓋腱反射
4. チャドック反射

Back to Top

第2回・按マ指

問題 71意識障害の原因とならない病態はどれか。
1. 低血糖
2. てんかん
3. ショック
4. 狭心症

Back to Top

第2回・按マ指

問題 72大腿四頭筋麻痺はどの神経の障害で起こるか。
1. 肋間神経
2. 腰神経
3. 坐骨神経
4. 尾骨神経

Back to Top

第2回・按マ指

問題 73表在知覚でないのはどれか。
1. 聴覚
2. 痛覚
3. 温度覚
4. 触覚

Back to Top

第2回・按マ指

問題 74神経について正しい記述はどれか。
1. 知覚神経は遠心性に刺激を伝える。
2. 運動神経は平滑筋に分布する。
3. 交感神経は血管に分布する。
4. 副交感神経は骨格筋に分布する。

Back to Top

第2回・按マ指

問題 75三角筋の支配神経はどれか。
1. 長胸神経
2. 筋皮神経
3. 尺骨神経
4. 腋窩神経

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 57頻脈となる疾患はどれか。
1. 心ブロック
2. 脳圧亢進
3. バセドウ病
4. 洞不全症候群

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 58浮腫の原因となる病態はどれか。
1. 低蛋白血症
2. 低カリウム血症
3. 高脂血症
4. 高尿酸血症

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 59歩行と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
1. 間欠性跛行---進行性筋ジストロフィー
2. すくみ足歩行---パーキンソン症候群
3. 失調性歩行---小脳変性症
4. トレンデレンブルグ歩行---先天性股関節脱臼

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 60顔貌と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
1. 無欲性顔貌---うつ病
2. ヒポクラテス顔貌---癌末期
3. 仮面様顔貌---神経症
4. 満月様顔貌---クッシング症候群

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 61問診について正しい記述はどれか。
1. 信頼関係が重要である。
2. 最初から特定の疾患を推定して行う。
3. 訴えは医学専門用語で記載する。
4. 患者の職場の上司には問診の内容を話す。

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 62心電図検査でわからない病態はどれか。
1. 不整脈
2. 心肥大
3. 心筋梗塞
4. 心筋収縮不全

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 63WHOの高血圧分類で境界域の拡張期血圧はどれか。
1. 80〜89mmHg
2. 90〜94mmHg
3. 95〜99mmHg
4. 100〜104mmHg

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 64臍部の皮膚知覚の支配神経はどれか。
1. 第7胸神経
2. 第10胸神経
3. 第1腰神経
4. 第5腰神経

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 65意識障害に含まれない症状はどれか。
1. 傾眠
2. 昏睡
3. 抑うつ
4. せん妄

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 66膝蓋腱反射について正しい記述はどれか。
1. 表在反射の一つである。
2. 反射中枢は脊髄にある。
3. ビタミンD欠乏症で亢進する。
4. 坐骨神経の疾患で減弱する。

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 67腋窩温と直腸温との比較で正しい記述はどれか。
1. 腋窩温が約2℃低い。
2. 腋窩温が約1℃低い。
3. 直腸温が約1℃低い。
4. 直腸温が約2℃低い。

Back to Top

第2回・鍼灸

問題 68次の文は何の障害を示すか。「うとうと眠っているようにみえるが、比較的軽い刺激に反応し、質問にも答えられる。」
1. 記憶
2. 感情
3. 意識
4. 知能

Back to Top

第3回・按マ指

問題 65血圧について正しい記述はどれか。
1. 最高血圧とは拡張期圧をいう。
2. 単に血圧といえば静脈内圧をいう。
3. 触診法では収縮期圧を測定する。
4. 左右の手の血圧の差を脈圧という。

Back to Top

第3回・按マ指

問題 66心電図検査が診断上特に重要な疾患はどれか。
1. 心臓神経症
2. 低血圧症
3. スポーツ心臓
4. 狭心症

Back to Top

第3回・按マ指

問題 67血尿をきたしにくい疾患はどれか。
1. 急性糸球体腎炎
2. 前立腺肥大症
3. 尿路結石症
4. 膀胱腫瘍

Back to Top

第3回・按マ指

問題 68多尿の原因とならないのはどれか。
1. 浮腫消退期
2. 心因性多飲
3. 尿崩症
4. 心不全

Back to Top

第3回・按マ指

問題 69肥満について誤っている記述はどれか。
1. 単純性肥満が大部分を占める。
2. 単純性肥満では食事療法を行う。
3. 症候性肥満では内分泌検査を行う。
4. 症候性肥満では運動療法を行う。

Back to Top

第3回・按マ指

問題 70浮腫の原因とならない疾患はどれか。
1. 心不全
2. 腎炎
3. 栄養失調
4. 痛風

Back to Top

第3回・按マ指

問題 71黄疸をきたさない疾患はどれか。
1. 急性肝炎
2. 脂肪肝
3. 胆石症
4. 溶血性貧血

Back to Top

第3回・按マ指

問題 72疾患と好発する性・年齢との組合せで正しいのはどれか。
1. 慢性関節リウマチ---20〜40歳の女性
2. 痛風---思春期の男性
3. 重症筋無力症---高齢期の女性
4. アルツハイマー病---若年男性

Back to Top

第3回・按マ指

問題 73症候と障害されている神経との組合せで誤っているのはどれか。
1. 眼瞼下垂---動眼神経
2. 味覚障害---滑車神経
3. ベル麻痺---顔面神経
4. 嚥下障害---舌下神経

Back to Top

第3回・按マ指

問題 74主に四肢近位に筋萎縮がみられる疾患はどれか。
1. 筋萎縮性側索硬化症
2. 多発性神経炎
3. 筋ジストロフィー
4. 脳卒中後遺症

Back to Top

第3回・按マ指

問題 75腹部の触診と病態との組合せで誤っているのはどれか。
1. 筋性防御---腹膜炎
2. マックバーネー点---急性虫垂炎
3. 波動---腹水
4. ランツ点---急性胆嚢炎

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 57心不全の徴候でないのはどれか。
1. 頸静脈拡張
2. 肝臓腫大
3. 起立性低血圧
4. 腹水

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 58脈拍のリズムについて正しい記述はどれか。
1. 期外収縮とは脈が1拍欠けるものをいう。
2. 心房細動は絶対性不整脈を示す。
3. 完全房室ブロックでは脈が速くなる。
4. 洞性不整脈と呼吸のリズムとは無関係である。

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 59低比重尿をきたす疾患はどれか。
1. 尿崩症
2. うっ血性心不全
3. 糖尿病
4. ネフローゼ症候群

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 60出血傾向がみられない疾患はどれか。
1. 急性骨髄性白血病
2. 鉄欠乏性貧血
3. 壊血病
4. 肝硬変

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 61やせをきたさない疾患はどれか。
1. 甲状腺機能亢進症
2. 糖尿病
3. クッシング症候群
4. 褐色細胞腫

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 62圧痛を特徴とするリンパ節腫脹がみられる疾患はどれか。
1. 化膿性リンパ節炎
2. 結核性リンパ節炎
3. 悪性リンパ腫
4. 転移性悪性腫瘍

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 63浮腫と原因との組合せで正しいのはどれか。
1. 粘液水腫---腎機能低下
2. 肝性浮腫---低蛋白血症
3. 腎性浮腫---副腎機能低下
4. 心性浮腫---静脈圧低下

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 64高次脳機能障害と症状との組合せで誤っているのはどれか。
1. ブローカー失語症---音読障害
2. ウェルニッケ失語症---理解障害
3. 失行症---情緒障害
4. 失認症---認識障害

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 65アキレス腱反射が消失する椎間板ヘルニアの部位はどれか。
1. L2〜L3間
2. L3〜L4間
3. L4〜L5間
4. L5〜S1間

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 66反射と病態との組合せで誤っているのはどれか。
1. 深部反射亢進---多発性神経炎
2. 病的反射---錐体路障害
3. 深部反射減弱---筋ジストロフィー
4. 姿勢反射異常---脳性麻痺

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 67疾患と痛みが放散する部位との組合せで誤っているのはどれか。
1. 胆石症---右肩
2. 尿管結石---鼠径部
3. 狭心症---左肩
4. 十二指腸潰瘍---右肩

Back to Top

第3回・鍼灸

問題 68急性腹症を起こしにくい疾患はどれか。
1. 胃潰瘍
2. 胆石症
3. 卵巣嚢腫
4. 子宮筋腫

Back to Top

第4回・按マ指

問題 65生命徴候(バイタルサイン)の検査項目として誤っているのはどれか。
1. 体温
2. 脈拍数
3. 呼吸数
4. 瞳孔対光反射

Back to Top

第4回・按マ指

問題 66体温測定でも最も高値を示す部位はどれか。
1. 直腸
2. 口腔
3. 腋窩
4. 前額

Back to Top

第4回・按マ指

問題 67頻脈とならないのはどれか。
1. 発熱
2. 運動
3. 精神的緊張
4. 睡眠

Back to Top

第4回・按マ指

問題 68健常者の血圧について正しい記述はどれか。
1. 右手より左手の方が高い。
2. 臥位と立位では異なる。
3. 拡張期血圧が収縮期血圧より高い。
4. 上肢と下肢では差がない。

Back to Top

第4回・按マ指

問題 69胸痛を起こす疾患で適切な記述はどれか。
1. 自然気胸の痛みは突然起こる。
2. 心筋梗塞の痛みは数分で始まる。
3. 狭心症の痛みは右肩に放散する。
4. 解離性大動脈瘤は胸全体に鈍痛が起こる。

Back to Top

第4回・按マ指

問題 70急激な疼痛を伴わない疾患はどれか。
1. 急性膵炎
2. 胃穿孔
3. 急性肝炎
4. 尿路結石

Back to Top

第4回・按マ指

問題 71頻尿の原因とならない疾患はどれか。
1. 尿崩症
2. 前立腺肥大症
3. 脱水症
4. 糖尿病

Back to Top

第4回・按マ指

問題 72浮腫をきたす疾患として適切でないのはどれか。
1. うっ血性心不全
2. 急性肝炎
3. ネフローゼ症候群
4. 急性腎炎

Back to Top

第4回・按マ指

問題 73検査について誤っている組合せはどれか。
1. トーマステスト---股関節の屈曲拘縮
2. ラセーグテスト---頸部脊椎症
3. マクマレーテスト---膝半月板損傷
4. 膝の引き出しテスト---十字靱帯断裂

Back to Top

第4回・按マ指

問題 74測定部位で誤っているものはどれか。
1. 上肢長---肩峰と橈骨茎状突起との間
2. 下肢長---上前腸骨棘と内果との間
3. 大腿周径---膝関節裂隙の位置
4. 下腿周径---下腿の最大部位

Back to Top

第4回・按マ指

問題 75運動麻痺で誤っているのはどれか。
1. 片麻痺---一側の上下肢
2. 対麻痺---一側上肢と反対側下肢
3. 単麻痺---四肢のうち一肢
4. 四肢麻痺---両側上下肢

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 57心電図検査で判定できる病態はどれか。
1. 高尿酸血症
2. 耐糖能異常
3. 脂質異常
4. 電解質異常

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 58呼吸器を介して感染する疾患はどれか。
1. 風疹
2. A型肝炎
3. マラリア
4. 日本脳炎

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 59浮腫の原因でないのはどれか。
1. 静脈圧の上昇
2. 血漿浸透圧の低下
3. 腎のナトリウム再吸収の増加
4. バソプレシンの分泌低下

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 60検査と疾患との組合せで適切でないのはどれか。
1. リウマチ因子---リウマチ熱
2. 抗核抗体---全身性エリテマトーデス
3. クームス試験---自己免疫性溶血性貧血
4. ASO値---急性糸球体腎炎

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 61反射について誤っている組合せはどれか。
1. バビンスキー反射---病的反射
2. 膝蓋腱反射---深部反射
3. 挙睾筋反射---表在反射
4. トレムナー反射---自律神経反射

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 62検査法で誤っている組合せはどれか。
1. スパーリングテスト---椎間孔圧迫テスト
2. ブラガードサイン---神経伸展テスト
3. アレンテスト---胸郭出口部圧迫テスト
4. ファレンテスト---末梢血管圧迫テスト

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 63髄膜刺激症状で誤っているのはどれか。
1. 項部硬直
2. ケルニッヒ徴候
3. トレンデレンブルグ徴候
4. ラセーグ徴候

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 64脳神経と症状との組合せで正しいのはどれか。
1. 動眼神経---アーガイル・ロバートソン徴候
2. 三叉神経---ベル麻痺
3. 顔面神経---舌萎縮
4. 迷走神経---味覚障害

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 65分回し歩行を示すのはどれか。
1. ギラン・バレー症候群
2. 脳卒中
3. 脊髄小脳変性症
4. 慢性関節リウマチ

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 66気道確保の方法で最も適切な記述はどれか。
1. 頭部を前屈させる
2. 顔を出来るだけ横に向ける
3. 頭部を後屈してオトガイを挙上する
4. 口を大きく開く

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 67物理療法について誤っている記述はどれか。
1. 低周波療法は鎮痛に用いられる
2. 温熱療法を行う際には知覚障害に注意する
3. 間欠牽引は骨折の治療に用いられる
4. 水治療法は運動療法に応用される

Back to Top

第4回・鍼灸

問題 68骨髄移植の適応となる疾患はどれか。
1. 悪性貧血
2. 白血病
3. 血友病
4. エイズ

Back to Top

第5回・按マ指

問題 65拍動が触れにくいのはどれか。
1. 橈骨動脈
2. 椎骨動脈
3. 総頸動脈
4. 足背動脈

Back to Top

第5回・按マ指

問題 66乏尿の原因疾患はどれか。
1. 急性腎不全
2. 糖尿病
3. 膀胱炎
4. 尿崩症

Back to Top

第5回・按マ指

問題 67経皮的に感染する疾患はどれか。
1. 日本脳炎
2. 猩紅熱
3. 風疹
4. 麻疹

Back to Top

第5回・按マ指

問題 68腹痛の原因で適切でないのはどれか。
1. 腸閉塞
2. 尿管結石
3. 急性虫垂炎
4. 急性気管支炎

Back to Top

第5回・按マ指

問題 69便秘の原因として適切でないのはどれか。
1. 生活様式の変化
2. 内臓下垂
3. 腸管癒着
4. 食品アレルギー

Back to Top

第5回・按マ指

問題 70骨折の症状で誤っているのはどれか。
1. 限局性圧痛
2. 異常可動性
3. ばね様固定
4. 機能障害

Back to Top

第5回・按マ指

問題 71気管支喘息発作時の呼吸で誤っているのはどれか。
1. 呼吸数の増加
2. 吸気の延長
3. 起坐位
4. 喘鳴

Back to Top

第5回・按マ指

問題 72直腸の指診で検査できないのはどれか。
1. 前立腺
2. 子宮
3. ダグラス窩
4. 虫垂

Back to Top

第5回・按マ指

問題 73精神発達遅滞の原因で誤っているのはどれか。
1. 代謝異常
2. 妊娠中の異常
3. アルツハイマー病
4. 脳炎

Back to Top

第5回・按マ指

問題 74精神療法で面接を主体とするのはどれか。
1. 自律訓練
2. 行動療法
3. カウンセリング
4. 作業療法

Back to Top

第5回・按マ指

問題 75病的反射でないのはどれか。
1. アシュネル
2. チャドック
3. バビンスキー
4. オッペンハイム

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 57過換気症候群の誘因で正しいのはどれか。
1. 気管支喘息
2. うっ血性心不全
3. 精神的興奮
4. 過食

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 58白血球が増えない疾患はどれか。
1. 急性腎盂腎炎
2. 急性虫垂炎
3. 急性白血病
4. インフルエンザ

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 59低蛋白血症を特徴とする疾患はどれか。
1. クインケ浮腫
2. うっ血性心不全
3. ネフローゼ症候群
4. 慢性糸球体腎炎

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 60反射と徴候との組合せで適切でないのはどれか。
1. バビンスキー反射---痙性歩行
2. 頸動脈洞反射---徐脈
3. 輻輳反射---散瞳
4. 対光反射---縮瞳

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 61頸肩腕痛の原因とならない疾患はどれか。
1. 胸郭出口症候群
2. 後縦靱帯骨化症
3. 頸椎椎間板ヘルニア
4. 手根管症候群

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 62スポーツ障害と障害部位との組合せで適切でないのはどれか。
1. 野球肘---上腕骨内側上顆骨端線
2. 野球肩---肩鎖関節
3. ジャンパー膝---膝蓋靱帯
4. 疲労骨折---脛骨骨幹部

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 63創傷治癒を促進するのはどれか。
1. 安静
2. 感染
3. 異物
4. 低蛋白血症

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 64運動神経をブロックする目的で利用されるのはどれか。
1. 大後頭神経ブロック
2. 顔面神経ブロック
3. 三叉神経ブロック
4. 肋間神経ブロック

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 65機械的止血法でないのはどれか。
1. 圧迫
2. 結紮
3. 縫合
4. 電気凝固

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 66神経症はどれか。
1. 心気症
2. 狭心症
3. 過換気症候群
4. 十二指腸潰瘍

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 67錐体路障害の症状で適切なのはどれか。
1. 病的反射の出現
2. ロンベルグ徴候
3. 線維束性攣縮
4. 深部反射の減弱

Back to Top

第5回・鍼灸

問題 68深部反射とその中枢との組合せで誤っているのはどれか。
1. 上腕二頭筋反射---C5〜C6
2. 上腕三頭筋反射---Th1〜Th2
3. 膝蓋腱反射---L2〜L4
4. アキレス腱反射---S1〜S2

Back to Top

第6回・按マ指

問題 65高血圧を伴う疾患はどれか。
1. 膀胱腫瘍
2. 前立腺肥大
3. 睾丸腫瘍
4. 腎硬化症

Back to Top

第6回・按マ指

問題 66知能低下をきたす疾患はどれか。
1. 神経症
2. うつ病
3. アルツハイマー病
4. 精神分裂病

Back to Top

第6回・按マ指

問題 67めまいの原因疾患でないのはどれか。
1. 中耳炎
2. 脳動脈硬化症
3. メニエール病
4. 慢性鼻炎

Back to Top

第6回・按マ指

問題 68腹痛の原因で適切でないのはどれか。
1. 腸閉塞
2. 尿路結石
3. 急性虫垂炎
4. 糖尿病

Back to Top

第6回・按マ指

問題 69耳鳴りの原因で適切でないのはどれか。
1. 外耳道異物
2. 外耳道湿疹
3. 中耳炎
4. メニエール病

Back to Top

第6回・按マ指

問題 70聴診法による血圧測定で収縮期血圧に相当するのはどれか。
1. 音が聴こえ始める点
2. 音が最も大きく聴こえる点
3. 突然音が小さくなる点
4. 音が完全に消失する点

Back to Top

第6回・按マ指

問題 71気管支喘息発作時の呼吸困難で楽な体位はどれか。
1. 仰臥位
2. 起坐位
3. 側臥位
4. 腹臥位

Back to Top

第6回・按マ指

問題 72安静時腰痛を特徴とするのはどれか。
1. 脊椎骨の先天奇形
2. 骨粗鬆症
3. 悪性腫瘍の脊椎転移
4. 変形性脊椎症

Back to Top

第6回・按マ指

問題 73蛋白尿が認められない疾患はどれか。
1. 前立腺肥大
2. 急性糸球体腎炎
3. ネフローゼ症候群
4. 糖尿病性腎症

Back to Top

第6回・按マ指

問題 74褥瘡の発生に関係ないのはどれか。
1. 化学療法
2. 栄養失調
3. 長期臥床
4. 片麻痺

Back to Top

第6回・按マ指

問題 75神経痛の起こらない神経はどれか。
1. 三叉神経
2. 副神経
3. 坐骨神経
4. 肋間神経

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 57スプーン状爪のみられるのはどれか。
1. 細菌性食中毒
2. 糸球体腎炎
3. 血友病
4. 鉄欠乏性貧血

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 58眼球運動に関与しない神経はどれか。
1. 視神経
2. 動眼神経
3. 滑車神経
4. 外転神経

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 59下位運動ニューロン障害で正しいのはどれか。
1. 腱反射の亢進
2. 筋萎縮
3. 不随意運動
4. 感覚障害

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 60自律神経症状はどれか。
1. ラセーグ徴候
2. バビンスキー徴侯
3. ホルネル症候
4. ブラウンセカール症候

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 61反射と徴候との組合せで誤っているのはどれか。
1. 病的反射---錐体路徴候
2. 頸動脈反射---血圧下降
3. 輻輳反射---瞳孔散大
4. 対光反射---瞳孔縮小

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 62髄膜刺激症候でないのはどれか。
1. 項部硬直
2. ロンベルグ徴候
3. ブルジンスキー徴候
4. ケルニッヒ徴候

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 63心電図が診断上有用でない疾患はどれか。
1. 解離性大動脈瘤
2. 期外収縮
3. 狭心症
4. 心筋梗塞

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 64三叉神経痛を発症しやすい疾患はどれか。
1. 上顎洞炎
2. 扁桃炎
3. 喉頭炎
4. 内耳炎

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 65手指の変形と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
1. ヘバーデン結節---変形性関節症
2. ボタン穴変形---慢性関節リウマチ
3. クモ状指---マルファン症候群
4. デュプイトレン拘縮---感染症

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 66乏血性ショックの症状でないのはどれか。
1. 頻脈
2. 血圧下降
3. 中心静脈圧上昇
4. 尿量滅少

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 67ウイルス感染症でないのはどれか。
1. 急性灰白髄炎(ポリオ)
2. 脊髄癆
3. ヘルペス脳炎
4. 日本脳炎

Back to Top

第6回・鍼灸

問題 68鶏歩を示すのはどれか。
1. 腓骨神経麻痺
2. 進行性筋ジストロフィー症
3. 片麻痺
4. パーキンソン病

Back to Top

第7回・按マ指

問題 65肥満をきたす疾患はどれか。
1. クッシング症候群
2. アジソン病
3. バセドウ病
4. 尿崩症

Back to Top

第7回・按マ指

問題 66表在反射はどれか。
1. 対光反射
2. アシュネル反射
3. 下顎反射
4. 腹壁反射

Back to Top

第7回・按マ指

問題 67運動麻痺の症候でないのはどれか。
1. 下垂手
2. 太鼓ばち指
3. 猿手
4. 尖足

Back to Top

第7回・按マ指

問題 68病的反射でないのはどれか。
1. バビンスキー反射
2. ホフマン反射
3. アシュネル反射
4. チャドック反射

Back to Top

第7回・按マ指

問題 69浮腫と症状との組合せで誤っているのはどれか。
1. 心臓性浮腫---下肢に初発
2. 腎性浮腫---顔面に初発
3. 肝性浮腫---腹水
4. 低栄養性浮腫---静脈怒張

Back to Top

第7回・按マ指

問題 70打診で濁音が認められるのはどれか。
1. 肺気腫
2. 気胸
3. 腹水
4. 鼓腸

Back to Top

第7回・按マ指

問題 71トレンデレンブルグ徴候はどの関節の障害で起こるか。
1. 肩関節
2. 肘関節
3. 股関節
4. 膝関節

Back to Top

第7回・按マ指

問題 72マクマレーテストが陽性となる疾患はどれか。
1. 半月板損傷
2. 十字靱帯損傷
3. 側副靱帯損傷
4. 膝蓋靱帯損傷

Back to Top

第7回・按マ指

問題 73触診で発見できないのはどれか。
1. リンパ節腫脹
2. 胸部大動脈瘤
3. 肝臓の腫大
4. 腹部の腫瘤

Back to Top

第7回・按マ指

問題 74生命徴候に含まれないのはどれか。
1. 呼吸
2. 脈拍
3. 体温
4. 意識

Back to Top

第7回・按マ指

問題 75脳腫瘍の症状はどれか。
1. 発熱
2. けいれん
3. 冷や汗
4. 頻脈

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 57皮疹の分類で続発疹はどれか。
1. 膿瘍
2. 結節
3. 丘疹
4. 水疱

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 58手指振戦をきたす疾患はどれか。
1. アジソン病
2. バセドウ病
3. 尿崩症
4. 粘液水腫

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 59多発性神経炎の感覚障害はどれか。
1. 分節性
2. 解離性
3. 手袋靴下型
4. 片側性

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 60下位運動ニューロン障害で誤っている徴候はどれか。
1. 弛緩性麻痺
2. 深部反射の低下
3. 筋萎縮
4. 病的反射

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 61橈骨動脈の脈拍について正しいのはどれか。
1. 示指で触診する。
2. 右より左が大きい。
3. 大動脈炎症候群では右が大きい。
4. ショック時には触れにくくなる。

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 62腰下肢痛患者に行うテストはどれか。
1. ジャクソンテスト
2. ラセーグテスト
3. ヤーガソンテスト
4. ライトテスト

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 63関節可動域検査の原則で誤っているのはどれか。
1. 測定には角度計を用いる。
2. 直立したときの関節の肢位を基本とする。
3. 自動的可動域で表示する。
4. 健側と患側とを測定する。

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 64母指球に萎縮がみられるのはどれか。
1. 筋皮神経麻痺
2. 尺骨神経麻痺
3. 橈骨神経麻痺
4. 正中神経麻痺

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 65呼吸音の強さに左右差が起こる疾患はどれか。
1. 慢性気管支炎
2. 肺気腫
3. 自然気胸
4. 気管支喘息

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 66突然卒倒した人で最初に確認すべきことはどれか。
1. 意識
2. 呼吸
3. 脈拍
4. 気管支喘息

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 67錐体路障害の症候で適切でないのはどれか。
1. 筋緊張亢進
2. 痙性麻痺
3. 病的反射出現
4. 深部反射減弱

Back to Top

第7回・鍼灸

問題 68所見と障害との組合せで誤っているのはどれか。
1. ロンベルグ徴候---脊髄後索障害
2. バビンスキー徴候---末梢神経障害
3. レイノー症候---自律神経障害
4. ブラウンセカール症候---脊髄半側障害

Back to Top

第8回・按マ指

問題 65伝染性膿痂疹について正しい記述はどれか。
1. 緑膿菌感染が原因となる。
2. びらんを生じやすい。
3. 瘢痕を残し治癒する。
4. 再発しない。

Back to Top

第8回・按マ指

問題 66視床下部から分泌されるホルモンはどれか。
1. ゴナドトロピン放出ホルモン
2. プロゲステロン
3. 卵胞刺数ホルモン
4. 黄体形成ホルモン

Back to Top

第8回・按マ指

問題 67単純性肥満で誤っている記述はどれか。
1. 脂肪沈着は体幹に限局する。
2. 内分泌機能は正常である。
3. 摂取カロリーの過剰による。
4. 遣伝性因子が関与する。

Back to Top

第8回・按マ指

問題 68深部感覚はどれか。
1. 触覚
2. 温度覚
3. 二点識別覚
4. 振動覚

Back to Top

第8回・按マ指

問題 69I型アレルギー反応でない疾患はどれか。
1. じんま疹
2. 接触性皮膚炎
3. 花粉症
4. 気管支喘息

Back to Top

第8回・按マ指

問題 70手根管症候群でみられない徴候はどれか。
1. 手掌のしびれ
2. レイノー現象
3. 母指球の萎縮
4. チネル徴候

Back to Top

第8回・按マ指

問題 71全身性浮腫でないのはどれか。
1. 心臓性浮腫
2. 腎性浮腫
3. 低栄養性浮腫
4. 炎症性浮腫

Back to Top

第8回・按マ指

問題 72腰痛の原因とならない疾患はどれか。
1. 骨粗鬆症
2. オスグット・シュラッター病
3. 腰部椎間板ヘルニア
4. 脊椎カリエス

Back to Top

第8回・按マ指

問題 73他覚的身体所見はどれか。
1. 動悸
2. 胸痛
3. 息切れ
4. 心尖拍動

Back to Top

第8回・按マ指

問題 74悪性腫瘍の治療法でないのはどれか。
1. 紫外線療法
2. 薬物療法
3. 放射線療法
4. 手術療法

Back to Top

第8回・按マ指

問題 75神経症として適切でないのはどれか。
1. 恐怖症
2. 心気症
3. 心身症
4. ヒステリー

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 57低身長を起こさない疾患はどれか。
1. 下垂体前葉機能不全症
2. ターナー症候群
3. クレチン病
4. クラインフェルター症候群

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 58湿疹の症候でないのはどれか。
1. 膨疹
2. 紅斑
3. 小水庖
4. 鱗屑

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 59表在反射でないのはどれか。
1. 角膜反射
2. 咽頭反射
3. 下顎反射
4. 挙睾筋反射

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 60下痢を主訴としない疾患はどれか。
1. 十二指腸憩室
2. 胃切除後症候群
3. 過敏性腸症候群
4. 潰瘍性大腸炎

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 61随時血圧測定で誤っている記述はどれか。
1. 坐位で測定する。
2. 収縮期血圧はスワン第5点で判定する。
3. 収縮期血圧は触診法で測定できる。
4. 収縮期血圧は触診法よりも聴診法で高値を示す。

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 62脱臼直後の処置として適切でないのはどれか。
1. 整復
2. 固定
3. 冷却
4. 関節穿刺

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 63骨粗鬆症で骨折しにくい部位はどれか。
1. 脊椎椎体
2. 頭蓋骨
3. 大腿骨頸部
4. 橈骨遠位端

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 64細菌が原因となる感染症はどれか。
1. インフルエンザ
2. C型肝炎
3. カンジダ症
4. 腸チフス

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 65一次救命処置に含まれないのはどれか。
1. 気道確保
2. 口-口式人工呼吸
3. バッグ・マスク式人工呼吸
4. 胸骨圧迫心臓マッサージ

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 66言語を理解できないのはどれか。
1. ブローカ失語
2. ウェルニッケ失語
3. 健忘失語
4. 伝導失語

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 67歩行について誤っている組合せはどれか。
1. 鶏歩---下位運動ニューロン障害
2. 痙性歩行---上位運動ニューロン障害
3. アヒル歩行---錐体外路障害
4. 失調性歩行---小脳障害

Back to Top

第8回・鍼灸

問題 68正しい組合せはどれか。
1. 痙性麻痺---折りたたみナイフ現象
2. 弛緩性麻痺---鉛管現象
3. 筋強剛(固縮)---反射亢進
4. 痙直---振り子様運動

Back to Top

第9回・按マ指

問題 65熱型と疾患との組合せで正しいのはどれか。
1. 弛張熱---マラリア
2. 稽留熱---粟粒結核
3. 間欠熱---敗血症
4. 波状熱---化膿性疾患

Back to Top

第9回・按マ指

問題 66腎盂腎炎の感染経路とならないのはどれか。
1. 経口感染
2. 血行性感染
3. リンパ行性感染
4. 逆行性感染

Back to Top

第9回・按マ指

問題 67小脳障害症状でないのはどれか。
1. 企図振戦
2. 失調性歩行
3. 深部感覚障害
4. 交互変換運動障害

Back to Top

第9回・按マ指

問題 68上位運動ニューロン障害の徴候はどれか。
1. 筋萎縮
2. 病的反射出現
3. 深部反射低下
4. 筋緊張低下

Back to Top

第9回・按マ指

問題 69理学的検査で誤っている組合せはどれか。
1. 瞳孔---輻輳反射
2. 肺---ラ音
3. 心臓---グル音
4. 腹部---ブルンベルグ徴候

Back to Top

第9回・按マ指

問題 70身体の診察で正しい記述はどれか。
1. 腹部触診は疼痛部から行う。
2. 橈骨動脈の拍動は左が右より強い。
3. 心臓部は打診で濁音を呈する。
4. 高周波音はベル型で聴診する。

Back to Top

第9回・按マ指

問題 71四肢周径の測定部位で誤っている組合せはどれか。
1. 上腕---上腕の最も太い部位
2. 前腕---前腕の最も太い部位
3. 大腿---膝関節外側裂隙から左右同じ距離
4. 下腿---膝関節と足関節の中央

Back to Top

第9回・按マ指

問題 72脊柱の生理的弯曲で正しいのはどれか。
1. 頸椎前弯
2. 胸椎前弯
3. 腰椎後弯
4. 仙椎前弯

Back to Top

第9回・按マ指

問題 73筋性防御をきたすのはどれか。
1. 汎発性腹膜炎
2. C型肝炎
3. 糸球体腎炎
4. 前立腺炎

Back to Top

第9回・按マ指

問題 74関節運動とその主動作筋との組合せで誤っているのはどれか。
1. 膝関節伸展---大腿四頭筋
2. 股関節外転---中殿筋
3. 肩関節外転---三角筋
4. 足関節屈曲---前脛骨筋

Back to Top

第9回・按マ指

問題 75腹部の触診で触れないのはどれか。
1. 肝臓
2. 脾臓
3. 腎臓
4. 前立腺

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 57聴診で呼吸音が減弱しないのはどれか。
1. 気胸
2. 肺水腫
3. 肺気腫
4. 無気肺

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 58日和見感染の原因でないのはどれか。
1. インフルエンザウイルス
2. ニューモシスチス・カリニ
3. カンジダ
4. 緑膿菌

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 59障害により下垂手をきたすのはどれか。
1. 橈骨神経
2. 正中神経
3. 尺骨神経
4. 腋窩神経

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 60脳腫瘍でみられる頭痛はどれか。
1. 筋収縮性頭痛
2. 牽引性頭痛
3. 片頭痛
4. 群発頭痛

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 61誤っている組合せはどれか。
1. 脊柱側弯---坐骨神経痛
2. 亀背---くる病
3. 前傾位---パーキンソン病
4. 腰椎後弯---進行性筋ジストロフィー症

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 62神経伸展テストはどれか。
1. マクマレーテスト
2. ラセーグテスト
3. ライトテスト
4. スパーリングテスト

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 63嗄声に関与するのはどれか。
1. 顔面神経
2. 舌咽神経
3. 迷走神経
4. 舌下神経

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 64誤っている組合せはどれか。
1. テニス肘---上腕骨外側上顆炎
2. 野球肘---離断性骨軟骨炎
3. ジャンパー膝---膝蓋靱帯炎
4. 平泳ぎ膝---外側側副靱帯炎

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 65急性炎症の徴候でないのはどれか。
1. 発熱
2. 腫脹
3. 出血
4. 疼痛

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 66胸郭出口症候群の診断テストでないのはどれか。
1. ライトテスト
2. アドソンテスト
3. モーレイテスト
4. ファレンテスト

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 67ショックを起こしやすい疾患はどれか。
1. 脳出血
2. 狭心症
3. 重症熱傷
4. 腎結石症

Back to Top

第9回・鍼灸

問題 68緊急手術を要するのはどれか。
1. 卵巣嚢腫茎捻転
2. 心臓弁膜症
3. 胃潰瘍
4. 気胸

Back to Top

第10回・按マ指

問題 65視野狭窄を起こさない疾患はどれか。
1. 網膜色素変性症
2. 白内障
3. 緑内障
4. 網膜剥離

Back to Top

第10回・按マ指

問題 66発疹の種類で原発疹はどれか。
1. 鱗屑
2. 色素斑
3. びらん
4. 膿瘍

Back to Top

第10回・按マ指

問題 67浮腫が起こりにくい部位はどれか。
1. 下腿
2. 足背
3. 手掌
4. 眼の周囲

Back to Top

第10回・按マ指

問題 68手根管症候群の診断に用いられるのはどれか。
1. アドソンテスト
2. アレンテスト
3. ファレンテスト
4. ライトテスト

Back to Top

第10回・按マ指

問題 69デルマトームに一致した感覚障害を示すのはどれか。
1. 脳卒中
2. 頸椎椎間板ヘルニア
3. 糖尿病性ニューロパチー
4. ギラン・バレー症候群

Back to Top

第10回・按マ指

問題 70疾患と検査との組合せで適切でないのはどれか。
1. アルツハイマー病---髄液検査
2. 多発神経炎---筋電図
3. 脳腫瘍---MRI
4. てんかん---脳波

Back to Top

第10回・按マ指

問題 71動悸がみられないのはどれか。
1. 低血糖
2. 褐色細胞腫
3. 脚気
4. 甲状腺機能低下症

Back to Top

第10回・按マ指

問題 72疾患と症状との組合せで正しいのはどれか。
1. ジフテリア---アフタ性潰瘍
2. 百日咳---コプリック斑
3. 猩紅熱---いちご舌
4. 麻疹---咽頭偽膜形成

Back to Top

第10回・按マ指

問題 73骨折の症状でないのはどれか。
1. 局所の疼痛
2. 異常可動性
3. あつれき音
4. ばね様固定

Back to Top

第10回・按マ指

問題 74打診音はどれか。
1. 清音
2. グル音
3. ラ音
4. 捻髪音

Back to Top

第10回・按マ指

問題 75徐脈をきたすのはどれか。
1. 完全房室ブロック
2. 期外収縮
3. 奇脈
4. 交互脈

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 57高齢者がもちで窒息を起こしやすい原因で誤っているのはどれか。
1. 歯の喪失
2. 咳嗽反射の亢進
3. 嚥下筋の筋力低下
4. 唾液分泌の減少

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 58副交感神経が関与しないのはどれか。
1. 角膜反射
2. 対光反射
3. 輻輳調節反射
4. アシュネル反射

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 59筋原性萎縮でみられるのはどれか。
1. 線維束性攣縮
2. 深部反射の亢進
3. 血清クレアチンキナーゼの上昇
4. 深部感覚障害

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 60浮腫について誤っている組合せはどれか。
1. 心臓性浮腫---朝方に増強
2. 腎性浮腫---顔面から出現
3. 肝性浮腫---腹水を伴う
4. 栄養性浮腫---全身に出現

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 61脾腫をきたさない疾患はどれか。
1. 慢性骨髄性白血病
2. 悪性リンパ腫
3. 自己免疫性溶血性貧血
4. 血友病

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 62ウィルヒョーのリンパ節の部位はどれか。
1. 右腋窩
2. 左腋窩
3. 右鎖骨上窩
4. 左鎖骨上窩

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 63股関節の運動方向でないのはどれか。
1. 屈曲
2. 伸展
3. 回内
4. 外旋

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 64腰部脊柱管狭窄症にみられるのはどれか。
1. 間歇跛行
2. 麻痺性跛行
3. 失調性跛行
4. 墜落跛行

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 65拍動性の頭痛を起こすのはどれか。
1. くも膜下出血
2. 筋収縮性頭痛
3. 片頭痛
4. 髄膜炎

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 66両手で触診する臓器はどれか。
1. 
2. 肝臓
3. 胆嚢
4. 腎臓

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 67ネフローゼ症候群にみられないのはどれか。
1. 高度の蛋白尿
2. 高蛋白血症
3. 高脂血症
4. 浮腫

Back to Top

第10回・鍼灸

問題 68触診で推測できないのはどれか。
1. 呼吸性不整脈
2. 期外収縮
3. 完全左脚ブロック
4. 心房細動

Back to Top

第11回・按マ指

問題 65呼吸困難の所見でないのはどれか。
1. 呼吸補助筋を使う。
2. 意識障害がある。
3. 息切れがする。
4. 起坐位で楽になる。

Back to Top

第11回・按マ指

問題 66下肢からのリンパの流れが減少するのはどれか。
1. 仰臥位から立位への体位変換
2. 遠位から近位へのマッサージ
3. 静脈弁の閉鎖不全
4. 散歩程度の運動

Back to Top

第11回・按マ指

問題 67浮腫の分類で血中アルブミン値が正常なのはどれか。
1. 肝性浮腫
2. 腎性浮腫
3. 栄養性浮腫
4. アレルギー性浮腫

Back to Top

第11回・按マ指

問題 68門脈圧亢進症による症状はどれか。
1. 黄疸
2. クモ状血管腫
3. 女性化乳房
4. 内痔核

Back to Top

第11回・按マ指

問題 69バイタルサインはどれか。
1. 体重
2. 体温
3. 尿量
4. 顔色

Back to Top

第11回・按マ指

問題 70触知できない動脈はどれか。
1. 椎骨動脈
2. 橈骨動脈
3. 膝窩動脈
4. 後脛骨動脈

Back to Top

第11回・按マ指

問題 71熱型において最低でも37℃以上で日内変動が1℃以上なのはどれか。
1. 稽留熱
2. 弛張熱
3. 間欠熱
4. 波状熱

Back to Top

第11回・按マ指

問題 72関節障害でトレンデレンブルグ徴候を起こすのはどれか。
1. 肩関節
2. 股関節
3. 膝関節
4. 足関節

Back to Top

第11回・按マ指

問題 73長期臥床で起こりにくいのはどれか。
1. 筋萎縮
2. 沈下性肺炎
3. 肝機能障害
4. 関節拘縮

Back to Top

第11回・按マ指

問題 74集中治療の適応でない病態はどれか。
1. 重症熱傷
2. 心筋梗塞
3. 重症呼吸不全
4. 末期癌

Back to Top

第11回・按マ指

問題 75最も危険な状態を示す呼吸はどれか。
1. チェーン・ストークス呼吸
2. クスマウル呼吸
3. あえぎ呼吸
4. 睡眠時無呼吸

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 57ペースメーカーを装着した患者に禁忌となるのはどれか。
1. 指圧
2. マッサージ
3. 
4. 低周波鍼通電

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 58疲労の所見でないのはどれか。
1. 注意集中力の低下
2. 倦怠感の自覚
3. 作業能率の低下
4. 反射閾値の低下

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 59次の文で示す患者で最も考えられる疾患はどれか。「56歳の女性。2か月で5kgの体重増加。体温が低く、寒さに敏感となってきた。」
1. 甲状腺機能低下症
2. クッシング症候群
3. 2型糖尿病
4. 先端肥大症

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 60血圧測定で誤っている記述はどれか。
1. 触診法は聴診法より測定値が高くなる。
2. 血圧は通常上腕で測定する。
3. 大動脈弁閉鎖不全症では拡張期血圧をスワン4点で判定する。
4. 触診法では収縮期血圧のみ測定できる。

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 61運動時血流が最も減少するのはどれか。
1. 皮膚
2. 腸管
3. 筋肉
4. 

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 62手関節の運動方向に含まれないのはどれか。
1. 屈曲
2. 伸展
3. 回内
4. 橈屈

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 63検査と疾患との組合せで正しいのはどれか。
1. トーマステスト---膝外側側副靱帯損傷
2. 下肢伸展挙上テスト---頸部脊椎症
3. パトリックテスト---腰椎分離すべり症
4. 前方引き出しテスト---前十字靱帯損傷

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 64成分輸血で用いられないのはどれか。
1. 赤血球
2. 白血球
3. 血小板
4. 血漿

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 65高齢者が異物による窒息を起こしやすい部位はどれか。
1. 鼻腔
2. 口腔
3. 咽頭
4. 気管

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 66筋萎縮が近位に偏るのはどれか。
1. デュシェンヌ型筋ジストロフィー症
2. 筋緊張性筋ジストロフィー症
3. 多発神経炎
4. 筋萎縮性側索硬化症

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 67反射について正しい組合せはどれか。
1. 足底反射---深部反射
2. 腹壁反射---皮膚反射
3. アシュネル反射---病的反射
4. 下顎反射---粘膜反射

Back to Top

第11回・鍼灸

問題 68爆発性発語がみられるのはどれか。
1. 重症筋無力症
2. 筋萎縮性側索硬化症
3. オリーブ橋小脳萎縮症
4. パーキンソン病

Back to Top

第12回・按マ指

問題 65問診で誤っている記述はどれか。
1. 問診は主訴から始める。
2. 問診内容については守秘義務がある。
3. 家族歴は現病歴に含める。
4. 輸血歴は既往歴に含める。

Back to Top

第12回・按マ指

問題 66打診で鼓音を呈するのはどれか。
1. 気胸
2. 無気肺
3. 肺炎
4. 肺腫瘍

Back to Top

第12回・按マ指

問題 67多毛がみられるのはどれか。
1. クレチン症
2. 甲状腺機能亢進症
3. 副甲状腺機能亢進症
4. クッシング症候群

Back to Top

第12回・按マ指

問題 68低血糖の症状はどれか。
1. 口渇
2. 多飲
3. 多尿
4. 冷汗

Back to Top

第12回・按マ指

問題 69呼吸困難の成因と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
1. 気管支喘息---呼吸筋性
2. 左心不全---心臓性
3. 尿毒症---代謝性
4. 頭蓋内庄亢進症---神経性

Back to Top

第12回・按マ指

問題 70安静時痛を特徴とする疾患はどれか。
1. 脊椎先天奇形
2. 変形性脊椎症
3. 骨粗鬆症
4. 脊髄腫瘍

Back to Top

第12回・按マ指

問題 71熱傷局所の特徴で誤っている記述はどれか。
1. 第1度は表皮のみの傷害である。
2. 第2度は水疱を生じる。
3. 第3度は疼痛が強い。
4. 低温熱傷は難治性潰瘍となりやすい。

Back to Top

第12回・按マ指

問題 72小脳疾患の症状で誤っているのはどれか。
1. 安静時振戦
2. 失調性歩行
3. 筋トーヌス低下
4. 四肢協調運動障害

Back to Top

第12回・按マ指

問題 73動眼神経麻痺で認められる所見はどれか。
1. 縮瞳
2. 外斜視
3. 共同偏視
4. 眼球陥凹

Back to Top

第12回・按マ指

問題 74高齢者の睡眠の特徴でないのはどれか。
1. 早い時刻に寝る。
2. 寝つきがよい。
3. 夜間に何度も起きる。
4. 朝早く起きる。

Back to Top

第12回・按マ指

問題 75誤っている組合せはどれか。
1. スワンネック変形---関節リウマチ
2. ヘバーデン結節---変形性関節症
3. デュプイトレン拘縮---痛風
4. クモ状指---マルファン症候群

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 57テタニーをきたさないのはどれか。
1. 過換気症候群
2. 副甲状腺機能低下症
3. 原発性アルドステロン症
4. アジソン病

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 58腹水貯留の原因とならないのはどれか。
1. 肝硬変
2. 腸閉塞
3. うっ血性心不全
4. ネフローゼ症候群

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 59両耳側半盲が出現する障害部位はどれか。
1. 外側膝状体
2. 視交叉
3. 視索
4. 視放線

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 60失明する可能性のない疾患はどれか。
1. 糖尿病網膜症
2. 緑内障
3. 網膜色素変性症
4. 翼状片

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 61鍼治療後24時間で刺鍼部位に小膿疱がみられた。最も考えられるのはどれか。
1. 全身性エリテマトーデス
2. 全身性皮膚硬化症
3. 関節リウマチ
4. ベーチェット病

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 62アセトン臭がする意識のない人が搬送されてきた。最も考えられるのはどれか。
1. 急性アルコール中毒
2. 肝性昏睡
3. 糖尿病性昏睡
4. 尿毒症

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 63熱射病の症状で誤っているのはどれか。
1. 呼吸促迫
2. 意識清明
3. 皮膚乾燥
4. 体温上昇

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 64妊娠中毒症の危険因子でないのはどれか。
1. 高年齢
2. つわり
3. 肥満
4. 多胎

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 65原発性骨粗鬆症で誤っている記述はどれか。
1. 閉経後の女性に多い。
2. 椎体の圧迫骨折が多い。
3. 血中カルシウム値は低下する。
4. 骨の化学的成分は正常である。

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 66敗血症性ショックの初期にみられないのはどれか。
1. 四肢末梢の冷感
2. 血圧下降
3. 頻脈
4. 尿量減少

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 67疾患と臨床所見との組合せで誤っているのはどれか。
1. 狭心症---胸痛は30分以上持続
2. 解離性大動脈瘤---背部の激痛
3. 自然気胸---呼吸困難
4. 気管支拡張症---血痰

Back to Top

第12回・鍼灸

問題 68体位とその目的との組合せで誤っているのはどれか。
1. ファウラー位---横隔膜の下降
2. トレンデレンブルグ体位---脳血流の増加
3. 起坐位---静脈還流の増加
4. 側臥位---誤嚥の防止

Back to Top

第13回・按マ指

問題 65巨大舌がみられるのはどれか。
1. 甲状腺機能亢進症
2. ベーチェット病
3. アミロイドーシス
4. 猩紅熱

Back to Top

第13回・按マ指

問題 66病的骨折の原因となるのはどれか。
1. クレチン病
2. クッシング病
3. アジソン病
4. バセドウ病

Back to Top

第13回・按マ指

問題 67高血糖がみられるのはどれか。
1. 尿崩症
2. 粘液水腫
3. アジソン病
4. 褐色細胞腫

Back to Top

第13回・按マ指

問題 68歩行異常について正しい組合せはどれか。
1. 随意跛行---先天性股関節脱臼
2. 間欠跛行---小児股関節結核
3. はさみ脚歩行---脳性小児麻痺
4. 墜落跛行---片麻痺

Back to Top

第13回・按マ指

問題 69捻挫局所の初期治療で適切でないのはどれか。
1. 挙上
2. 固定
3. 冷却
4. マッサージ

Back to Top

第13回・按マ指

問題 70浮腫がみられないのはどれか。
1. 急性腎炎
2. 肝硬変
3. 甲状腺機能低下症
4. 副甲状腺機能低下症

Back to Top

第13回・按マ指

問題 71随時血圧測定で誤っている記述はどれか。
1. 坐位で測定する。
2. 圧迫帯の中心が心臓の高さで測定する。
3. 圧迫帯の減圧は1心拍に約6mmHgとする。
4. 収縮期血圧はスワン第1点で判定する。

Back to Top

第13回・按マ指

問題 72バイタルサインに含まれないのはどれか。
1. 尿量
2. 呼吸
3. 体温
4. 脈拍

Back to Top

第13回・按マ指

問題 73呼吸異常と疾患との組合せで正しいのはどれか。
1. チェーン・ストークス呼吸---糖尿病性アシドーシス
2. 起坐呼吸---うっ血性心不全
3. クスマウル大呼吸---気管支喘息
4. 下顎呼吸---過換気症候群

Back to Top

第13回・按マ指

問題 74ネブライザー療法の適応疾患はどれか。
1. 気管支喘息
2. 自然気胸
3. 肺結核
4. 肺線維症

Back to Top

第13回・按マ指

問題 75細菌が原因の感染症はどれか。
1. ジフテリア
2. エイズ
3. 麻疹
4. 流行性耳下腺炎

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 57前期妊娠中毒症に含まれるのはどれか。
1. 子癇
2. 妊娠悪阻
3. 中毒症性脳出血
4. 妊娠浮腫

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 58水牛様肩甲部脂肪沈着(バッファローハンプ)がみられるのはどれか。
1. クレチン病
2. クッシング病
3. ターナー症候群
4. くる病

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 59発生頻度に著明な性差がみられないのはどれか。
1. 先天性股関節脱臼
2. ペルテス病
3. 特発性側弯症
4. 先天性筋性斜頸

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 60通常の平地歩行における歩行周期で立脚相の占める割合はどれか。
1. 20%
2. 40%
3. 60%
4. 80%

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 61良肢位で誤っているのはどれか。
1. 肘関節屈曲90度
2. 手関節伸展(背屈)10度
3. 膝関節伸展0度
4. 足関節屈曲(底屈)10度

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 62動脈疾患について誤っている組合せはどれか。
1. 閉塞性動脈硬化症---虚血性潰瘍
2. 解離性大動脈瘤---背部痛
3. 大動脈炎症候群---橈骨動脈拍動減弱
4. レイノー病---間欠跛行

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 63経口感染するウイルス性肝炎はどれか。
1. B型
2. C型
3. D型
4. E型

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 64成人の胸骨圧迫心臓マッサージで適切でない記述はどれか。
1. 毎分100回で行う。
2. 胸骨が4〜5cm沈む程度に圧迫する。
3. 加圧と除圧の比は1:2である。
4. 圧迫部位は胸骨下端から2横指頭側である。

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 65体位ドレナージが有効な疾患はどれか。
1. 気管支拡張症
2. 気管支喘息
3. 肺気腫
4. 肺水腫

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 66感覚解離を起こす障害部位はどれか。
1. 大脳基底核
2. 小脳
3. 脊髄
4. 末梢神経

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 67持続時間が最も短い不随意運動はどれか。
1. 舞踏病様運動
2. ミオクローヌス
3. アテトーゼ
4. ジストニア

Back to Top

第13回・鍼灸

問題 68脊髄後索性失調の検査で最も適切なのはどれか。
1. ロンベルグ試験
2. 変換運動
3. 膝踵試験
4. 書字試験

Back to Top

第14回・按マ指

問題 61神経麻痺と関係しない変形はどれか。
1. 猿手
2. 鷲手
3. 下垂手
4. デュプイトラン拘縮

Back to Top

第14回・按マ指

問題 62疾患と症状との組合せで誤っているのはどれか。
1. 慢性膵炎---背部痛
2. 肝硬変---クモ状血管腫
3. 胃潰瘍---喀血
4. クローン病---下痢

Back to Top

第14回・按マ指

問題 63打診音でないのはどれか。
1. 清音
2. 濁音
3. 鼓音
4. ラ音

Back to Top

第14回・按マ指

問題 64膝関節障害の検査法でないのはどれか。
1. パトリックテスト
2. ラックマンテスト
3. マクマレーテスト
4. アプレイテスト

Back to Top

第14回・按マ指

問題 65病巣と神経学的所見との組合せで正しいのはどれか。
1. 錐体路---足クローヌス
2. 小脳---深部腱反射亢進
3. 脊髄神経根---手袋靴下型感覚障害
4. 視床---認知障害

Back to Top

第14回・按マ指

問題 66上肢の病的反射はどれか。
1. チャドック反射
2. ワルテンベルグ反射
3. オッペンハイム反射
4. バビンスキー反射

Back to Top

第14回・按マ指

問題 67自律神経障害でみられないのはどれか。
1. 起立性低血圧
2. 視野障害
3. 発汗障害
4. 便秘

Back to Top

第14回・按マ指

問題 68眼瞼下垂をきたさないのはどれか。
1. 重症筋無力症
2. 動眼神経麻痺
3. 外転神経麻痺
4. ホルネル症候群

Back to Top

第14回・按マ指

問題 69低比重尿をきたすのはどれか。
1. 発熱
2. うっ血性心不全
3. 脱水症
4. 尿崩症

Back to Top

第14回・按マ指

問題 70心房細動の合併症はどれか。
1. 脳塞栓
2. 脳血栓
3. 脳出血
4. 脳腫瘍

Back to Top

第14回・按マ指

問題 71一般的に眼圧上昇がみられないのはどれか。
1. ブドウ膜炎
2. 緑内障
3. 網膜色素変性症
4. 長期のステロイド点眼

Back to Top

第14回・按マ指

問題 72心肺蘇生法の手順として最初に行うのはどれか。
1. 心マッサージ
2. 気道確保
3. 血管確保
4. 人工呼吸

Back to Top

第14回・按マ指

問題 73「運動習慣のない55歳女性。身長160cm、体重85kg。空腹時血糖値は180mg/dl。HbA1c8.3%。多尿が出現した。」この文で示す患者について、多尿の機序として最も適切なのはどれか。
1. バソプレシン分泌の低下
2. アルドステロン分泌の低下
3. 腎血流量増加
4. 浸透圧利尿

Back to Top

第14回・按マ指

問題 74「運動習慣のない55歳女性。身長160cm、体重85kg。空腹時血糖値は180mg/dl。HbA1c8.3%。多尿が出現した。」この文で示す患者について、血糖値をさげるホルモンはどれか。
1. サイロキシン
2. インスリン
3. グルカゴン
4. コルチゾール

Back to Top

第14回・按マ指

問題 75「運動習慣のない55歳女性。身長160cm、体重85kg。空腹時血糖値は180mg/dl。HbA1c8.3%。多尿が出現した。」この文で示す患者について、合併症として最も関連の低いのはどれか。
1. 壊疽
2. 網膜症
3. 胃潰瘍
4. 腎不全

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 54樽状胸をきたすのはどれか。
1. 肺炎
2. 肺気腫
3. 肺結核
4. 肺線維症

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 55関節リウマチでみられないのはどれか。
1. スワンネック変形
2. ボタン穴変形
3. 尺側偏位
4. クモ状指

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 56痛みを伴わないのはどれか。
1. 逃避跛行
2. 間欠跛行
3. 鶏歩
4. 随意跛行

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 57循環器疾患と臨床所見との組合せで誤っているのはどれか。
1. 左心不全---肝腫大
2. 右心不全---下腿浮腫
3. 心臓喘息---夜間呼吸困難
4. 心タンポナーデ---血圧低下

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 58腹膜刺激症状はどれか。
1. ケルニッヒ徴候
2. ブルンベルグ徴候
3. ブルジンスキー徴候
4. ロブジング徴候

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 59クールボアジェ徴候がみられるのはどれか。
1. 食道癌
2. 胃癌
3. 肝細胞癌
4. 膵頭部癌

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 60皮膚反射でないのはどれか。
1. 下顎反射
2. 腹壁反射
3. 挙睾筋反射
4. 肛門反射

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 61嗄声をきたす脳神経障害はどれか。
1. 顔面神経
2. 迷走神経
3. 副神経
4. 舌下神経

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 62錐体外路徴候はどれか。
1. 病的反射
2. 痙縮
3. 運動麻痺
4. 固縮

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 63低エネルギーレーザー療法の目的でないのはどれか。
1. 光凝固作用
2. 炎症の軽減
3. 疼痛の緩和
4. 創傷治癒促進

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 64自己免疫疾患はどれか。
1. 尿崩症
2. 先端肥大症
3. バセドウ病
4. クッシング症候群

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 65努力義務とされていない予防接種はどれか。
1. ジフテリア
2. 百日咳
3. 破傷風
4. 流行性耳下腺炎

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 66食中毒の原因で致死率が最も高いのはどれか。
1. ボツリヌス菌
2. サルモネラ属
3. 腸炎ビブリオ
4. 黄色ブドウ球菌

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 67疾患と原因との組合せで正しいのはどれか。
1. マロリー・ワイス症候群---喫煙
2. 潰瘍性大腸炎---ヘリコバクター・ピロリ菌
3. 過敏性腸症候群---免疫異常
4. ポイツ・イェガース症候群---遺伝

Back to Top

第14回・鍼灸

問題 6840歳の肥満女性。右季肋部の疼痛と発熱、黄疸が認められた。最も考えられるのはどれか。
1. 膵尾部癌
2. 総胆管結石
3. 腎結石
4. 肝硬変

Back to Top

第15回・按マ指

問題 57聴診で呼吸音が減弱するのはどれか。
1. 肺炎
2. 肺結核
3. 気管支炎
4. 胸水貯留

Back to Top

第15回・按マ指

問題 58徐呼吸がみられるのはどれか。
1. 脳圧亢進
2. 発熱
3. 肺炎
4. 心不全

Back to Top

第15回・按マ指

問題 59意識障害でないのはどれか。
1. 傾眠
2. 昏睡
3. 抑うつ
4. せん妄

Back to Top

第15回・按マ指

問題 60回転性めまいがみられないのはどれか。
1. メニエール病
2. 大動脈弁狭窄症
3. 小脳橋角部腫瘍
4. 前庭神経炎

Back to Top

第15回・按マ指

問題 61ラセーグテストで適切でないのはどれか。
1. 仰臥位で行う。
2. 膝を伸展する。
3. 患者に自分で下肢を挙上させる。
4. 下肢の疼痛発現の有無を確かめる。

Back to Top

第15回・按マ指

問題 62末梢性顔面神経麻痺の症状で誤っているのはどれか。
1. 表情筋の左右非対称
2. 兎眼
3. 顔面の感覚障害
4. 味覚障害

Back to Top

第15回・按マ指

問題 63手袋靴下型の感覚障害をきたすのはどれか。
1. 視床出血
2. 多発性神経炎
3. 頸椎椎間板ヘルニア
4. 脊髄空洞症

Back to Top

第15回・按マ指

問題 64病巣と症候との組合せで正しいのはどれか。
1. 中脳---舌萎縮
2. 小脳---眼振
3. 延髄---難聴
4. 脊髄前角---感覚障害

Back to Top

第15回・按マ指

問題 65貧血の症状でないのはどれか。
1. 動悸
2. 息切れ
3. 易疲労性
4. 顔面紅潮

Back to Top

第15回・按マ指

問題 66出血傾向の原因でないのはどれか。
1. 血糖値の異常
2. 血小板の異常
3. 血液凝固因子の異常
4. 血管壁の異常

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 52尿路結石がみられないのはどれか。
1. 原発性副甲状腺機能亢進症
2. ビダミンD過剰症
3. 痛風
4. アジソン病

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 53アセトン臭がみられるのはどれか。
1. 糖尿病性昏睡
2. 肝性昏睡
3. 尿毒症
4. 乳酸アシドーシス

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 54発熱時にみられないのはどれか。
1. 悪寒
2. チアノーゼ
3. 頭痛
4. 関節痛

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 55喀痰の性状と疾患との組合せで正しいのはどれか。
1. 膿性痰---気管支喘息
2. 錆色痰---大葉性肺炎
3. 漿液性痰---肺化膿症
4. 血性痰---間質性肺炎

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 56歩容と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
1. 疼痛性跛行---変形性股関節症
2. 間欠跛行---閉塞性動脈硬化症
3. 失調性歩行---パーキンソン病
4. アヒル歩行---先天性股関節脱臼

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 57運動失調の検査でないのはどれか。
1. 指鼻試験
2. 手回内回外試験
3. 踵膝試験
4. 皮膚書字試験

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 58神経系の障害について誤っている組合せはどれか。
1. 前庭機能障害---リンネ試験
2. 錐体路障害---バレー徴候
3. 錐体外路障害---歯車現象
4. 深部感覚障害---ロンベルグ試験

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 59伝音性難聴がみられるのはどれか。
1. 耳管狭窄症
2. メニエール病
3. 突発性難聴
4. 多発性硬化症

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 60続発疹でないのはどれか。
1. びらん
2. 潰瘍
3. 丘疹
4. 痂皮

Back to Top

第15回・鍼灸

問題 61成人に対する胸骨圧迫心臓マッサージ法で正しい記述はどれか。
1. 1分間に30回行う。
2. 胸骨の左上部を圧迫する。
3. 胸骨が4~5cm沈む程度に圧迫する。
4. 呼気1回の吹込みに対して2回圧迫する。

Back to Top

第16回・按マ指

問題 57便秘をきたす疾患はどれか。
1. 潰瘍性大腸炎
2. 過敏性腸症候群
3. 細菌性腸炎
4. 吸収不良症候群

Back to Top

第16回・按マ指

問題 58リンパ節腫脹の原因疾患として適切でないのはどれか。
1. 悪性腫瘍の転移
2. 風疹
3. 結核
4. 慢性膵炎

Back to Top

第16回・按マ指

問題 59神経障害により下垂手をきたすのはどれか。
1. 正中神経
2. 尺骨神経
3. 橈骨神経
4. 長胸神経

Back to Top

第16回・按マ指

問題 60汎発性腹膜炎でみられないのはどれか。
1. 腹部陥凹
2. 反跳痛
3. グル音増強
4. 腹壁緊張

Back to Top

第16回・按マ指

問題 61生命徴候に含まれないのはどれか。
1. 体温
2. 脈拍
3. 呼吸
4. 瞳孔径

Back to Top

第16回・按マ指

問題 62交感神経の興奮でみられるのはどれか。
1. 瞳孔の縮小
2. 気管支の収縮
3. 心拍数の減少
4. 皮膚血管の収縮

Back to Top

第16回・按マ指

問題 63感音性難聴がみられるのはどれか。
1. 聴神経鞘腫
2. 耳硬化症
3. 耳管狭窄症
4. 乳様突起炎

Back to Top

第16回・按マ指

問題 64複視をきたしやすいのはどれか。
1. 重症筋無力症
2. 筋萎縮性側索硬化症
3. ホルネル症候群
4. ベル麻揮

Back to Top

第16回・按マ指

問題 65運動麻痺について誤っている組合せはどれか。
1. 単麻痺---四肢のうちの1肢
2. 対麻痺---両側の上肢
3. 片麻痺---一側の上下肢
4. 四肢麻痺---両側の上下肢

Back to Top

第16回・按マ指

問題 66頸腕症候群の検査法でないのはどれか。
1. アドソンテスト
2. スパーリングテスト
3. マクマレーテスト
4. ライトテスト

Back to Top

第16回・按マ指

問題 67呼気時に呼吸困難を呈するのはどれか。
1. 気管支喘息
2. 肺線維症
3. 鼻閉
4. 異物による上気道閉塞

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 52疾患と痛みの放散部位との組合せで正しいのはどれか。
1. 胆石---左上肢
2. 胃潰瘍---鼠径部
3. 急性膵炎---左肩
4. 尿管結石---心窩部

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 53歩行異常と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
1. 間欠跛行---脊柱管狭窄症
2. トレンデレンブルグ徴候---側弯症
3. 分回し歩行---脳卒中
4. すくみ足---パーキンソン病

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 54胸部の打診音と原因との組合せで正しいのはどれか。
1. 清音---胸水貯留
2. 濁音---気胸
3. 鼓音---胸膜炎
4. 過共鳴音---肺気腫

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 55肋骨脊柱角に叩打痛がみられるのはどれか。
1. 慢性膵炎
2. 腎盂腎炎
3. 慢性胃炎
4. 急性肝炎

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 56発熱がみられないのはどれか。
1. 結核
2. 甲状腺機能低下症
3. 皮膚筋炎
4. 肺癌

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 57粗大で一側上下肢を投げ出すような不随意運動はどれか。
1. バリズム(バリスムス)
2. アテトーゼ
3. チック
4. ジストニア

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 58一次救命処置はどれか。
1. 静脈路の確保
2. 人工呼吸器の使用
3. 心電図モニター装着
4. 胸骨圧迫式心臓マッサージ

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 59死の三徴候に含まれないのはどれか。
1. 体温低下
2. 呼吸停止
3. 対光反射消失
4. 心停止

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 60見当識に関する質問でないのはどれか。
1. 家族を指さして「この人は誰ですか」
2. 「私たちが今いるところはどこですか」
3. 時計を見せながら「これは何ですか」
4. 「今日は何月何日ですか」

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 61閉経後に悪化するのはどれか。
1. 子宮筋腫
2. 関節リウマチ
3. 気管支喘息
4. 骨粗鬆症

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 62血中間接ビリルビンが高値となるのはどれか。
1. 溶血性黄疸
2. 急性肝炎
3. 閉塞性黄疸
4. 薬剤性肝障害

Back to Top

第16回・鍼灸

問題 63食道癌でみられないのはどれか。
1. 嗄声
2. 嚥下性肺炎
3. 脾腫
4. 吐血

Back to Top

第17回・按マ指

問題 57錐体外路疾患はどれか。
1. ハンチントン病
2. ギラン・バレー症候群
3. 多発ニューロパチー
4. 重症筋無力症

Back to Top

第17回・按マ指

問題 58表在反射でないのはどれか。
1. 咽頭反射
2. 下顎反射
3. 腹壁反射
4. 挙睾筋反射

Back to Top

第17回・按マ指

問題 59疼痛の発現を陽性判定の根拠としない検査法はどれか。
1. ラセーグテスト
2. パトリックテスト
3. トーマステスト
4. マクマレーテスト

Back to Top

第17回・按マ指

問題 60栄養状態の指標となる血清生化学検査項目はどれか。
1. AST(GOT)
2. アミラーゼ
3. アルブミン
4. アルカリフォスファターゼ

Back to Top

第17回・按マ指

問題 61飲酒に起因する健康障害はどれか。
1. 肝硬変
2. 白血病
3. 膠原病
4. メニエール病

Back to Top

第17回・按マ指

問題 62発疹をきたさないのはどれか。
1. 麻疹
2. 梅毒
3. 流行性耳下腺炎
4. 猩紅熱

Back to Top

第17回・按マ指

問題 63発熱を疑わせる症状で適切でないのはどれか。
1. 発汗
2. 頻脈
3. 悪寒
4. 起坐呼吸

Back to Top

第17回・按マ指

問題 64出血傾向をきたさないのはどれか。
1. 再生不良性貧血
2. 悪性貧血
3. 紫斑病
4. 血友病

Back to Top

第17回・按マ指

問題 65勃起障害(ED)をきたすのはどれか。
1. 高血圧症
2. 糖尿病
3. 脂質異常症
4. 痛風

Back to Top

第17回・按マ指

問題 66高齢になると発症頻度が増加するのはどれか。
1. 急性虫垂炎
2. クローン病
3. 十二指腸潰瘍
4. 逆流性食道炎

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 52問診(医療面接)を行う際の注意として適切でない記述はどれか。
1. 温かみのある態度で接し、患者との信頼関係を築く。
2. ある症状がみられないといった陰性症状は重要である。
3. 特定の疾患を推定し、それに沿って行う。
4. 患者の個人情報が漏れないようにする。

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 53閉脚起立時に閉眼すると著明に動揺する場合、病巣で適切なのはどれか。
1. 大脳皮質
2. 大脳基底核
3. 小脳
4. 脊髄後索

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 54ホルネル症候群で誤っているのはどれか。
1. 眼裂狭少
2. 眼振
3. 眼球陥凹
4. 縮瞳

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 55失神性めまいについて誤っている記述はどれか。
1. 眼振を伴う。
2. 眼前暗黒がある。
3. 頸部の圧迫で起こる。
4. 一過性の脳虚血状態である。

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 56無月経の原因として適切でないのはどれか。
1. 妊娠
2. 下垂体腫瘍
3. 神経性食思不振症
4. 子宮内膜症

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 57易感染性に留意すべき疾患はどれか。
1. 高血圧症
2. 痛風
3. 悪性リンパ腫
4. 高脂血症

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 58肥満をきたす疾患はどれか。
1. 下垂体機能低下症
2. 甲状腺機能亢進症
3. クッシング症候群
4. アジソン病

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 59先天性心疾患でチアノーゼをきたしやすいのはどれか。
1. ファロー四徴症
2. 心房中隔欠損症
3. 心室中隔欠損症
4. 大動脈縮窄症

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 60食中毒の原因菌で激しい下痢を主症状としないのはどれか。
1. 腸炎ビブリオ
2. ボツリヌス菌
3. サルモネラ属
4. ブドウ球菌

Back to Top

第17回・鍼灸

問題 61神経ブロックとその適応との組合せで誤っているのはどれか。
1. 眼窩下神経ブロック---三叉神経痛
2. 顔面神経ブロック---顔面神経麻痺
3. 星状神経節ブロック---手の血流障害
4. 肩甲上神経ブロック---五十肩

Back to Top

第18回・按マ指

問題 57上位運動ニューロン徴候でないのはどれか。
1. 痙性麻痺
2. 筋萎縮
3. 病的反射陽性
4. 深部腱反射亢進

Back to Top

第18回・按マ指

問題 58うつ病患者との面接で適切でないのはどれか。
1. 傾聴する。
2. 励ます。
3. 共感する。
4. 要約する。

Back to Top

第18回・按マ指

問題 59歩行異常と疾患との組合わせで正しいのはどれか。
1. 動揺性歩行---多発性神経炎
2. 痙性歩行---筋ジストロフィー症
3. 鶏歩---胸髄部脊髄腫瘍
4. 突進現象---パーキンソン病

Back to Top

第18回・按マ指

問題 60骨折とその説明で誤っている記述はどれか。
1. 疲労骨折は小さな外力が連続的に作用して起こる。
2. 病的骨折は治癒が早期に起こる。
3. 不完全骨折は骨の連続性が保たれている。
4. 開放骨折は骨折部と外界との交通がある。

Back to Top

第18回・按マ指

問題 61脾腫をきたすのはどれか。
1. 慢性膵炎
2. 肝硬変
3. 胆嚢炎
4. 腎硬化症

Back to Top

第18回・按マ指

問題 62血清アミラーゼが上昇する疾患はどれか。
1. 耳下腺炎
2. 肝硬変
3. 心筋梗塞
4. 大腸癌

Back to Top

第18回・按マ指

問題 63リンパ節腫脹をきたさないのはどれか。
1. 伝染性単核球症
2. 梅毒
3. 白血病
4. メニエール病

Back to Top

第18回・按マ指

問題 64貧血をきたす疾患はどれか。
1. パーキンソン病
2. 高血圧症
3. 全身性エリテマトーデス
4. 高脂血症

Back to Top

第18回・按マ指

問題 65白血球数が減少する疾患はどれか。
1. 悪性貧血
2. 甲状腺機能亢進症
3. 再生不良性貧血
4. 糖尿病

Back to Top

第18回・按マ指

問題 66浮腫をきたさない疾患はどれか。
1. 肝硬変
2. 心不全
3. 甲状腺機能亢進症
4. 腎不全

Back to Top

第18回・按マ指

問題 67視診と疾患との組合せで正しいのはどれか。
1. 太鼓ばち指---肺気腫
2. チアノーゼ---僧帽弁閉鎖不全症
3. 赤色皮膚線条---アジソン病
4. 色素沈着---クッシング症候群

Back to Top

第18回・按マ指

問題 68伝音性難聴で正しい記述はどれか。
1. 老人性の難聴に多い。
2. コルチ器官の異常で生じる。
3. 聴神経腫瘍が原因となる。
4. 補聴器の使用が有用である。

Back to Top

第18回・按マ指

問題 69片頭痛発作時の対応で適切でないのはどれか。
1. 暗い静かな部屋で安静にする。
2. 痛むところを冷やす。
3. 入浴する。
4. ひと眠りする。

Back to Top

第18回・按マ指

問題 70心身症について正しい記述はどれか。
1. 身体症状を伴った神経症をいう。
2. 発症には心理社会的因子が関与する。
3. 感情を素直に表現する人に発症しやすい。
4. 身体と心を別々に治療することが重要である。

Back to Top

第18回・按マ指

問題 71肩関節周囲炎について適切でない記述はどれか。
1. 帯を結ぶのが困難となる。
2. 有痛弧徴候(ペインフルアークサイン)がみられる。
3. ライトテストが陽性となる。
4. 上腕二頭筋長頭筋腱に圧痛がみられる。

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 52医療面接において適切でないのはどれか。
1. 前半は「閉ざされた質問」を中心に進める。
2. 患者の言葉を繰り返して理解していることを示す。
3. 言い換えによって訴えを明確化する。
4. 最後に言い残しがないかどうかを聞く。

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 53構成失行の説明で正しい記述はどれか。
1. 命令による簡単な動作ができない。
2. 立方体を模写できない。
3. 道具をうまく使えない。
4. 左右がわからない。

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 54指の変形で変形性関節症によると考えられるのはどれか。
1. ボタン穴変形
2. 太鼓ばち指
3. クモ状指
4. ヘバーデン結節

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 55発育期に多いスポーツ障害として適切でないのはどれか。
1. 腰椎分離症
2. オスグッド病
3. アキレス腱断裂
4. 踵骨骨端症

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 56黄疸をきたす疾患で尿中ビリルビンが上昇しないのはどれか。
1. 胆石症
2. 膵臓癌
3. 急性肝炎
4. 溶血性貧血

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 57悪液質でみられないのはどれか。
1. るいそう
2. 皮膚の乾燥・弛緩
3. 仮面様顔貌
4. 眼窩・頬のくぼみ

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 58尿の異常と病態との組合せで正しいのはどれか。
1. 高比重尿---尿崩症
2. 多尿---尿路結石症
3. 酸性尿---飢餓
4. 尿閉---急性腎炎

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 59レイノー現象がみられる疾患はどれか。
1. 肥大型心筋症
2. 気管支喘息
3. クローン病
4. 全身性硬化症

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 60疾患と視診との組合せで誤っているのはどれか。
1. アジソン病---満月様顔貌
2. 肝硬変---クモ状血管腫
3. 全身性エリテマトーデス---蝶形紅斑
4. パーキンソン病---前傾姿勢

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 61徐脈がみられるのはどれか。
1. バセドウ病
2. 発熱
3. 貧血
4. アダムス・ストークス症候群

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 62認知症の初期症状として人格障害が特徴的なのはどれか。
1. アルツハイマー病
2. レビー小体型認知症
3. 脳血管性認知症
4. ピック病

Back to Top

第18回・鍼灸

問題 63パーキンソン病の非運動症状として適切なのはどれか。
1. 視力障害
2. 失語症
3. 起立性低血圧
4. 乏尿

Back to Top

第19回・按マ指

問題 57腰椎椎間板ヘルニアについて誤っている記述はどれか。
1. 下肢の感覚障害がある。
2. ラセーグテストが陽性となる。
3. 病変は下部腰椎に多い。
4. 髄核は前方に脱出し発症する。

Back to Top

第19回・按マ指

問題 58特発性側弯について正しい記述はどれか。
1. 椎体奇形が原因である。
2. 生後すぐ気づかれることが多い。
3. 肺活量が低下する。
4. 治療は成人後に開始する。

Back to Top

第19回・按マ指

問題 59悪性腫瘍のリンパ節転移における触診で正しい記述はどれか。
1. 熱感を伴う。
2. 圧痛がある。
3. 表面は整である。
4. 可動性に乏しい。

Back to Top

第19回・按マ指

問題 60腹部視診の所見と疾患との組合せで正しいのはどれか。
1. 赤色皮膚線条---急性膵炎
2. 臍周囲腹壁静脈怒張---肝硬変
3. 腹部膨隆---胃潰瘍
4. 鼡径部手術痕---虫垂炎

Back to Top

第19回・按マ指

問題 61中心性肥満がみられるのはどれか。
1. クッシング症候群
2. 橋本病
3. バセドウ病
4. 先端巨大症

Back to Top

第19回・按マ指

問題 62過去の疾患・処置が原因となる疾病で適切でないのはどれか。
1. リウマチ熱後の心臓弁膜症
2. 扁桃炎後の糸球体腎炎
3. 輸血後の骨粗鬆症
4. 心筋梗塞後の心室細動

Back to Top

第19回・按マ指

問題 63血中の白血球数が増加する疾患はどれか。
1. 悪性貧血
2. 急性白血病
3. 全身性エリテマトーデス
4. 血友病

Back to Top

第19回・按マ指

問題 64貧血を疑う症状はどれか。
1. 徐脈
2. 顔面蒼白
3. 振戦
4. 多尿

Back to Top

第19回・按マ指

問題 65皮下出血がみられる疾患はどれか。
1. 紫斑病
2. 関節リウマチ
3. 肺気腫
4. 過敏性腸症候群

Back to Top

第19回・按マ指

問題 66アーガイル・ロバートソン徴候に含まれるのはどれか。
1. 眼瞼の下垂
2. 眼球運動の障害
3. 対光反射の障害
4. 輻輳反射の障害

Back to Top

第19回・按マ指

問題 67ギランバレー症候群で正しい記述はどれか。
1. 中枢神経障害である。
2. 髄液蛋白質の上昇を認める。
3. 腱反射は亢進する。
4. 呼吸筋麻痺はない。

Back to Top

第19回・按マ指

問題 68赤血球型不適合輸血に特徴的な副作用はどれか。
1. 急性溶血反応
2. 急性発熱反応
3. 移植片対宿主病
4. 肝炎ウイルス感染

Back to Top

第19回・按マ指

問題 69ピロリン酸カルシウムが原因である疼痛発作性関節炎はどれか。
1. 痛風
2. 偽痛風
3. 変形性関節炎
4. リウマチ性関節炎

Back to Top

第19回・按マ指

問題 70外反母趾について誤っているのはどれか。
1. 男性に多い
2. MP関節亜脱臼を起こす
3. 扁平足を伴う
4. 靴の使用と関連する

Back to Top

第19回・按マ指

問題 71骨肉腫で誤っている記述はどれか。
1. 40歳代に好発する。
2. 大腿骨下端に多い。
3. 局所の疼痛・腫脹がみられる。
4. エックス線検査で骨皮質の虫食い像を認める。

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 52変形性関節症の症状でみられないのはどれか。
1. 運動時痛
2. 歩行異常
3. 筋力低下
4. 関節強直

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 53視診と観察部位との組合せで正しいのはどれか。
1. カーテン徴候---口蓋垂
2. 偽膜形成---頬粘膜
3. コプリック斑---咽頭
4. アフタ---扁桃

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 54コーヒー残渣様の嘔吐がみられるのはどれか。
1. クローン病
2. 胃癌
3. 大腸癌
4. 潰瘍性大腸炎

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 55周期性四肢麻痺がみられるのはどれか。
1. 高尿酸血症
2. 骨軟化症
3. 褐色細胞腫
4. 原発性アルドステロン症

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 56頻脈がみられるのはどれか。
1. 鉄欠乏性貧血
2. 糖尿病
3. バージャー病
4. 甲状腺機能低下症

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 57疾病と身体所見との組合せで誤っているのはどれか。
1. クッシング症候群---白色皮膚線条
2. プランマー病---甲状腺腫
3. クレチン症---低身長
4. 先端巨大症---下顎突出

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 58出血傾向がみられる疾患はどれか。
1. 溶血性貧血
2. 鉄欠乏性貧血
3. 悪性貧血
4. 再生不良性貧血

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 59乏尿をきたす疾患はどれか。
1. 脂質異常症
2. 尿崩症
3. 心不全
4. 高カルシウム血症

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 60症候と疾患との組合せで正しいのはどれか。
1. 不正性器出血---糖尿病
2. 女性化乳房---肝硬変
3. 月経困難症---慢性腎不全
4. 過多月経---黄体機能不全

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 61感染症と血清反応との組合せで正しいのはどれか。
1. 梅毒---TPHA反応
2. 発疹チフス---ヴィダール反応
3. 伝染性単核症---針反応
4. 腸チフス---ワイル-フェリックス反応

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 62胸郭出口症候群の診断テストでないのはどれか。
1. アドソンテスト
2. エデンテスト
3. ファレンテスト
4. ライトテスト

Back to Top

第19回・鍼灸

問題 63頸部後縦靱帯骨化症について誤っている記述はどれか。
1. 50歳以上に多い。
2. 原因はカルシウムの過剰摂取である。
3. 進行性の痙性四肢麻痺を起こす。
4. 転倒予防のための生活指導を行う。

Back to Top

第20回・按マ指

問題 57頸部を健側に側屈固定し、患側上肢を下方に牽引して痛みの誘発をみるのはどれか。
1. イートンテスト
2. ジャクソンテスト
3. スパーリングテスト
4. ライトテスト

Back to Top

第20回・按マ指

問題 58関節リウマチの症状として適切でないのはどれか。
1. 朝のこわばり
2. 対称性の関節痛
3. 遠位指節間関節の腫脹
4. 皮下結節

Back to Top

第20回・按マ指

問題 59眼振をきたさないのはどれか。
1. メニエール病
2. 突発性難聴
3. 中耳炎
4. 前庭神経炎

Back to Top

第20回・按マ指

問題 60頻脈がみられるのはどれか。
1. 脳圧亢進
2. 粘液水腫
3. 褐色細胞腫
4. 完全房室ブロック

Back to Top

第20回・按マ指

問題 61高血糖をきたす疾患はどれか。
1. 原発性副甲状腺機能亢進症
2. クッシング症候群
3. アジソン病
4. 痛風

Back to Top

第20回・按マ指

問題 62放射性同位元素を用いた検査法はどれか。
1. スパイロメトリー
2. シンチグラフィ
3. サーモグラフィ
4. MRI

Back to Top

第20回・按マ指

問題 63血小板が減少する疾患はどれか。
1. 血友病
2. 巨赤芽球性貧血
3. 再生不良性貧血
4. 悪性リンパ腫

Back to Top

第20回・按マ指

問題 64関節痛がよくみられる疾患はどれか。
1. 気管支喘息
2. 全身性エリテマトーデス
3. アトピー性皮膚炎
4. ギラン・バレー症候群

Back to Top

第20回・按マ指

問題 65肥満を呈する疾患はどれか。
1. シーハン症候群
2. シモンズ病
3. アジソン病
4. メタボリックシンドローム

Back to Top

第20回・按マ指

問題 66眼裂狭小がみられるのはどれか。
1. ホルネル症候群
2. 顔面神経麻痺
3. バセドウ病
4. 眼窩内腫瘍

Back to Top

第20回・按マ指

問題 67伝音難聴を生じる障害部位はどれか。
1. 耳石器
2. 耳小骨
3. 蝸牛神経
4. コルチ器

Back to Top

第20回・按マ指

問題 68成人の心肺蘇生で適切な記述はどれか。
1. 心臓マッサージは60回/分で行う。
2. 心臓圧迫部位は胸骨左縁である。
3. 圧迫は胸骨が2cm程度沈むようにする。
4. 人工呼吸は心臓マッサージ30回に2回行う。

Back to Top

第20回・按マ指

問題 69ばね指について正しい記述はどれか。
1. 筋硬結が原因である。
2. 深指屈筋腱に好発する。
3. 局所の圧痛はない。
4. 伸展時に弾発現象は起こらない。

Back to Top

第20回・按マ指

問題 70骨粗鬆症患者に好発する骨折はどれか。
1. 橈骨遠位端骨折
2. 鎖骨骨折
3. 大腿骨骨幹部骨折
4. 脛骨骨幹部骨折

Back to Top

第20回・按マ指

問題 71変形性膝関節症で正しい記述はどれか。
1. 2次性のものが多い。
2. 初期には歩行開始時痛がみられる。
3. 膝蓋跳動は関節周囲浮腫により起こる。
4. 進行すると外反変形を起こす。

Back to Top

第20回・按マ指

問題 72「50歳の女性。無気力、易疲労感を主訴として来院。皮膚は乾燥し、顔面・下腿に明らかな圧痕を残さない浮腫がある。舌肥大と嗄声を認め、腱反射は遅延していた。」この症状の原因はどれか。
1. 心不全
2. 腎不全
3. リンパ循環障害
4. 甲状腺機能低下

Back to Top

第20回・按マ指

問題 73「50歳の女性。無気力、易疲労感を主訴として来院。皮膚は乾燥し、顔面・下腿に明らかな圧痕を残さない浮腫がある。舌肥大と嗄声を認め、腱反射は遅延していた。」この病変臓器を直接刺激する物質を放出するのはどれか。
1. 大脳皮質
2. 視床下部
3. 下垂体
4. 松果体

Back to Top

第20回・按マ指

問題 74「40歳の女性。最近右顔面に発作性の激痛がある。痛みは右眼瞼から右頬部および上歯に放散する。」この症状から考えられる罹患神経はどれか。
1. 大後頭神経
2. 動眼神経
3. 三叉神経
4. 顔面神経

Back to Top

第20回・按マ指

問題 75「40歳の女性。最近右顔面に発作性の激痛がある。痛みは右眼瞼から右頬部および上歯に放散する。」この患者に行われる治療として適切でないのはどれか。
1. 鎮静剤投与
2. 電気療法
3. 神経ブロック
4. 抜歯

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 52手指の変形でPIP関節屈曲、DIP関節過伸展を示すのはどれか。
1. スワンネック変形
2. ボタン穴変形
3. 尺側偏位
4. 鷲手

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 53前庭性眩暈の記述で正しいのはどれか。
1. 小脳脳幹出血が原因となる。
2. 回転性の眩暈である。
3. 悪心・嘔吐は伴わない。
4. 頭位による影響は少ない。

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 54γ-GTPの上昇がみられる疾患はどれか。
1. 食道炎
2. 胃炎
3. 溶血性貧血
4. 閉塞性黄疸

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 55血圧について正しい記述はどれか。
1. 平均血圧は収縮期血圧と拡張期血圧の和の1/2である。
2. 触診法では聴診法より高く測定される。
3. 仮面高血圧患者では家庭血圧が診察室血圧より高い。
4. 白衣高血圧は若年者に多い。

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 56低カリウム血症がみられるのはどれか。
1. 橋本病
2. アジソン病
3. クッシング症候群
4. 褐色細胞腫

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 57低身長となる疾患はどれか。
1. バセドウ病
2. マルファン症候群
3. シーハン症候群
4. クレチン症

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 58間接ビリルビンの増加する貧血はどれか。
1. 溶血性貧血
2. 巨赤芽球性貧血
3. 鉄欠乏性貧血
4. 再生不良性貧血

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 59白血球の減少がみられる疾患はどれか。
1. 全身性エリテマトーデス
2. 高尿酸血症
3. 関節リウマチ
4. 悪性貧血

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 60JCS(日本昏睡尺度)における意識障害の中で最も軽いのはどれか。
1. 普通の大きさの声で呼ぶと開眼する。
2. 自分の生年月日を言えない。
3. 痛みを加えると顔をしかめる。
4. 痛みを加えると開眼する。

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 61手術の麻酔で使用されない神経ブロックはどれか。
1. 星状神経節ブロック
2. 腕神経叢ブロック
3. 硬膜外ブロック
4. 指神経ブロック

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 62胸郭出口症候群で適切な記述はとれか。
1. 高齢者に多い。
2. 前斜角筋による圧迫が原因となる。
3. 動脈は圧迫されない。
4. 上肢帯の筋力は症状と関連しない。

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 63肩関節脱臼で正しいのはどれか。
1. 病的脱臼が多い。
2. 後方脱臼が多い。
3. 腕神経叢麻痺を起こす。
4. 関節強直を起こす。

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 64脊椎分離すべり症について正しい記述はどれか。
1. 青少年にはみられない疾患である。
2. 胸腰椎移行部に起こる頻度が高い。
3. 上関節突起と下関節突起間に病変がみられる。
4. 腰椎後弯が増強する。

Back to Top

第20回・鍼灸

問題 65癌と腫瘍マーカーとの組合せで正しいのはどれか。
1. 大腸癌---CEA
2. 子宮体癌---SCC
3. 胃癌---CYFRA
4. 乳癌---AFP

Back to Top

第21回・按マ指

問題 57右前胸腹部の打診において濁音の拡大がみられるのはどれか。
1. 腎腫大
2. 脾腫大
3. 膵腫大
4. 肝腫大

Back to Top

第21回・按マ指

問題 58姿勢と疾患との組合せで正しいのはどれか。
1. 起座位---胆嚢炎
2. 除皮質硬直---橋出血
3. 後弓反張---破傷風
4. エビ姿勢---心不全

Back to Top

第21回・按マ指

問題 59十二指腸潰瘍の腹痛の特徴はどれか。
1. 食後の心窩部痛
2. 食後の右季肋部痛
3. 空腹時の左季肋部痛
4. 空腹時の心窩部痛

Back to Top

第21回・按マ指

問題 60出血傾向の原因となるのはどれか。
1. 総蛋白の減少
2. 白血球の減少
3. 血小板の減少
4. 血糖の減少

Back to Top

第21回・按マ指

問題 61発熱がみられやすいのはどれか。
1. アジソン病
2. 悪性貧血
3. パーキンソン病
4. 全身性エリテマトーデス

Back to Top

第21回・按マ指

問題 62肘関節について正しい記述はどれか。
1. 前腕の回外は上腕三頭筋が行う。
2. 近位橈尺関節で前腕の回内・回外運動が行われる。
3. 肘関節を伸展させる筋肉は上腕二頭筋である。
4. 肘部管に正中神経が走行する。

Back to Top

第21回・按マ指

問題 63「30歳の男性。バイク事故で上腕骨骨幹部を骨折した。」最も損傷しやすい神経はどれか。
1. 筋皮神経
2. 正中神経
3. 尺骨神経
4. 橈骨神経

Back to Top

第21回・按マ指

問題 64膝関節疾患と徒手検査法との組合せで正しいのはどれか。
1. 前十字靱帯損傷---ラックマンテスト
2. 内側側副靱帯損傷---膝内反ストレステスト
3. 半月板損傷---後方引き出しテスト
4. 後十字靱帯損傷---マクマレーテスト

Back to Top

第21回・按マ指

問題 65安静時の脈拍数で正しい記述はどれか。
1. 成人では80/分以上を頻脈という。
2. 成人では60/分以下を徐脈という。
3. 乳幼児は約40/分である。
4. 鍛錬されたスポーツマンでは100/分以上ある。

Back to Top

第21回・按マ指

問題 66上肢の病的反射はどれか。
1. チャドック反射
2. トレムナー反射
3. オッペンハイム反射
4. シェーファー反射

Back to Top

第21回・按マ指

問題 67疾患と検査との組合せで正しいのはどれか。
1. 腰部脊柱管狭窄症---関節鏡検査
2. 骨粗鬆症---骨塩定量検査
3. 手根管症候群---血管造影検査
4. 骨髄炎---筋電図検査

Back to Top

第21回・按マ指

問題 68体温について正しいのはどれか。
1. 卵胞期より黄体期が高い。
2. 口内温より腋窩温が高い。
3. 午後より午前中が高い。
4. 小児より成人が高い。

Back to Top

第21回・按マ指

問題 69胃癌について正しい記述はどれか。
1. 非上皮性の悪性腫瘍である。
2. シュニッツラー転移は血行性転移である。
3. 進行胃癌の分類にはデュークス分類が用いられる。
4. 早期胃癌の5年生存率は90~95%である。

Back to Top

第21回・按マ指

問題 70肝硬変の所見はどれか。
1. 結節性紅斑
2. 漏斗胸
3. 女性化乳房
4. クモ状指

Back to Top

第21回・按マ指

問題 71クローン病の合併症はどれか。
1. 陰部潰瘍
2. 痔瘻
3. 手掌紅斑
4. 口腔内色素沈着

Back to Top

第21回・按マ指

問題 72「24歳の女性。テニスのサーブ時に、左足関節を内側にひねった。足関節の前外側部の腫脹と疼痛を訴える。」この症例について、損傷の可能性が最も高いのはどれか。
1. アキレス腱
2. 三角靱帯
3. 前距腓靱帯
4. 遠位脛腓靱帯

Back to Top

第21回・按マ指

問題 73「24歳の女性。テニスのサーブ時に、左足関節を内側にひねった。足関節の前外側部の腫脹と疼痛を訴える。」この症例について、本患者の応急処置として適切でないのはどれか。
1. 冷却
2. 固定
3. 挙上
4. マッサージ

Back to Top

第21回・按マ指

問題 74「45歳の男性。労作時の呼吸困難、咳嗽、喀痰を主訴に来院した。胸部の聴診で呼吸音は減弱し、視診上、口すぼめ呼吸がみられ、呼吸機能検査で1秒率の低下を認めた。」この症状の原因はどれか。
1. 気胸
2. 肺気腫
3. 肺水腫
4. 間質性肺炎

Back to Top

第21回・按マ指

問題 75「45歳の男性。労作時の呼吸困難、咳嗽、喀痰を主訴に来院した。胸部の聴診で呼吸音は減弱し、視診上、口すぼめ呼吸がみられ、呼吸機能検査で1秒率の低下を認めた。」本疾患の危険因子の指導で最も適切なのはどれか。
1. 食事指導
2. 運動指導
3. 禁煙指導
4. 禁酒指導

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 52急性腹膜炎でみられる徴候はどれか。
1. ケルニッヒ徴候
2. ブルンベルグ徴候
3. ロンベルグ徴候
4. バビンスキー徴候

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 53汎血球減少がみられるのはどれか。
1. 関節リウマチ
2. 肝硬変
3. 溶血性貧血
4. 重症筋無力症

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 54貧血で黄疸がみられるのはどれか。
1. 溶血性貧血
2. 巨赤芽球性貧血
3. 鉄欠乏性貧血
4. 再生不良性貧血

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 55眼瞼下垂をきたさないのはどれか。
1. 顔面神経麻痺
2. 重症筋無力症
3. 動眼神経麻痺
4. ホルネル症候群

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 56計測について正しい記述はどれか。
1. 大腿周径は最大周径で計測する。
2. 前腕周径は前腕中央部で計測する。
3. 下肢長は上前腸骨棘から脛骨内果を計測する。
4. 上肢長は肩峰から尺骨茎状突起を計測する。

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 57頸椎症性脊髄症について誤っている記述はどれか。
1. 痙性歩行がみられる。
2. 手指巧緻運動障害を認める。
3. 手内在筋の萎縮を認める。
4. 深部腱反射が減弱する。

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 58呼吸音が減弱するのはどれか。
1. 気胸
2. 気管支炎
3. 気管支肺炎
4. 肺結核

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 59出血性ショックでみられるのはどれか。
1. 脈拍数の減少
2. 交感神経活性の低下
3. 尿量の減少
4. 呼吸数の減少

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 60生後3か月検診で右股関節の開排制限を認めた。最も考えられる疾患はどれか。
1. ペルテス病
2. 先天性股関節脱臼
3. 大腿骨頭すべり症
4. 大腿骨頭壊死症

Back to Top

第21回・鍼灸

問題 61小児の骨折について正しい記述はどれか。
1. 不全骨折の比率が低い。
2. 骨端線損傷は成長障害の原因にならない。
3. 自家矯正能は旺盛である。
4. 骨癒合が遅い。

Back to Top

第22回・按マ指

問題 57健常人の肺底部で聴取できる呼吸音はどれか。
1. 気管呼吸音
2. 気管支呼吸音
3. 気管支肺胞呼吸音
4. 肺胞呼吸音

Back to Top

第22回・按マ指

問題 58自律神経反射はどれか。
1. 対光反射
2. 角膜反射
3. 腹壁反射
4. 膝蓋腱反射

Back to Top

第22回・按マ指

問題 59腸の蠕動音が減弱するのはどれか。
1. 逆流性食道炎
2. 急性腹膜炎
3. 機械性イレウス
4. 大腸炎

Back to Top

第22回・按マ指

問題 60徒手検査と検査対象との組合せで正しいのはどれか。
1. ケンプ徴候---頸神経
2. スパーリングテスト---腰神経
3. モーリーテスト---胸鎖関節
4. ペインフルアーク徴候---棘上筋腱

Back to Top

第22回・按マ指

問題 61臨床検査について誤っているのはどれか。
1. 筋電図検査は神経・筋疾患の診断に有用である。
2. 超音波検査は関節疾患の病態把握に有用である。
3. MRIではエックス線に曝露される。
4. シンチグラムは放射性同位元素を用いる。

Back to Top

第22回・按マ指

問題 62ハンター舌炎がみられるのはどれか。
1. 溶血性貧血
2. 鉄欠乏性貧血
3. 巨赤芽球性貧血
4. 再生不良性貧血

Back to Top

第22回・按マ指

問題 63痙性斜頸と関連があるのはどれか。
1. ジストニア
2. ミオクローヌス
3. アテトーゼ
4. ジスキネジー

Back to Top

第22回・按マ指

問題 64アダムス・ストークス症候群でみられるのはどれか。
1. バリズム(バリスムス)
2. 失神
3. 運動失調
4. 振戦

Back to Top

第22回・按マ指

問題 65CRP値の上昇が高度かつ高頻度にみられるのはどれか。
1. 胃炎
2. 肺炎
3. 肩関節周囲炎
4. アレルギー性鼻炎

Back to Top

第22回・按マ指

問題 66徒手検査と疾患との組合せで正しいのはどれか。
1. アドソンテスト---変形性頸椎症
2. トムゼンテスト---先天性股関節脱臼
3. ラセーグテスト---腰椎椎間板ヘルニア
4. ジャクソンテスト---胸郭出口症候群

Back to Top

第22回・按マ指

問題 67第4-5腰椎椎間板ヘルニアの所見として正しいのはどれか。
1. アキレス腱反射の亢進
2. 膝蓋腱反射の消失
3. 下腿内側の感覚障害
4. 母趾背屈力の低下

Back to Top

第22回・按マ指

問題 68猿手をきたす罹患神経はどれか。
1. 筋皮神経
2. 橈骨神経
3. 正中神経
4. 尺骨神経

Back to Top

第22回・按マ指

問題 69褐色細胞腫でよくみられるのはどれか。
1. 徐脈
2. 低血糖
3. 発汗
4. 色素沈着

Back to Top

第22回・按マ指

問題 70急性膵炎について正しいのはどれか。
1. 成因が不明なものが多い。
2. 腹痛は起坐位で軽減する。
3. 重症例では低カルシウム血症がみられる。
4. 慢性膵炎に移行することが多い。

Back to Top

第22回・按マ指

問題 71気管支喘息について正しいのはどれか。
1. Ⅲ型アレルギーである。
2. 室内アレルゲンが原因となる。
3. 発作は日中に多い。
4. 拘束性換気障害をきたす。

Back to Top

第22回・按マ指

問題 72「60歳の男性。高血圧で内服中であった。突然の意識障害にて救急搬送された。昏睡状態で、眼球は正中固定し、著しい縮瞳がみられた。四肢は伸展・内旋し、手首は回内・屈曲状態であった。」この患者の状態はどれか。
1. マン・ウェルニッケ肢位
2. 除脳硬直
3. 除皮質硬直
4. 後弓反張

Back to Top

第22回・按マ指

問題 73「60歳の男性。高血圧で内服中であった。突然の意識障害にて救急搬送された。昏睡状態で、眼球は正中固定し、著しい縮瞳がみられた。四肢は伸展・内旋し、手首は回内・屈曲状態であった。」考えられる病変部位はどれか。
1. 被殻
2. 視床
3. 
4. 内包

Back to Top

第22回・按マ指

問題 74「28歳の女性。微熱と頬の発疹を主訴に来院した。鼻梁から左右の頬部にかけて紅斑がみられる。体重減少、関節痛も認められ、皮膚は紫外線に過敏になっている。」本疾患の診断に最も有用な検査項目はどれか。
1. HCV抗体
2. ASO
3. リウマトイド因子
4. 抗核抗体

Back to Top

第22回・按マ指

問題 75「28歳の女性。微熱と頬の発疹を主訴に来院した。鼻梁から左右の頬部にかけて紅斑がみられる。体重減少、関節痛も認められ、皮膚は紫外線に過敏になっている。」最も考えられる疾患はどれか。
1. アトピー性皮膚炎
2. 全身性エリテマトーデス
3. 接触性皮膚炎
4. 関節リウマチ

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 52糖尿病性昏睡時にみられるのはどれか。
1. チェーン・ストークス呼吸
2. クスマウル呼吸
3. ビオー呼吸
4. 口すぼめ呼吸

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 53血漿膠質浸透圧低下による浮腫がみられるのはどれか。
1. うっ血性心不全
2. 肝硬変
3. 癌性胸膜炎
4. フィラリア症

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 54吐血の原因となるのはどれか。
1. 大腸癌
2. クローン病
3. 気管支拡張症
4. 胃潰瘍

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 55発疹がみられるのはどれか。
1. ベーチェット病
2. パーキンソン病
3. メニエール病
4. アルツハイマー病

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 56徒手検査と検査対象との組合せで正しいのはどれか。
1. ヤーガソンテスト---上腕三頭筋腱
2. K-ボンネットテスト---大腿神経
3. パトリックテスト---股関節
4. ラックマンテスト---膝後十字靱帯

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 57リンパ節の圧痛がよくみられるのはどれか。
1. 悪性リンパ腫
2. 白血病
3. 伝染性単核球症
4. 化膿性リンパ節炎

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 58鉛管現象と関係が深いのはどれか。
1. 錐体路
2. 脊髄後索
3. 大脳基底核
4. 小脳

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 59最も重い意識障害はどれか。
1. 昏睡
2. 嗜眠
3. 昏迷
4. 傾眠

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 60徴候と疾患との組合せで正しいのはどれか。
1. ティネル徴候陽性---総腓骨神経麻痺
2. ペインフルアーク徴候陽性---胸郭出口症候群
3. トレンデレンブルグ徴候陽性---腰椎椎間板ヘルニア
4. アリス徴候陽性---変形性膝関節症

Back to Top

第22回・鍼灸

問題 61装具と疾患との組合せで正しいのはどれか。
1. ボストンブレース---変形性頸椎症
2. リーメンビューゲル装具---先天性股関節脱臼
3. デニスブラウン副子---扁平足
4. フォンローゼン装具---ペルテス病

Back to Top

第23回・按マ指

問題 45大腸がん検診で最初に行うのはどれか。
1. 腹部エックス線検査
2. 下部消化管内視鏡検査
3. 便潜血検査
4. 腫瘍マーカー検査

Back to Top

第23回・按マ指

問題 46易感染性をきたすのはどれか。
1. 鉄欠乏性貧血
2. 溶血性貧血
3. 腎性貧血
4. 再生不良性貧血

Back to Top

第23回・按マ指

問題 47下位運動ニューロン障害でみられるのはどれか。
1. 筋萎縮
2. 痙性麻痺
3. 深部反射亢進
4. 病的反射陽性

Back to Top

第23回・按マ指

問題 48視診所見と疾患の組合せで正しいのはどれか。
1. 眼球突出---アジソン病
2. 満月様顔貌---クッシング症候群
3. 仮面様顔貌---アルツハイマー病
4. 眼瞼下垂---橋本病

Back to Top

第23回・按マ指

問題 49四肢の測定法について正しいのはどれか。
1. 上肢長は上腕骨大結節から橈骨茎状突起まで
2. 前腕長は橈骨頭から橈骨茎状突起まで
3. 下肢長(棘果長)は上前腸骨棘から足関節内果まで
4. 足長は踵後端から母指MP関節部まで

Back to Top

第23回・按マ指

問題 50運動機能検査と傷害の組合せで正しいのはどれか。
1. スパーリングテスト---頸髄損傷
2. ペインフルアーク徴候---肩甲下筋損傷
3. トーマステスト---股関節屈曲拘縮
4. ラックマンテスト---膝後十字靱帯損傷

Back to Top

第23回・按マ指

問題 51脊髄性失調症でみられるのはどれか。
1. ブルンベルグ徴候
2. ロンベルグ徴候
3. トレンデレンブルグ徴候
4. ケルニッヒ徴候

Back to Top

第23回・按マ指

問題 52被曝を伴う検査はどれか。
1. 超音波検査
2. 内視鏡検査
3. MRI検査
4. PET検査

Back to Top

第23回・按マ指

問題 53音叉を用いて検査するのはどれか。
1. 位置覚
2. 振動覚
3. 運動覚
4. 触覚

Back to Top

第23回・按マ指

問題 54呼吸音の減弱がみられるのはどれか。
1. 肺結核
2. 気胸
3. 気管支喘息
4. 気管支肺炎

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 45脳血管障害の後遺症でよくみられるのはどれか。
1. 起坐位
2. エビ姿勢
3. 前かがみ姿勢
4. マン・ウェルニッケ肢位

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 46血清CKの上昇がみられる疾患はどれか。
1. 関節リウマチ
2. シェーグレン症候群
3. 多発性筋炎
4. 全身性エリテマトーデス

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 47皮膚症状と疾患の組合せで正しいのはどれか。
1. 紫斑---アトピー性皮膚炎
2. 蝶形紅斑---全身性硬化症
3. 黄疸---全身性エリテマトーデス
4. 手掌紅斑---肝硬変

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 48麻痺について正しい組合せはどれか。
1. 四肢麻痺---両側の上下肢
2. 片麻痺---一側の上肢
3. 対麻痺---両側の上肢
4. 単麻痺---一側の上下肢

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 49表在反射でないのはどれか。
1. 角膜反射
2. 下顎反射
3. 腹壁反射
4. 肛門反射

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 50下肢の徒手検査でないのはどれか。
1. パトリックテスト
2. モーレイテスト
3. トーマステスト
4. マックマレーテスト

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 51チアノーゼを判断しやすいのはどれか。
1. 眼球結膜
2. 口唇
3. 手掌
4. 腹部

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 52呼吸機能検査所見と疾患の組合せで正しいのはどれか。
1. 拘束性障害---慢性閉塞性肺疾患(COPD)
2. 閉塞性障害---肺結核後遺症
3. 拡散能低下---特発性肺線維症
4. 気道過敏性亢進---心臓性喘息

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 53血圧について正しいのはどれか。
1. 血圧を測定する際は前腕を強く屈曲する。
2. 低血圧は動脈硬化の危険因子である。
3. 血圧は心臓の拡張期に最高となる。
4. 収縮期血圧と拡張期血圧の差を脈圧という。

Back to Top

第23回・鍼灸

問題 54肝腫大の胸腹部打診所見はどれか。
1. 濁音域の拡大
2. 清音域の拡大
3. 鼓音域の拡大
4. 過共鳴音域の拡大

Back to Top

第24回・按マ指

問題 45多能性幹細胞の障害によるのはどれか。
1. 鉄欠乏性貧血
2. 溶血性貧血
3. 腎性貧血
4. 再生不良性貧血

Back to Top

第24回・按マ指

問題 46腎前性の乏尿がみられるのはどれか。
1. 急性心不全
2. 急性糸球体腎炎
3. ネフローゼ症候群
4. 前立腺肥大症

Back to Top

第24回・按マ指

問題 47感覚鈍麻を伴う末梢神経障害がみられるのはどれか。
1. パーキンソン病
2. ギラン・バレー症候群
3. ウィルソン病
4. アルツハイマー病

Back to Top

第24回・按マ指

問題 48膝関節の診察法と障害部位の組合せで正しいのはどれか。
1. 後方引き出しテスト---後十字靱帯
2. ラックマンテスト---内側側副靱帯
3. マクマレーテスト---膝蓋大腿関節
4. 外反ストレステスト---外側側副靱帯

Back to Top

第24回・按マ指

問題 49小児運動器疾患と所見の組合せで正しいのはどれか。
1. 発育性股関節形成不全(先天性股関節脱臼)---股関節内転制限
2. ペルテス病---外旋拘縮
3. 大腿骨頭すべり症---ドレーマン徴候
4. 内反足---扁平足

Back to Top

第24回・按マ指

問題 50触診について正しいのはどれか。
1. 聴診より先に行う。
2. 最初は力を強く加える。
3. 疼痛のある部位は最後に行う。
4. 体位変換は避ける。

Back to Top

第24回・按マ指

問題 51発育性股関節形成不全(先天性股関節脱臼)でみられるのはどれか。
1. 鶏歩
2. はさみ脚歩行
3. 動揺性歩行
4. トレンデレンブルグ歩行

Back to Top

第24回・按マ指

問題 52血圧測定に関して正しいのはどれか。
1. マンシェットは肘窩を中心に巻く。
2. 触診法で拡張期血圧が測定できる。
3. 脈圧は収縮期血圧と拡張期血圧の差である。
4. 収縮期血圧はスワン第5点で判断する。

Back to Top

第24回・按マ指

問題 53歩行異常と疾患の組合せで正しいのはどれか。
1. 間欠跛行---小脳変性症
2. 失調性歩行---多発筋炎
3. 突進歩行---パーキンソン病
4. 痙性歩行---筋ジストロフィー

Back to Top

第24回・按マ指

問題 54空気嚥下症に対する心窩部の聴診・打診で増強するのはどれか。
1. 清音
2. 濁音
3. グル音
4. 鼓音

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 45対光反射の遠心路はどれか。
1. 動眼神経
2. 三叉神経
3. 外転神経
4. 顔面神経

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 46疾患と診察所見の組合せでよくみられるのはどれか。
1. 鉄欠乏性貧血---歯肉出血
2. 巨赤芽球性貧血---関節内出血
3. 腎性貧血---血尿
4. 再生不良性貧血---鼻出血

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 47レイノー現象がみられるのはどれか。
1. 原発性アルドステロン症
2. アジソン病
3. 全身性硬化症(強皮症)
4. パーキンソン病

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 48発疹部に痛みを伴うのはどれか。
1. 麻疹
2. 帯状疱疹
3. アトピー性皮膚炎
4. 接触性皮膚炎

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 49知覚障害の型と疾患の組合せで正しいのはどれか。
1. 分節性---脊髄空洞症
2. 片側性---ブラウンセカール症候群
3. 解離性---横断型脊髄損傷
4. 手袋靴下型---多発性神経炎

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 50髄膜刺激徴候はどれか。
1. ラセーグ徴候
2. ブラガード徴候
3. ケルニッヒ徴候
4. ガワーズ徴候

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 51肩関節の診察法と疾患の組合せで正しいのはどれか。
1. ペインフルアークサイン---棘上筋腱損傷
2. スピードテスト---上腕三頭筋腱炎
3. アプリヘンションサイン---肩関節周囲炎
4. ドロップアームサイン---大円筋断裂

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 52成人のバイタルサインで異常所見はどれか。
1. 体温36.5℃
2. 血圧110/70mmHg
3. 呼吸数18回/分
4. 脈拍110回/分

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 53顔貌と疾患の組合せで正しいのはどれか。
1. 仮面様顔貌---肝硬変
2. 満月様顔貌---クッシング症候群
3. 無欲状顔貌---狭心症
4. ヒポクラテス顔貌---バセドウ病

Back to Top

第24回・鍼灸

問題 54自律神経反射はどれか。
1. バビンスキー反射
2. ホフマン反射
3. モロー反射
4. アシュネル反射

Back to Top

第25回・按マ指

問題 45体表から最も触知しやすい神経はどれか。
1. 筋皮神経
2. 橈骨神経
3. 正中神経
4. 尺骨神経

Back to Top

第25回・按マ指

問題 46臓器と触診部位の組合せで正しいのはどれか。
1. 肝臓---右季肋部
2. 腎臓---心窩部
3. 虫垂---左下腹部
4. 膵臓---右側腹部

Back to Top

第25回・按マ指

問題 47被曝を伴う検査はどれか。
1. 脳MRI検査
2. 胸部CT検査
3. 腹部超音波検査
4. 上部消化管内視鏡検査

Back to Top

第25回・按マ指

問題 48呼吸音が減弱するのはどれか。
1. 早期肺癌
2. 気管支炎
3. 緊張性気胸
4. 気管支喘息

Back to Top

第25回・按マ指

問題 49障害により涙液・唾液分泌の異常をきたすのはどれか。
1. 三叉神経
2. 顔面神経
3. 舌咽神経
4. 舌下神経

Back to Top

第25回・按マ指

問題 50心臓性浮腫の初期の特徴として適切なのはどれか。
1. 顔面、特に上眼瞼に出現する。
2. 全身性に高度の浮腫をきたす。
3. 発赤、熱感、疼痛を伴う。
4. 下肢に出現する傾向にある。

Back to Top

第25回・按マ指

問題 51自律神経反射はどれか。
1. 足底反射
2. 下顎反射
3. 頸動脈洞反射
4. アキレス腱反射

Back to Top

第25回・按マ指

問題 52頸椎疾患の徒手検査法はどれか。
1. ジャクソンテスト
2. モーレイテスト
3. ヤーガソンテスト
4. トーマステスト

Back to Top

第25回・按マ指

問題 53体重増加をきたす疾患はどれか。
1. 甲状腺機能亢進症
2. パーキンソン症候群
3. クッシング症候群
4. アジソン病

Back to Top

第25回・按マ指

問題 54体温が持続的に高く、日内変動が1℃以上の熱型はどれか。
1. 稽留熱
2. 弛張熱
3. 間欠熱
4. 周期熱

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 45アキレス腱断裂の診察法はどれか。
1. トーマステスト
2. ラックマンテスト
3. トンプソン徴候
4. ドレーマン徴候

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 46肢の周径の計測で誤っているのはどれか。
1. 上腕周径は上腕二頭筋部最大径で測る。
2. 前腕周径は前腕部最大径で測る。
3. 大腿周径は大腿部最大径で測る。
4. 下腿周径は下腿部最大径で測る。

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 47下肢の徒手検査法はどれか。
1. アイヒホッフテスト
2. トムゼンテスト
3. アプレイテスト
4. ライトテスト

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 48腸閉塞に特徴的な聴診所見はどれか。
1. グル音
2. 捻髪音
3. 水泡音
4. 金属音

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 49多毛症がみられるのはどれか。
1. クッシング症候群
2. ターナー症候群
3. 甲状腺機能低下症
4. クラインフェルター症候群

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 50脈拍について正しいのはどれか。
1. 鉄欠乏性貧血では徐脈を呈する。
2. うっ血性心不全では頻脈を呈する。
3. 甲状腺機能低下症では頻脈を呈する。
4. 出血性ショックでは徐脈を呈する。

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 51深部反射はどれか。
1. 角膜反射
2. 足底反射
3. 腹壁反射
4. 下顎反射

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 52吐血の原因となる疾患はどれか。
1. 大腸憩室炎
2. マロリー・ワイス症候群
3. 過敏性腸症候群
4. 急性膵炎

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 53肝硬変の所見でないのはどれか。
1. クモ状血管腫
2. 眼球突出
3. 女性化乳房
4. 手掌紅斑

Back to Top

第25回・鍼灸

問題 54口渇をきたすのはどれか。
1. 高血圧症
2. 脂質異常症
3. 高尿酸血症
4. 糖尿病

Back to Top

第26回・按マ指

問題 45筋緊張について正しいのはどれか。
1. 末梢神経障害で亢進する。
2. 錐体路障害では変わらない。
3. 錐体外路障害で鉛管様となる。
4. 小脳障害で弛緩する。

Back to Top

第26回・按マ指

問題 46虫垂炎の触診で圧痛を認めるのはどれか。
1. 右季肋部
2. 左季肋部
3. 右下腹部
4. 左側腹部

Back to Top

第26回・按マ指

問題 47四肢の計測について正しいのはどれか。
1. 上肢長は肩鎖関節から橈骨茎状突起を計測する。
2. 下肢長は上前腸骨棘から脛骨内果を計測する。
3. 上腕周径は最大径で計測する。
4. 大腿周径は最大径で計測する。

Back to Top

第26回・按マ指

問題 48ウィルスにより胸痛をきたす疾患はどれか。
1. 気胸
2. 心筋梗塞
3. 肺血栓塞栓症
4. 帯状疱疹

Back to Top

第26回・按マ指

問題 49副腎皮質ホルモンの長期投与と関係ないのはどれか。
1. 胃潰瘍
2. 糖尿病
3. 精神症状
4. 仮面様顔貌

Back to Top

第26回・按マ指

問題 50健康成人のバイタルサインで異常値はどれか。
1. 脈拍48回/分
2. 体温36.2℃
3. 血圧110/60mmHg
4. 呼吸数16回/分

Back to Top

第26回・按マ指

問題 51血液生化学検査のうち炎症マーカーはどれか。
1. LDH
2. 血小板数
3. 尿素窒素
4. CRP

Back to Top

第26回・按マ指

問題 52歩行異常と疾患の組合せで正しいのはどれか。
1. 間欠跛行---多発性筋炎
2. 失調性歩行---バージャー病
3. 痙性歩行---脳性麻痺
4. トレンデレンブルグ歩行---腓骨神経麻痺

Back to Top

第26回・按マ指

問題 53頸椎疾患の徒手検査法はどれか。
1. スパーリングテスト
2. ラセーグ徴候
3. スピードテスト
4. モーレイテスト

Back to Top

第26回・按マ指

問題 54筋疾患の診断に有用な血液生化学検査項目はどれか。
1. トリグリセリド
2. クレアチンキナーゼ
3. アミラーゼ
4. アルカリホスファターゼ

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 45脊髄分節と体表知覚の組み合わせで正しいのはどれか。
1. 第4頸神経---後頭部
2. 第4胸神経---肩甲骨下角
3. 第4腰神経---下腿外側
4. 第4仙骨神経---肛門周囲

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 46膝関節の徒手検査法と疾患の組み合わせでただしいのはどれか。
1. マクマレーテスト---半月板損傷
2. Nテスト---膝後十字靱帯損傷
3. グラインディングテスト---膝蓋靱帯炎
4. 後方引き出しテスト---膝前十字靱帯損傷

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 47気管支喘息の聴診所見はどれか。
1. 捻髪音
2. 水泡音
3. 笛音
4. いびき音

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 48放射線被爆を伴う検査はどれか。
1. 筋電図検査
2. PET検査
3. MRI検査
4. サーモグラフィ

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 49腎機能の検査はどれか。
1. クレアチニン
2. クレアチンキナーゼ
3. アルカリホスファターゼ
4. γ-グルタミントランスペプチダーゼ

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 50チアノーゼについて正しいのはどれか。
1. 皮膚が白くなる。
2. 末梢循環不全で生じる。
3. 貧血で現れやすい。
4. じんま疹のとき生じる。

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 51髄膜刺激症状はどれか。
1. ケルニッヒ徴候
2. ロンベルグ徴候
3. ブルンベルグ徴候
4. ガワーズ徴候

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 52低身長となる疾患はどれか。
1. マルファン症候群
2. シーハン症候群
3. 下垂体前葉機能不全症
4. バセドウ病

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 53視診所見と疾患の組合せで正しいのはどれか。
1. ヘバーデン結節---関節リウマチ
2. 眼瞼下垂---甲状腺機能亢進症
3. メズサの頭---肝硬変
4. ばち指---糖尿病

Back to Top

第26回・鍼灸

問題 54浮腫をきたすのはどれか。
1. 副甲状腺機能低下症
2. 高コレステロール血症
3. 非アルコール性脂肪肝
4. うっ血性心不全

Back to Top

第27回・按マ指

問題 45規則的な運動を示す不随意運動はどれか。
1. 振戦
2. アテトーゼ
3. 舞踏運動
4. ジストニア

Back to Top

第27回・按マ指

問題 46失語症で言われたことが理解できないのはどれか。
1. 運動失語
2. 感覚失語
3. 伝導失語
4. 健忘失語

Back to Top

第27回・按マ指

問題 47尿閉の原因となるのはどれか。
1. 循環虚脱
2. 脱水
3. 急性腎不全
4. 前立腺肥大

Back to Top

第27回・按マ指

問題 48慢性腎不全の血液検査所見で上昇するのはどれか。
1. ビリルビン
2. AST
3. クレアチニン
4. CRP

Back to Top

第27回・按マ指

問題 49ヒポクラテス顔貌がみられるのはどれか。
1. うつ病
2. パーキンソン病
3. クッシング症候群
4. がんの末期

Back to Top

第27回・按マ指

問題 50徒手検査と検査対象の組合せで正しいのはどれか。
1. ファレンテスト---膝関節
2. トーマステスト---股関節
3. マクマレーテスト---肘関節
4. スパーリングテスト---腰椎

Back to Top

第27回・按マ指

問題 51MMTにおいて「抵抗には打ち勝てないが、重力に抗して運動域を完全に動かせる。」のはどれか。
1. MMT1
2. MMT2
3. MMT3
4. MMT4

Back to Top

第27回・按マ指

問題 52体温の日内変動が1℃以上で最低体温が平熱まで下がるのはどれか。
1. 間欠熱
2. 稽留熱
3. 弛張熱
4. 波状熱

Back to Top

第27回・按マ指

問題 53対症療法はどれか。
1. 糖尿病に対する食事療法
2. 腰痛に対する鎮痛薬の投与
3. 虫垂炎に対する外科手術
4. 肝不全に対する生体肝移植

Back to Top

第27回・按マ指

問題 54血液量減少性ショックの原因となるのはどれか。
1. 急性心筋梗塞
2. 敗血症
3. 肺塞栓
4. 骨盤骨折

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 45球麻痺でみられるのはどれか。
1. 舌萎縮
2. 嗅覚障害
3. 聴力低下
4. 眼球運動障害

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 46バレー徴候で患側上肢にみられる陽性所見はどれか。
1. 外旋する。
2. 下降する。
3. 振戦が出現する。
4. しびれを自覚する。

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 47月経異常はどれか。
1. 持続期間5日
2. 周期の変動2日
3. 初経12歳
4. 閉経38歳

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 48異常歩行と疾患の組合せで正しいのはどれか。
1. 突進歩行---変形性膝関節症
2. あひる歩行---進行性筋ジストロフィー
3. はさみ脚歩行---パーキンソン病
4. 硬性墜落性跛行---脳性麻痺

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 49疾患と視診所見の組合せで誤っているのはどれか。
1. 帯状疱疹---胸背部の発赤・水疱
2. 肝硬変---眼球結膜の黄染
3. パーキンソン病---水牛様肩
4. バセドウ病---眼球突出

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 50咳・痰について正しいのはどれか。
1. 痰を伴う咳を乾性咳嗽という。
2. 気管支喘息の発作時は咳・痰は通常ない。
3. 血痰が出ても少量なら肺癌は考えない。
4. 誤嚥時の咳・痰は防御反応の一つである。

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 51血液疾患に伴う病態について正しいのはどれか。
1. 貧血は血小板を指標にする。
2. 出血傾向は先天的には起こらない。
3. 白血球数が正常であれば易感染性はない。
4. 繰り返す歯肉出血は出血傾向を疑う。

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 52膝関節障害の徒手検査法はどれか。
1. ケンプテスト
2. ジャクソンテスト
3. パトリックテスト
4. アプレイテスト

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 53ターミナルケアについて誤っているのはどれか。
1. 苦痛の緩和が主体である。
2. 病気の根治治療が目標である。
3. 多職種間での協力が重要である。
4. QOLの向上を目指す。

Back to Top

第27回・鍼灸

問題 54感音性難聴がみられるのはどれか。
1. 急性中耳炎
2. メニエール病
3. 耳管狭窄症
4. 耳垢塞栓

Back to Top

第28回・按マ指

問題 45クローヌスについて正しいのはどれか。
1. 強い痛みを伴う。
2. 錐体外路徴候の一種である。
3. 不規則な筋収縮である。
4. 著明な腱反射亢進でみられる。

Back to Top

第28回・按マ指

問題 46小脳失調の特徴でないのはどれか。
1. 測定障害
2. 企図振戦
3. 洗面現象
4. 筋緊張低下

Back to Top

第28回・按マ指

問題 47次の文で示す症例で最も適切な疾患はどれか。「7歳の男児。外傷などの誘因はなく、右大腿から膝関節の痛みを訴えて来院した。」
1. ペルテス病
2. 発育性股関節形成不全
3. 先天性内反足
4. モートン病

Back to Top

第28回・按マ指

問題 48慢性腎不全の血液検査所見で上昇するのはどれか。
1. コレステロール
2. クレアチニン
3. γ-GTP
4. CRP

Back to Top

第28回・按マ指

問題 49血管雑音を聴取するのはどれか。
1. 高血圧
2. 狭心症
3. 心筋梗塞
4. 腹部大動脈瘤

Back to Top

第28回・按マ指

問題 50右季肋部痛をきたすのはどれか。
1. 急性膵炎
2. 心筋梗塞
3. 急性虫垂炎
4. 総胆管結石

Back to Top

第28回・按マ指

問題 51膝前十字靱帯損傷の検査法はどれか。
1. トーマステスト
2. パトリックテスト
3. マクマレーテスト
4. ラックマンテスト

Back to Top

第28回・按マ指

問題 52体温について正しいのはどれか。
1. 夜間は日中より高い。
2. 月経前は月経後より低い。
3. 腋窩温は直腸温より低い。
4. 甲状腺機能低下症で上昇する。

Back to Top

第28回・按マ指

問題 53浮腫が最もみられやすいのはどれか。
1. 慢性肝炎
2. ネフローゼ症候群
3. 気管支喘息
4. 関節リウマチ

Back to Top

第28回・按マ指

問題 54高熱が持続し、日内変動が1℃以内なのはどれか。
1. 間欠熱
2. 弛張熱
3. 稽留熱
4. 周期熱

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 45脳血管障害により片側顔面と反対側半身の温痛覚障害をきたす部位はどれか。
1. 大脳
2. 小脳
3. 
4. 延髄

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 46改訂長谷川式簡易知能評価スケールの質問で、アルツハイマー病では病初期から答えられないのはどれか。
1. お歳はいくつですか。
2. 100から7を順番に引いてください。
3. これから言う3つの言葉を言ってみてください。
4. 先ほど覚えてもらった言葉をもう一度、言ってみてください。

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 47排尿障害の検査で初めに行うのはどれか。
1. 神経伝導検査
2. 膀胱内視鏡検査
3. 腹部超音波検査
4. 腹部エックス線検査

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 48右股関節に屈曲拘縮がある患者の歩行時の特徴で正しいのはどれか。
1. 左の歩幅の減少
2. 右立脚相後期の腰椎前弯減少
3. はさみ脚歩行
4. 左トレンデレンブルグ徴候

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 49疾患と視診所見の組み合わせで誤っているのはどれか。
1. アジソン病---恥毛脱落
2. バセドウ病---眉弓部突出
3. クッシング病---水牛様脂質沈着
4. 甲状腺機能低下症---眉毛外側1/3脱落

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 50咳嗽について正しいのはどれか。
1. 誤嚥では生じない。
2. 生体防御反応の一つである。
3. 心不全では生じない。
4. 長期間持続するときは鎮咳薬で経過をみる。

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 51頸椎を後側屈して頭部を圧迫する理学検査はどれか。
1. アドソンテスト
2. スパーリングテスト
3. ペインフルアークサイン
4. ヤーガソンテスト

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 52脈拍について正しいのはどれか。
1. 貧血では頻脈を呈する。
2. 頭蓋内圧亢進時は頻脈を呈する。
3. 甲状腺機能亢進症では徐脈を呈する。
4. うっ血性心不全では徐脈を呈する。

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 53腹部触診について正しいのはどれか。
1. 聴診より先に行う。
2. 最初は柔らかく触れる。
3. 疼痛部位を最初に触れる。
4. 体位変換は必要ない。

Back to Top

第28回・鍼灸

問題 54ショックの分類と原因の組合せで正しいのはどれか。
1. 血液量減少性ショック---熱傷
2. 心原性ショック---緊張性気胸
3. 血液分布異常性ショック---心筋梗塞
4. 閉塞性ショック---消化管出血

Back to Top